« 休日だったんですけど | メイン | 雨を心配しながら »

2006年07月17日

●奇才!ビッグ錠先生!「2」

※注意!僕は「ビッグ錠先生」のファンです。
   
まさか自分でも「続きを書く」とは思っていなかった、「一本包丁満太郎」シリーズ(笑)。

まっ、晩メシ食べるまでに、時間があるってのも影響しています。
ちなみに両親は、雨で増水した川に「今がチャンス!」と魚獲りに出発しました(笑)。

イヤ、しかしホントに魚獲りが好きな人たちだ…。
その遺伝子は、僕には全く伝わってないような気がする。

だから今も、こうやって「一本包丁満太郎」のこと書いてんだけどね(笑)。

さてさて、まずは前回のおさらい
「世界三大珍味」を使ったおにぎりで、主人公「風味満太郎」に挑んだ「伊賀谷玄人」。

しかし土壇場で、満太郎の繰り出した「空洞おにぎり」により敗北。
で、「世界三大珍味おにぎり」が負けた理由は、「生臭かったから」と言う内容(笑)。

まっ、ようは「ご飯の熱で、フォアグラ・キャビアが煮立てられた」ってのが真相。
で、敗戦した「伊賀谷玄人(あだ名は見た目の通りトラ刈り)」の↓敗戦の弁がコチラ。
photo916.jpg
「ご飯少し冷まして、握ったら良かったのに」って、思うのは僕だけでしょうか(笑)。

ちなみにこの「伊賀谷玄人」負けた後、↓こんなセリフを残しています。
photo917.jpg
しかし単行本の5巻を最後に、全く登場することはありませんでした。
満太郎との再戦も、もちろんナシです(笑)。

で、このマンガ「重要かと思われたキャラ」が、突然消えたりするんですよね。
かと思ったら「あ〜、こんなキャラいたな〜」ってのが、復活したり(笑)。

まあ、この「伊賀谷玄人」でも十分「濃い」キャラですけど、ここからはこんなもんじゃないです。
料理マンガ史上「3本の指に入るくらい」濃いキャラが、出てきます。

しかも一人じゃありません(笑)。

で、まずは、ストーリー説明から。
「伊賀谷玄人」との「壮絶な?」戦いを制した満太郎。

で、その様子を見ていた、参加者(全国のおにぎり名人)は↓のような反応。
photo918.jpg
見事なヘタレっぷりです(笑)。

結局ほとんどが、棄権したわけです「おにぎり選手権」を。
ちなみにこの人たち、参加する時は↓みたいな感じだったんですよ。
photo919.jpg
何と「舞台におにぎりを投げつけ」勝負を申し込む!
で、このおにぎりの中に、「俺と勝負しろ!」みたいな手紙が仕込んであるわけですよ。

まあようは、対決を見ていた、全国のおにぎり名人が「次は俺とだ!」ってなったわけです。
で、こんだけ、自信満々に勝負を申し込んどいてあのヘタレっぷり(笑)。

しかし「おにぎり選手権」の前に、満太郎と示条味味の対決が銀座で行われていたわけですよ。
まあそれを、「全国のおにぎり名人」が見に来ているは理解できます。

ただその勝負を見てて、おにぎりを投げたってことは「ご飯を持ってきてたの?」って言う疑問が生じます。
だって、銀座界隈で「ご飯片手に」あるいている人いないでしょ、銀座行ったことないけど(笑)。

電子ジャーを片手に、勝負を見に行っていて「よし、俺も!」っておにぎり作って投げたわけでしょ。
それか、近所の飲食店にご飯借りに行ったんだろうか?
「おにぎり握りたいんで、ゴハンください」って、ありえねー(笑)。

まあとにもかくにも、いろいろな苦労と決断をして挑戦したはずなのに「中身が空っぽ」のおにぎりに対してビビって棄権。
本当におにぎり専門店で飯が食えてるのか?と思えてしょうがない(笑)。

