2007年3月26日

東北見聞録「廣美亭にて夕食」

さてさて、休日なのにMacの前から全く動いてないワタクシ。

でもその方が「らしいよね」って思われてるんやろな(笑)。

ってなわけで、みなさんが「昼休みに」大量に読める様に頑張って更新しましょう。
まあ特に今日は月曜日ですからね〜。

土日の分も頑張って読んで下さい(笑)。

イヤ、ホントに明らかに昼頃が一番読まれてる気がするんですよね。
絶対にみんな職場のパソコンで読んでるよ(笑)。

あっ、そうそう確かにある方から言われた様に、確かに重たいですこのブログ。
でも知ったこっちゃありません。

光ファイバー引くか、最新のパソコンを買って下さい。
で、それがMacなら、なお最高(笑)。

ってなわけで、宿泊予定地の割烹旅館 廣美亭に到着した事までは書きましたね。
つーか、それだけで、ダラダラと(笑)。

さてさて、温泉にも入ったし、ってことでお楽しみの夕食。
夕食は別のお部屋で食べるってことで、そのお部屋まで移動。

この時は温泉あがりで浴衣姿。
ちなみにOさんは、温泉あがりに何かに引っ掛けて浴衣破いてた(笑)。

ってなわけで、僕らが夕食を食べたのがコチラのお部屋。
photo3377.jpg
イヤイヤ、何気に豪華です。

この時は、気分はかなりウキウキしてました。
って、今「ウキウキ」って使うのかな?

つーか、32歳のオッサンが使う言葉ではないな(笑)。

イヤ、しかしホント、ナカナカに豪勢。
photo3378.jpg
で、まあやっぱり毎度のごとく、写真を撮るわけですよ。

でも遠慮して撮ってたんですよね。
「フタ取ったらアカンな」とかね。

良く考えたら、ココはウチのお店じゃなかったんですよね。
コレも僕が食べる料理な、わけですよ。

だから遠慮なく、フタを取って撮影(笑)。
photo3379.jpg
え〜と、もう食べたの1週間前だからメニューの内容を忘れたな。

わかる所だけ、書いとくか。
まずは左から…。

■朴葉焼き:ホタテやエビ等を朴葉の上に乗せて、味噌とともに焼いたメニュー。

で、その右にあるお皿の中身が…。
■蒸し卵:コレは蒸した卵の中に、ワカメが入ってました。独特の食感がナカナカにエエ感じ。
■バッケの天ぷら:こちらの地方ではふきのとうを「バッケ」と言うそうです。
■エビの焼物:何かを詰めてたけど、何か忘れた(笑)。
■鴨肉:だったと思うんだけどな〜。焼いてたか蒸してたか忘れたんだよね(笑)。
■サザエのつぼ焼き:コレは説明するまでもないですよね。
■ウニとイカの和え物:コレも説明するまでもないでしょう。イカとウニを和えてあるってだけでわかるでしょ(笑)。

で、その下の小鉢みたいなのが…。
■マグロの煮付け:ちゃんと中居のオバちゃんから聞いたんだけどな。確かマグロだったような…、カツオだったかな(笑)。
■ふきみそと…:ふきみそは覚えてたんだけどね、隣の白いのは何だか忘れた(笑)。

で、右下にあるのが、食前酒。
まずはコレで乾杯。

イヤ〜、しかしナカナカの酒飲みメニューですよね。
つーか、ほとんどどんな味だったか、記憶がないようなあるような(笑)。

でも蒸し卵はナカナカに面白かったね。
食感がプリンっぽいって言うか、これまでに食べたことがない卵料理。

で、中に入っているワカメもナカナカにエエ感じでしたね。
ってなわけで、食前酒の後は…。
photo3380.jpg
まずは生ビールでもう一度、乾杯ですよ。

で、この旅館では「キリンとアサヒとサッポロ」からビールが選べるんですよ。
ビール好きの僕にとっては、素晴らしいサービス(笑)。

で、関東から東になると、サッポロビールのシェアが関西に比べてあがるらしいんですよね。
コレは、同行したYさん(ちなみに酒屋)から聞いたんですけどね。

特に東北地方に来ると、サッポロが飲まれる事が増えるそうです。
まっ、サッポロ近いからね(笑)。

ってなわけで、この日はサッポロビールを頂く事に。
で、久しぶりに飲んだけど、ウマい!

