2007年3月31日

あの頃は走ってた…

どこまで書いたっけな…。

確か「高校3年生」のスタートラインまで書いたんだ。
で、そこで一旦話を止めて、過去に戻ったんだな。

ってなわけで、来ましたよリクエストが。
ホンマに嬉しいですね。

ってことで、眠るのを削って書きます。
仕事?なんとかなるでしょ(笑)。

ってわけで、とりあえずココから読んで下さい。
そうじゃないと話が全くわかりませんからね(笑)。

ってなわけで、書きますか!
だから話は結構以前の話(笑)。

僕が高校2年生の秋頃の話です。
え〜と、まずはコレから読んだ方が早いかな。

そして迎えた新人陸上大会。
コレは1年生と2年生がそれぞれ別に戦う大会だ。
僕は400mと4×400mリレーに出場。
この大会前は、僕のライバルたる同級生(この時点でキャプテンをしてた)が絶好調。
実は練習でも全く勝てなかった。
陸上部の練習に慣れてからは、ほぼ互角に練習も出来てた。
それどころか、実践では勝ち続けていた。
しかし、この大会の頃には全く勝てなくなっていた。
そして、自分の走りも見失っていた…。
「とにかく最初からいけるところまで、ぶっ飛ばそう」そんな思いを持って予選に臨んだ…。

そうこの頃は、とにかく「自分の走り」を見失ってました。

野球部を辞めて陸上部に入ってから、順調に記録は伸びてました。

でもこの頃から、練習で差がつき出して来たんですよね。
何でなんだろう?って毎日考えてました。

全力で練習に取り組んでるつもりなのに、差が出る…。
しかも圧倒的な差が…。

手を抜いてるつもりは無い…。
でも走れば見ただけでわかる程の差がつく…。

そんな中での新人陸上大会でした。
だから予選から「何も考えずに全力で」と走りました。

新人陸上大会で、府大会に進めるのは3位まで。
有力選手がいる中、僕は決勝まで進みました。

決勝に残った顔ぶれを見ると…。
かなりの接戦が予想されました。

僕は遅れて陸上に取り組んだからこそ、負けたくはなかったんです。
絶対に3位以内、イヤ「優勝」を考えて決勝のレースに臨みました。

しかしスタート直前まで、レースをどう組み立てるか悩んだままでした…。
「前半から飛ばすか」「後半に勝負をかけるか」「周りを見て考えるか」イロイロと悩みました。

でも結局答えは出ないまま、決勝のコースに立つ事になりました。
そして、考えがまとまらない僕が出した結論は…。

とにかくスタートをしよう。
後の事は走ってからだ、と言う結論でした。

でも同じ陸上部のヤツにも負けたくない…。
有力な選手が2人いたけど負けたくない…。

3位を狙う走りをするような事はしたくない…。
色んな思いが交錯したなか、僕は決勝のピストルを聞きました…。

ってなわけで、とりあえずこれくらいで、今日は寝ます(笑)。

だって、寝ないと死ぬでしょ。
まあこんなオッサン死んでもエエと思うけど(笑)。

ってなわけで、少しでもリクエストがあった「青春日記」頑張って書きます!

でも更新スピードは期待しないで下さいね。
だって、飲むのが忙しいんだもん。

ってことで、オチもついてないけど寝ます(笑)。
banner_02.gif
↑「早く走れるって、何気にスゴいことだな」って思う方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/1651

コメント[2]

こんばんは。いつも楽しく拝見させていただいています。自分も同じ時期くらいに両丹で400mを走っていました。なつかしいです。確か黒っぽいユニフォームでしたよね?

>400は大変さん
そうですか、同じ時期に走ってたんですか!

でも400mホントにキツいですよね。
とにかくラスト100mがキツい。

で、走った後はケツが痛い(笑)。

そうです、大江高校は黒のユニフォームでした。
僕的には結構気に入ってましたね、アレ。

でも僕らが卒業した後「鬼のマーク」が入ったユニフォームに変えられてましたね。
マジで後輩が可哀想になりました(笑)。