まあしかし、それでも「フン!中身が空っぽのおにぎりだぜ!」って言う強者もいたわけです。
で、残された挑戦者は7名。

これからその7名を紹介するわけだが、ハッキリ言って濃いです。
料理人のキャラで、こんなに濃いキャラを僕は見た記憶がありません。

って、ことで↓コイツらが7名の挑戦者だ!
photo920.jpg
もう言葉はいりません…、「魂」で感じ取って下さい(笑)。

イヤもうホントに、「オマエらそれ普段から着てんの?」って思わずにはいられない。
ちなみにこの「おにぎり選手権」は、国立競技場で行われています。
だから「オマエら、その格好で来たの?」って思わずにもいられません(笑)。

もう突っ込みどころが多すぎます。
「ベンケイ握り」さんあんた、倖田來未も真っ青な衣装だよ!
「乳首モロ見えじゃねーか」って言わずにはいられない(笑)。

一番マトモな、「塩辛三兄弟」でも「裸エプロン」という始末。
って、言うか「裸」多すぎ(笑)。

「三色にぎり」さんはボディーペイントもしているみたいですが、あんまり時間経つと「皮膚呼吸ができなくて」死ぬと思います。
※これマジですよ、だからこういう格好はしないほうがいいと思います(って、やらないか)。

「ウニのもみじにぎり」さんは、おそらくヘアースプレーの使い過ぎですね。
「無香料」のタイプじゃないと、匂いがキツすぎて料理どころじゃないと思います(笑)。

「山菜にぎり」さんは、頭に山菜を乗せてるけど「水も入れてるのか」スゴく気になります。
でも「おにぎり」にクワ等は使わないと思います(笑)。

「お祈りにぎり」さんは、「頭のローソク」が溶けてきたらおにぎりどころじゃないと思います。
つーか、お前もメイクかよ!って感じ(笑)。

「骨付きにぎり」さんは、あの格好で東京を歩いていたら「銃刀法違反」で逮捕されると思います。
って、言うか、ここに登場してきた人みんな即「職務質問」を受けると思います(笑)。

さあ、この7人がどんなおにぎりを握るのか?
そして、満太郎の必殺おにぎりは登場するのか?

続きは、また気が向いたら書きます(笑)。

======追記(午後10時16分)======
あっ…、書くことないかと思ってたのに、書いてる(笑)。

え〜と、毎度のことながら「飲みながら」なんですよ。
ってことで、「酔いどれ猛」の、「コレ、おかしない?」ってこと、書きます。

まずね、あの「例のヤバい7人の挑戦者」なんですけど。
「身長のバランス」どうなってるの?ってこと。

まあこれは、どんなマンガにも共通することなんですけどね。

だって、前列の「おにぎり名人」と、後列の人の身長差スゴいでしょ(笑)。

「塩辛三兄弟」の、一番前にいるオッサン(コイツが長男)なんて、どう見ても「池乃めだか」より小さいよ!
そのかわり、後列の人間はどう考えても「2m」は超えてる(笑)。

一番背が高いのは誰だ…、「山菜にぎり」かな…。
でもこの人「山菜」で身長稼いでるしな〜(笑)。

って、言うか、「塩辛三兄弟」は「ホントに同じ遺伝子?」って思えてしゃーない。
僕も4人兄弟で、「姉・妹・妹」っていますけど、こんなに身長差はない(笑)。

後はね〜、「お前ら、何歳(いくつ)なの?」ってこと。
後々判明することなんですけど、「ベンケイにぎり」さんは「30年」おにぎりを握っているそうです。

ってことは、どう考えても「50歳前後」ですよね。
50歳で「あのファッションか」、ちょっとヤバすぎないか(笑)。

でも「塩辛三兄弟」の長男なんて、もっと年とってそうだもんな。
それなのに「裸エプロン」だもんな(笑)。

しかし…、ダメだやっぱり「この人達が、いらっしゃい!」とおにぎりを握る姿が想像つかない。

だって、「骨つきにぎり」のお店に行けます?
あの格好で「いらっしゃい!」って、言われてもな〜。

でも近所に、あんな人達がいたら絶対に写真を撮りに行くね(笑)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/238

コメントする