2007年3月29日

うむむ…悩むなコレ

そう言えば、知らんうちにCUBASE 4のアップデートが出てた。

なになにバージョンが4.0.2になるのか、フムフム。
で、何がどうなるんだ?

SteinbergはMac OS X、およびWindows版Cubase 4のメンテナンス・アップデートをリリースしました。
本アップデータはCubase 4.0.0/Cubase 4.0.1いずれかがインストールされたコンピュータに対してご使用頂くことができます。 
3rdパーティ製のプラグイン、オーディオ・デバイスとの互換性向上。安定性、最適化によるパフォーマンス向上などの改良が施されています。

なるほど、プラグインとの互換性が向上したのか。

つーかWAVESとの互換性どうなったのかな〜。
アレが何とかならんことには、せっかくのバージョン4も意味が無いしね。

WAVESのプラグイン無しでは、僕Mixもマスタリングも出来ないですからね。
僕が所有しているのはPlatinumですねバンドルの。

僕的にはGoldを購入するんだったら、少し無理してでもPlatinumを購入した方がエエと思っています。
時期によっては、オフキャンペーンもやってるので、そう言う時を狙うのがエエかもしれません。

つっても、高い買いもんですからね(笑)。

まっ、理想としてはMercuryが一番なんですけどね。
でも車買うような値段やからね(笑)。

でも今のところはPlatinumで問題はねーな。
そういえばDIGI003&DIGI003Rackが発表されましたよね。
0329digi003.jpg
僕一応DIGI002Rackは所有しているんですよね。

ちなみにDIGI001も所有しています。
でも全然使ってないんですよね(笑)。

どうしてもCUBASE SX使ってしまうんですよね。
やっぱり慣れてますからね。

しかしやはり業界標準と言えばPro Toolsですからね〜。
そろそろ本腰入れて、使い始めようかな〜。

って、使わないのに買うなっつーの(笑)。

まっ、しかし今やSECOND STREETのチビドラムでもPro Tools使う時代ですからね。
Macと宅録の大先輩としては、負けてられないって話ですよ(笑)。

しかし、DIGI001とDIGI002Rack持ってて、さらにDIGI003を買うってのもな〜。
コレクションしてるみたいやん(笑)。

そしたらこんなモノを発見。
交換アップグレードですよ。

DIGI001からの交換アップグレードもあるんですよね。
で、実際に見てみたら…。

コレかなりお得な内容になってるんですよ。
何せ全く使ってませんからねDIGI001は。

しかもコレMusic Production Toolkitを含めたアップグレードなんですよね。
003 Rack FactoryにMusic Production Toolkitを加えたセットにアップグレードするのに…。

170100円か〜、この100円がウザイな(笑)。
イヤ、でもお得だとは思う。

普通に買うのに比べて10万円くらいお得になるって算出してるもんな。
Music Production Toolkitがついてるってのが、デカイな。

これで最大トラック数が48トラックに出来るもんな。
僕Pro Tools LEの不満点ってのは最大トラック数だったんですよね。

昔は24トラックで、今は32トラック。
ハッキリ言って、足りません(笑)。

まっ、昔に比べてあまりトラックは使用しなくなりましたけどね。
ちなみに僕の最高は60トラックくらいですね。

カラテスタイルのハカセにレコ任せたらエラいことになってた(笑)。

さてさて、ってなわけで現在思案中。
まだ締め切りまではいくらかあるから、ゆっくりと考えよ。

で、とにかく今年は本格的に、Mixやらマスタリングを請け負おうかなとは思っています。
そしたら夜もあんまり飲まなくなるやろ(笑)。

ってなわけで、お金がかかることではありますが自宅スタジオのシステムは向上させていきたいですね。
つーか、新しいMacも欲しいしな〜。

あ〜、由良川に一万円札流れて来ねーかな(笑)。

banner_02.gif
↑「ワタシもCUBASE使ってます!」って方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/1645