まあ温泉あがりってこともあったかもしれんけど(笑)。

で、生ビールは最初の一本だけで、後は「黒ラベル」を頂く事に。
コレもまたウマいんですよね。

やるなサッポロビール。
まあ結局何飲んでも、僕はウマいって思うタイプやけどね(笑)。

ってなわけで、料理はドンドンさらに出てきました。
まずはコチラ。
photo3381.jpg
コレ一応「山菜にウニを乗っけた」料理なんですよ。

で、僕の記憶では「ウグイ」って説明された覚えがあるんですよね。
でもウグイで調べたら魚しか出てこねー。

オイオイ、光○さんウソ教えたのか(笑)。

オカしいな〜、確かに「ウグイ」って聞いた記憶があるんですけどね。
そういえば、隣でメシ喰ってたAさんも「魚の名前では聞いた事あるけど、山菜でもあるんだ」みたいなこと言ってたよな。

まあ一週間も経ってるから、記憶が曖昧でもしゃーないか(笑)。

え〜、この山菜の名前がわかる人、コメントかメールください。
このままだと、夜も眠れません。

って、ビール飲んで寝てるだろな(笑)。

ってなわけで、そんなイロイロと○子さんの説明を聞いているうちに、焼けてきました。
photo3382.jpg
朴葉焼きこの味噌の香りがエエ感じ。

でも僕基本的に飲んでる時に、あまり食べないんですよね。
特に本気飲みの時は、ほとんど食べません。

でも食べないのも、もったいないですからね。
ってことで、味を知りたかったのでどれも、最低一口は食べてました。

つーか、みんなはバクバク食べてたよな。
みんなは「良くそんなにビール飲めるね」って言うけど…。

僕からしたら「良くそんなに全部喰えるね」って思いですよ(笑)。

で、もちろんこの後も、ドンドン料理は運ばれてきました。
photo3383.jpg
コレは「お造り三種盛り」でしたね。

で、何と何が盛られてたんだっけ?(笑)。

まあエビはわかる。
でも甘エビかボタンエビか何エビか忘れた(笑)。

で、貝はホッキ貝だったかな?
アカン、完璧に忘れてる(笑)。

で、もう一種類、何か入ってたんだよね。
もちろんのこと、忘れてますね(笑)。

でも味はどれも、ナカナカにウマかったですよ。
って、ホンマに覚えとんかいコイツ(笑)。

で、さらに料理は続きます。
photo3384.jpg
「茶碗蒸し」ですね。

出たな、僕が飲んでる時に一番喰わないメニューが(笑)。

でもこの茶碗蒸し、みんなには好評でしたね。
つーか、スゲー喰ってたもんなみんな(笑)。

え〜と、具はかなりシンプル。
ちょっとだけ、フカヒレが入ってましたね。

そういえば、宮城県の気仙沼はフカヒレが採れるので有名らしいですね。
で、この茶碗蒸し、上から軽くトロミのついたアンがかかってました。

僕も少し食べましたけど、ナカナカにウマかったですね。
つーか、あーいう茶碗蒸しもあるんだな。

で、茶碗蒸しが出たら「もう料理も終盤だろう」って思うじゃないですか。
まっ、後はアレとアレが出て終わりだろ、って思ったんですよ。

そしたらやっぱり出てきましたね。
photo3385.jpg
「お吸い物」が(笑)。

で、具はハマグリと…、山菜なんだけどコレ何だろ?
コゴミ?ワラビ?ゼンマイ?ハイ、わかりません(笑)。

で、もちろんのこと、ほとんど喰えませんでした。
つーか、お吸い物の隣にビール(笑)。

もうこの時になると、僕の前にだけ料理がかなり溜まってましたね。
ちなみにみんなは、キレイに食べてた(笑)。

でもせっかくの料理だし、勉強にもなると思って頑張って食べたんですよ。
それでも限界がある。

ビールは限界知らずで飲めるんですけどね(笑)。

で、茶碗蒸しも出て、お吸い物も出た。
コレでまあほぼ打ち止めだろうと思ってたら…。
photo3386.jpg
ウォーイ、また来たよなんかスゴいのが(笑)。

「春野菜のブロック」ですね。
一番奇麗な料理だったのに、一番汚く写真を撮ってしまった(笑)。

しかし割烹旅館と言うだけあって、料理はどれも一工夫も二工夫もほどこしてありましたね。
で、コレは「芽キャベツ・プチトマト・ヤーコン・ブロッコリー・アスパラガス・人参」を固めて作ってありました。

