2007年3月14日

新世界名物と言えば

さてさて、今日も結構寒いですね。

何か体が、ダルいんですよね。
風邪かな?

つーか、ただの飲み過ぎやろね(笑)。

とにかく、一日でも「休肝日」を作りゃいいんですけどね。
ソレが出来ないんだ、このバカは(笑)。

ってなわけで、今日もいつもの様にお店へ。
今日はグダグダな前置きは無しに、いきなり日替り定食の紹介をしたいと思います。

ってなわけで、今日は「ホワイトデー」ってことで…。
それにちなんだ、メニューを…。

出すわけがないでしょ、ウチが(笑)。

ってなわけで、本日の日替りはコチラ。
photo3191.jpg
「串カツ・カボチャと高野豆腐の煮物・煮豆・ご飯・ワカメの味噌汁・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、全然ホワイトデーには関係ないメニュー(笑)。

イヤ〜、でもどんなに寒くても串カツを見たら…。
やっぱりビールが飲みたくなるね(笑)。

もう何度も書いてますけど、僕「新世界の串カツ」大好きです。
特に、ジャンジャン横丁にある「てんぐ」ってお店が大好きですね。

そこの、どて焼きは僕が知る限り、新世界一ですね。
とにかく、ウマいんですよ。

甘い味付けなのに、ビールがガンガン飲めるんですよ。
「どて2本、串カツ2本、玉子1本」ってのが、僕のお決まりのオーダーですね。

で、ある程度、常連になると「どて焼き」とは注文しません。
「どて」って注文しますね。

コレはポイントなので、覚えておいて下さい。
って、何のためにや(笑)。

つーわけで、思い出話はコレくらいで「読むのがめんどい」ワタクシのメニュー解説に。
まずは串カツから。
photo3192.jpg
今日はお一人様、2本提供させて頂きました。

で、関西、特に大阪で串カツと言えば「牛肉」なんですよね。
しかし、今日は「豚肉」を使用させて頂きました。

ウスターソースをベーストする、関西の串カツだったら牛でもエエと思うんですけどね。
ウチは、ソースと言えば、トンカツソースのこと指しますからね。

ってなわけで、豚を使用するわけですよ。
まあ、かなりのこじつけですけどね(笑)。

ってなわけで、まずは豚肉とタマネギを串に刺します。
photo3193.jpg
手タレは毎度の父ですね。

つーか、串カツ屋さんって、とにかく仕込みが命でしょうね。
繁盛店だったら、かなりの本数を仕込まなきゃいけないでしょうからね。

イチイチ、お客さん来てから、串に刺してるヒマなんかないですからね。
そういえば、僕昔焼鳥屋さんでバイトしてたんですよ。

だから、串ものの仕込みの大変さはある程度知ってるんですよね。
僕はとにかく、軟骨を串に刺すのがイヤでしたね。

ウマく刺さないと、自分の手を刺してしまうんですよ(笑)。

で、また一度に、結構な量を仕込まされましたからね。
「たけちゃん、軟骨好きやろ?」ってな感じでね。

つーか、好きなんて一回も言った事はなかったんですけどね(笑)。

ってなわけで、豚肉とタマネギを刺した後は、テキトーな大きさに切ったゴボ天を刺します。
photo3194.jpg
まあウチの場合は、とにかく節操なくなんでも刺しますね。

大体「冷蔵庫」と相談して、具は決めてるみたいですね(笑)。

まあでもコレが、ナカナカにウマいんですよ。
食感も変化するし、結構合いますよ。

で、こうやってテキトーに、色んなもの刺しても、揚げたら結構喰えるんですよね串カツって。
そういう意味では、串カツとかき揚げとかは似てるかも。

って、似てねーか(笑)。

で、ゴボ天を刺した、その上からさらに豚肉を刺します。
そうやって、完成したのがコチラ。
photo3195.jpg
何か「チビ太のおでん」みたいなルックスになったな(笑)。

