2007年4月26日

驚愕!宮木猛伝説「小学野球編」

またまた昔のお話。

僕が小学生の時の思い出です。
もちろん、全て実話(笑)。

え〜と、小学4年生で野球を始めた僕。
最初のポジションはキャッチャー。

その当時は「デブキャッチャー」なんて言葉があったわけですよ。
コレ冷静に考えたら、スゲーキツい言葉やと思うけどね(笑)。

まあようは「太っている人は野球ではキャッチャー、サッカーではキーパー」って意味ですね。
僕がコレでした(笑)。

あれ、ドカベンとかも影響してるね絶対に。
でも近代野球やサッカー観てみて下さい。

そんなにデブいないでしょ(笑)。

つーか、むしろ普通の体型が多い。
かの田淵幸一も、太った結果キャッチャーから他のポジションにコンバートしたんですから。

まあ体に負担が多いポジションですからね。
しかし、僕らが子どもの頃はデブはキャッチャーと決まっていました。

つーか、僕の一年上の先輩はデブキャッチャーじゃなかったな。
っていうか、俺だけやんデブキャッチャーやったの。

そうだ、当時の僕の町内の小学校…。
あっ、デブキャッチャー、やっぱり僕だけや(笑)。

まあ僕も「ぽっちゃり」くらいでしたけどね。
身長も高かったしね。

ってなわけで、「デブキャッチャー」改め「デカイヤツはとにかくキャッチャー」に変えます。
えっ、もう遅い?(笑)。

まあとにかく、まずは体格のいいヤツはキャッチャーをやらされたわけですよ。
でもキャッチャーてセンスが必要なんですよね。

捕球から送球までね。
まあ小学生の試合にはそんなにリードの技術は必要なかったんですけどね。

つーか、僕にはどっちにしてもなかったんですけどね(笑)。

まあしかしとにかく、僕は小学6年生になるまでは大体キャッチャーを守ってんたんですよね。
で、練習試合なんかにたまに出場していたわけですよ。

え〜、確かアレは天津小学校での練習試合だったな。
つーか、分かる人には分かるでしょ(笑)。

で、その試合でまあ「実戦訓練」って感じで、僕はキャッチャーで出場したんですよ。
しかし僕は「腕力は強いが肩は弱かった」わけなんですよ。

つまり遠投が苦手。
速く走るとか、早いボールを投げるってのは才能の部分が大きいですね。

体が大きくて力があれば、いいってもんじゃないんですよね。
まあ僕なんてそのパターンで「体も大きくて力も強いけど、ダメ」って感じでした。

で、また捕球が下手クソだったんですよね。
特にキャッチャーフライ。

あれ、まともに捕れた記憶が無い。
キャッチャーフライって、スゴいんですよ球の回転が。

「投げるのもダメ、撮るのもダメ」つーかキャッチャー向いてない。
っていうか「野球が向いてない」ってことに大人になってから気がつきました(笑)。

まあそれでも当時は一生懸命ですよ。
で、試合に出させてもらったから、必死にやるわけですよ。

しかしやはりミスをするわけですよ。
まあしかし当時はまだ5年生。

実戦訓練をさせるために、試合に出しているわけだからそんなにミスをしても怒られないんですよ。
もちろんイロイロとは言われますけどね。

でも必死にやって、起きたミスですからね。
そんなにメチャクチャは言われないわけですよ。

しかし…、やってしまうんですよね、この男は。
伝説に残るプレーを(笑)。

え〜と、野球には「振り逃げ」と言うルールと言うかプレーがあります。
2ストライクで、キャッチャーが空振りしたボールを後逸した場合にバッターが一塁に走るって言うものですね。

まあそういう時はキャッチャーは必死になってボールを追いかけるわけですよ。
何せピッチャーは打ち取っているわけですからね。

で、このプレーをしたキャッチャーは大概、怒られます。
僕もやってしまったんですよ。

バッターは三振したのに、ボールを後ろにそらしてしまったわけですよ。
そしたら相手監督は言いますよね、自分のチームのバッターに。

「走れ!」って。
で、僕はちょっとパニクっていたわけですね。

だからその「走れ!」って声が自分のチームの監督の声に聞こえたんですよ。
っていうか、勝手に体が反応したんですよね。

気がついたらレガース(キャッチャーが着けてるプロテクター)とマスクをしたまま…。
全力で一塁ベースに向かって走ってました(笑)。

このプレーで敵チームはおろか、味方チームからも散々言われたのは言うまでもありません。
当時の監督からもメチャメチャ怒られました。

っていうか、敵チームがこれでもかってくらい手拍子をして、クソッタレな応援ソングみたいなのを歌ってたのを覚えています。
僕がラオウだったら、全員やっつけていたと思います(笑)。

しかし普通走るか?
キャッチャーのあの姿で全力で一塁ベースに走るって…。

しかも空振りしたバッターと平行して(笑)。

その時点で気づけっつーの。
ちなみに一塁に辿り着いた時、我に返りました。

そしたら監督が「お前が走ってどないすんねん!」って言ってたのを覚えています。
至極当たり前の突っ込みですね(笑)。

ってなわけで、「ウソだったらエエのに」って言う宮木猛伝説第2弾はこれにて終了。
つーか、書く度に「ホントにバカだなコイツ」って思わずにはいられない(笑)。

また反応があれば第3弾も…。

書かねーよ、もう(笑)。

banner_02.gif
↑「マジですか?ホントにマジですか?」ホントにマジです、だからクリックお願いします(笑)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/1774

コメント[2]

 ありえないよ~~~。
 野球のルールを知らない私でも走らないと思う。^^

 つっこまれまくりだったでしょ!
 武勇伝だ~~~~。

>チビママさん
ありえないと、思うでしょ。

しかしこれはれっきとした事実です(笑)。

イヤ、ホントに何で走ったんでしょうね?
その時となりで走ってた人はどう思ってたんでしょうね。

「イヤ、オマエが走っても…」とか思ったに違いないね(笑)。