周りを巻いてたのは、ほうれん草だったかな?
まあしかし、手間のかかった料理ですよね。

ソースもゼリー状にしたりしてるしね。
でも僕もOさんも「マヨネーズかけたほうがウマいかも」って平然と言ってましたけどね(笑)。

で、ココでこんなのが、出て来たので「まだ出てくるのか?」って思ったわけですよ。
ここで愛想の良い、M子さんが残りのメニューを説明してくれたんですよ。

「エッ、マジで」って言うような内容でした。
まあ聞くより、見た方が早いと思うので、ジャンジャン搭乗させます。

春野菜のブロックに続いて搭乗したのが…。
photo3387.jpg
「白金豚(プラチナポーク)の角煮」ですね。

オイオイ、ここに来てまた肉かよ(笑)。

何気にホントに豪勢。
つーか、喰いきれねー(笑)。

でも味は、良かったですよ。
僕的には、沖縄で食べた角煮よりコッチの方が好き(笑)。

で、こういうモノをちょこっと、つまむとまたビールが進む。
つーか、僕はほとんど食べきれませんでしたが、同行したみんなはほぼ完食してたね。

イヤ、マジでかなりの量なんですけどね(笑)。

で、コレに続いて出されたのが…。
photo3388.jpg
「前沢牛のステーキ」です。

来ました「豚」「牛」の肉2連発(笑)。

豪華でスゴいんだけど、喰えねえよ。
ちなみに、みんなはもちろん完食(笑)。

僕も食べましたけど、コレもナカナカにウマかったですね。
過度に霜降りって肉じゃなくて、赤身のウマさがしっかりと味わえるお肉でした。

でもこの終盤にこのメニューは、キツいな(笑)。

しかし食べるのは、ちょこっとでもビールはガブ飲み。
それが宮木猛さ(笑)。

ってなわけで、このメニューが出た後に…。
photo3389.jpg
「おそば・香の物」が出てきました。

ちなみに、ご飯もあったんですよね。
僕はもちろんパス。

でもみんなは食べてた(笑)。

あ〜、でもこのそば、何気にウマかったんでスオyね。
ちょっとすすって、汁を飲むと…。

不思議とビールが飲めたんですよね(笑)。

で、最後に出て来たのが…。
photo3390.jpg
ハイ、デザートです。

喰えるか!(笑)。

でもやっぱり、みんなは食べてた。
絶対に僕からしたら「僕よりアナタたちの方がスゴい」って思いなんですけどね(笑)。

特にYさんの喰いっぷりはスゴいね。
でもみんなも僕の飲み方みて同じ思いなんだろな(笑)。

ってなわけで、食事開始からおよそ1時間40分。
せかされるでもなく、エエ時間を過ごさせて頂きました。

昔消防で行った、カニ喰いツアーはキツかったもんな。
「早く喰って、早く寝て下さい!」と言わんばかりの中居サンのサービスやったもんな(笑)。

イヤ、ホントに料理もナカナカでしたけど、光○さんの愛想が良かった。
やっぱり旅館業はまず笑顔だな。

僕もビールばかり飲んでないで、考えんとアカンな(笑)。

ってなわけで、夕食後は…。
もちろん繰り出しましたよ、温泉街へ(笑)。

つっても、この周りには3〜4軒くらいしか開いてるお店がないとのこと。
とりあえず同じ30代のAさんと着替えて、繰り出す事に。

ってなわけで、辿り着いたのが…。
スナック「エトランゼ」でした。

さすがにカメラは持って行ってませんよ(笑)。

まあこのスナックが、ほどよく「場末」って感じでエエ感じでしたな。
何か福知山に繰り出して来たのと、さほど変わらん雰囲気(笑)。

オモロい事に、京都から来てたお客さんもいたね。
で、まあ最初はビールで乾杯。

その後「焼酎を下さい」って言ったんですよ。
そしたら「一本飲めますか?」って聞いてきたんですよね。

なので迷わず「ハイ、飲めますよ」って答えました。
ホントに僕にとっては、軽いもんですからね焼酎の900mlなんて(笑)。

で、この日はAさんとか、地元のお客さんたちと大盛り上がり。
ちなみに女性のスタッフやママさんもいましたが、僕飲む時にはあまり女性と会話しません。

それよりオッサンとかと喋る方が好きです(笑)。

で、聞いたんですよね「ここら辺の名物は?」って。
そしたらほとんどの人が「わんこそば」って言ってましたね(笑)。

ってなわけで、こうして僕らは花巻の夜を過ごしたわけです。
Aさんが隣のオジイちゃんに絡まれてるのがオモロかった(笑)。

ってなわけで、そんなに遅くまでは飲んでませんでした。
まっ、ボトルは一本開けたけどね(笑)。

ってなわけで、これにて東北見聞録の初日は終了!
さて、いよいよ本番の2日目だ!

って、ホントに終わるのかなコレ(笑)。

banner_02.gif
↑「前沢牛ウマいですよ」って思う方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/1631

コメント[2]

うるい
で検索いただければ・・・

>岩手人さん
ウワ〜、ホントにコメント来た(笑)。

なるほど「うるい」ですか。
あ〜、確かに出て来た出て来た。

ってことは、光子サンちゃんと言ってたんだ。
なるほど「る」を「ぐ」と聞き間違えたんだな。

イヤ、でもコレで夜寝れます(笑)。