2005年11月24日

このたび配付された血圧計

今回町内に血圧計が配付されました。
6月の定例議会での補正予算では「2050万円」となっていましたが、実際はどうだったのでしょうか?
このサイトは「情報公開」をウリにしたいので、調べた結果を書きます。

まず購入した血圧計はオムロンから直接仕入れをしたようです。

との、思いで「結局どれくらい、予算がかかったのか」ということを町民課に聞きに行きました。
実際質問にいったのは11月21日の午後です。

宮木「購入個数は?」
町民課長「1855個購入して、配付したのは1852個」
宮木「単価は?」
町民課長「一個9200円で、消費税は別」
との答えでした(実際の会話はこんなのではないですよ)

これらの情報から予算がどれくらいかかったのかは、言うまでもないが
9200円(単価)×1855個(購入個数)×1.05(消費税)=17919300円
と、こうなります。
つまり予定予算を下回ったわけです。
購入予算自体は国保基金からのものですから、予算を使いきらずにすんだことは良いことかもしれません。
ただ血圧計購入の際に「町内業者」を使用しなかったことは、少し疑問が残ります。
おそらくメーカ直販の方が、安かったのかもしれません。
しかし、町内に配る血圧計だからこそ、町内で購入した方が良かったのではないでしょうか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/817