で、後は衣とパン粉をつけて準備完了。
photo3196.jpg
まあ衣はコレと言って、変わった作り方はしていません。

卵をといて、小麦粉を混ぜ込んだものですね。
で、それにパン粉をつけてるだけです。

そういえば、僕が好きな新世界の「てんぐ」では、衣に山芋を入れていましたね。
つーか、厨房丸見えなんでね(笑)。

で、ソレをラードで揚げてましたね。
コレまた材料丸見え(笑)。

大体作ってる材料もわかってるんですけどね。
でも家で作っても、あの味にはならないでしょうね。

やっぱり喰いにいくしかねーな、新世界に。
つーか、あの雰囲気も味のうちやからね。

ってなわけで、思い出話をしだすと長いので次のメニュー解説へ(笑)。

え〜と、今日の煮物がコチラ。
photo3197.jpg
「カボチャと高野豆腐の煮物」ですね。

まずは、カボチャと高野豆腐それぞれ別に煮ます。
photo3198.jpg
で、ソレを器に盛りつけているわけですね。

まあカボチャと、高野豆腐では、煮える時間が違いますからね。
で、僕はそんなにカボチャの煮物ってのは好きじゃないんですよ。

でも女性って言うか、宮木家の女性軍は好きなんですよね。
バアちゃんなんか「晩ゴハン出来たでー」ってカボチャの煮物だけだったことがあったもんな(笑)。

イヤイヤ、ウマいのはウマいんですよバアちゃんの煮物。
でもカボチャだけってのはね〜。

まあそれでも、ビール飲みますけどね(笑)。

ってなわけで、カボチャと高野豆腐に添えられているのは「ゴボウ」ですね。
ちょっと厚めに切ったゴボウを煮て、かつお節をからめた物です。

コレ、歯ごたえもあって何気に、ウマいんですよね。
僕こういう感じに煮られたゴボウなら、食べられるんですよ。

苦手なのは、おでんのゴボ天とけんちん汁のゴボウ(笑)。

そして、今日の小鉢がコチラ。
photo3199.jpg
「煮豆」ですね。

もうコレは何も言う事ないです。
「豆を一度に大量に煮込んだもの」それだけです(笑)。

コレも僕はあまり食べないんですよ、ちょっと甘めやから。
でもコレまた宮木家の女性軍が好きなんですよね。

特に母と姉ちゃんがこういうの大好きなんですよね。
マジで引くくらいに食べますからね(笑)。

そういえば、助っ人の女性で「これをご飯にかけて、お茶漬けにすると美味しい」って言ってましたね。
でも周りから「ソレはない」って全否定されてたけど(笑)。

ってなわけで、今日の日替りはこんな感じでした。
で、お店の方は…。

日替りは結構売れたんですけどね〜。
ヒマと言えばヒマでしたね。

う〜ん、最近ちょっとお昼がヒマですね。
何とかしないとね。

まあそれはまた考えるとして…。
お楽しみの昼食タイム(笑)。

幸運にも2本だけ串カツが残っていたので、ソレをゲット。
つまり日替りを売り切れにしたのは、僕ですね(笑)。

で、後はナンヤカンやと、お盆に乗せて…。
完成した今日のワタクシのまかないが、コチラ。
photo3200.jpg
「ざるそば・串カツ・カンパチとマグロの煮付け」そして、冷えたビールとグラス。

ってなわけで、串カツの右隣にある魚の煮物は、父が作ってくれたんですけど…。
さすがにこんなに喰えないから、母にパスしました(笑)。

まあ量的には、食べられない事なかったんですけどね。
僕ハラ一杯になると、気持ち悪くなるタイプなんですよ。

あ〜、でもクタッとなった長ネギと魚ウマそうやな〜。
ちなみに、いったん焼いてから、煮込まれていますね。

つーか、無理しても喰うんやったかな(笑)。

ってなわけで、やっぱり串カツ、ウマいですね〜。
ビールのお供に最高ですよ。

つーか、ビール無しで食べたらアカンね串カツ(笑)。

で、串カツに欠かせないのが…、キャベツ!
今日はアスパラとコーンも一緒に盛りつけました。

またアスパラが、太くてウマかったんですよ。
それだけで、ビールが空になるくらいに。

つーか、仕事夜からなかったら、絶対に飲んでるね(笑)。

で、カンパチとマグロは、「ちょっと鮮度が落ちた」って物を濃いめに煮込んでます。
またコレが、何気にウマいんですよ。

まあお客さんに出すってよりは、自分たちで食べるようですね。
明日もヘタしたら、喰ってるかも(笑)。

で、ざるそばは「他の一品で、ビールを飲み干した後」に食べるわけですよ。
まあいわば、酒のシメですね(笑)。

ってなわけで、本日もナカナカにエエ感じの昼メシを頂きました。
さ〜て、後は夜のお座敷だけだ!

ソレが終わったら…。

飲むかWiiでもやりながら(笑)。

banner_02.gif
↑「しまいには体壊すよ」って思う方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/1593

コメント[2]

 ジャンジャン横丁の串カツは美味しいですよね。
 今のだるまはもひとつだと聞いたので、ジャンジャン横丁の一番端っこにある串カツ屋さんが2軒向かい合っているところの1軒に入ったときは衣の美味しさに感動しました!!
 本当に何本でも食べれたの。

 ちなみにその近くにあるやまちゃんのたこ焼きが好きです。

>チビママさん
どうも毎度です。

ジャンジャン横丁の串カツはホントにウマいですよね。
僕よく入り浸ってましたよ。

何せ昼間からどうどうとビールが飲めるのがエエ(笑)。

で、具はとりたてて特別な物を使ってるってわけじゃないんですよね。
でもおっしゃる通り、衣がウマいんですよね。

またお店ごとに、ウマさが違ってるのもオモロいところですよね。
最近は24時間営業のお店も増えましたよね。

味はともかく、朝から飲めるのがエエですね(笑)。