2006年10月22日

3冠ってのは、難しいんだな

う〜ん、やっぱり3冠ってのは、難しいモノですね〜。

あの展開になると、メイショウサムソンはキツいと言えばキツいかな。
20061022-04788019-jijp-spo-view-001.jpg
勝ち馬のソングオブウインドが、上がり3ハロン33.5でしょ。
2着のドリームパスポートが34.0ですよね。

それに対して、メイショウサムソンが34.9ですからね〜。
やっぱり、瞬発力勝負になれば、キツいのはサムソンだったでしょうね。

ただ近年の菊花賞でよく見られた「スローペースで、ヨーイドン!」みたいなレースではなかったですね。
まあ「ヨーイドン!」の典型的な例は、マチカネフクキタルが勝った菊花賞かな。

でもそのレースで、初めて馬券を買って、しかも的中したんだよね。
今だったら「フクキタル?あんなの血統的に3000m無理無理!ハッハッハ」とか言ってそうだな(笑)。

まあ今年は武豊騎乗のアドマイヤメインがレースをハイペースで引っ張りましたからね〜。
ある意味「一番強い」レースしたんじゃないでしょうか、この馬。

しかしアドマイヤメインのおかげで、紛れのないレースになったんじゃないでしょうか。
凱旋門賞にこの馬をペースメーカとして連れて行ってたらな〜。

そしたらディープインパクトも勝ててたかも…。
つっても勝った上で、着順を剥奪されてもな〜。

あっ、僕ちなみにディープインパクトは好きなんで、今回の「薬物事件」に関しては完全にディープの味方です。
つーか、馬に責任は全くないですからね。

まっ、確かに「走ってナンボのサラブレッド」かもしれませんけど、どの馬も必死に調教に耐えて頑張ってるわけですから。
今回の件で、どういう事実が解明されたとしても、ディープの戦歴になんら傷が付く物じゃないと思っています。

つーか、「今年の菊花賞」の話してたんだった(笑)。

しかしよく考えたら、今年の菊花賞「レコードタイム」なんですね。
まあ確かに、他のレースでもかなり早い時計が出ていたみたいなんですけど、やっぱりすげータイムではあるよな〜。

でも今年の菊花賞にもしディープインパクトが登場してたら…。
どうなってたかな〜、ペースが早い分「去年の菊花賞」みたいに引っかかることはなかったと思うんですよね。

で、そうなると…、やっぱり勝ってるんじゃないですかね〜。
って、ただのディープびいきな発言やけど(笑)。

いや〜、しかし今日の菊花賞の1〜4着馬と、ディープとの対決…。
これはナカナカに楽しみですよ。

まあ対戦するとすれば、JCか有馬記念でしょうけどね〜。

とりあえず、来週は秋の天皇賞です。
ディープが出走するか否か?

僕らも気になるけど、有力馬の陣営も気になってるでしょうね(笑)。

======追記(午後5時12分)======
どうやら、ディープは天皇賞・秋は見送るみたいですね。

池江泰郎調教師のコメント↓
「ディープインパクトは天皇賞を目標としてきましたが、オーナーと協議した結果、帰国後日が浅いため、出走を見送ることにいたしました。次のレースに向けて、調整していきたいと思います。」

まあこれは妥当な判断だとは思いますね。
ダビスタやウイニングポストだったら、出走さすけどね(笑)。

まあ冗談はさておき、走るのは「生きている馬」ですからね。
池江調教師が判断したことですし、やっぱり「一番近くで馬を見ている」人の判断が一番ですからね。

まあ「秋天→JC→有馬」と全部勝ってほしかった気もしますけど、やっぱりムチャはいけませんからね〜。
しかしJCには何とか出走してほしいな〜ってのが、今の本音かな(笑)。

ハーツクライとの対決にふさわしいのは、府中2400mって感じがするんですよね〜。
できれば、今日の菊花賞の1〜4着馬もJCに出走してほしいとは思ってます。

「アドマイヤメインが逃げて、2〜3番手にハーツクライ、それをメイショウサムソンが追走、ソングオブウインドとドリームパスポートは中位から後方に、それを見て最後尾はディープインパクト」って感じに…。
これにハリケーンランとプライドとレイルリンクとシロッコが出馬してくれたら最高(笑)。

まあ実際にはこのメンツが揃うことは、無いと思うけどね。

ってことで、レースも見終わったし後は飲むだけか〜(笑)。

banner_02.gif
↑競馬好きな方は、ぜひクリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/1015