2007年3月29日

第二回「猛の簡単クッキング」

懲りずにまたまた書かせて頂きます。

「猛の簡単クッキング」です(笑)。

今回は「葉ワサビの醤油漬け」です。
つーか、選ぶメニューが変と言えば変か(笑)。

まずは家を飛び出て、葉ワサビを採って来て下さい。
この過程が大事です。

買って来たりしてはいけません。
自然に生えて来ている物を採って来て下さい(笑)。

ってなわけで、母が野生のカンを働かせて採って来たのがコチラ。
photo3233.jpg
ちなみにウチの母はこういうモノを採ってくるのがホントに得意です。

多分ウチの両親、一ヶ月くらいは自然の中で自給自足出来ると思う(笑)。

で、採って来た葉ワサビを水でキレイに汚れを落とします。
photo3234.jpg
う〜ん、ナカナカにワイルドな写真や。

ってなわけで、大江町には葉ワサビが沢山あります。
また一度お越し下さい。

しかし、採取場所は教えませんよ(笑)。

で、キレイに洗った葉ワサビを刻みます。
photo3235.jpg
刻まない作り方もあるみたいですけど、それはテキトーに考えて下さい。

確かクッキングパパのレシピでは刻んでませんでしたね。
ちなみに27巻に乗ってますので、よければ参考に。

僕の記事よりは役に立ちますよ(笑)。

で、刻み終えた葉ワサビがコチラ。
photo3236.jpg
何気にスゴい量やな。

ちなみに今年は例年より、早めに出てたそうです。
やっぱり暖冬の影響でしょうね。

で、慌てて母が採りにいったってわけです。
何せ原価ただで売りもんが作れますからね(笑)。

で、続いてこの葉ワサビにお湯をかけます。
photo3237.jpg
クッキングパパではお茶を使ってましたね。

でもこの「葉ワサビのしょうゆ漬け」ってイロイロなレシピがあるんですよね。
家によって作り方が違うと言っても過言ではないですね。

10人いたら10人とも微妙に違う作り方をしてるって感じかな。
ってなわけで、ウチはお湯の中に少量の炭酸を入れてます。

で、お湯をかけたらこんな風にして、上下に振って下さい。
photo3238.jpg
まっ、コレもいろいろとやり方があるんですけどね。

ちなみに、母も時と場合によって方法が変わります(笑)。

こうやって、アクと言うかクセを取るわけですね。
で、後は調味料に浸すだけ。
photo3239.jpg
え〜と、基本的には「醤油」と「酒」ですね。

みりんはお好みで入れて下さい。
って、ホントに役に立たねーなコレ(笑)。

後は、こんな感じにしておけばイイですね。
photo3240.jpg
作ってすぐは、ワサビの辛さが先に出ますね。

ある程度時間をおいた物の方がウマいです。
まっ、それも好みですね。

あまり時間をおくと、辛味が抜けますからね。
でもそれはそれで、またウマいんですよね。

ってなわけで、こんな風に瓶に詰めておいてもエエです。
photo3439.jpg
ハイ、毎度の役に立たない「猛の簡単クッキング」でした。

ホントに役に立ちそうにないなコレ(笑)。

banner_02.gif
↑「葉ワサビで日本酒、エエねー」って思う方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/1641