2007年5月20日

やってみたいんやけどね

え〜と、僕は一応「MD STUDIO」って自分で呼んでる自宅スタジオを持っています。
photo2265.jpg
まあ、スタジオっていうか「僕がダラダラする部屋」なんですけどね(笑)。

でも機材的には、それなりに充実させてるつもりなんですよ。
「どれくらい使ったの?」って聞かれたら…。

計算するの怖いくらい、金はつぎ込んだ気がする(笑)。

で、ココで「ボーカル」もレコするし、ホーンもレコします。
でもブースが無いんですよね。

音自体はね、結構出しても平気なんですよ。
防音もしてないんですけどね。

で、「何故に平気なの?」って思うでしょ。
答えは簡単。

「周りに家が無いから」ですよ(笑)。

田舎ならではの理由ですね。
大阪時代は、結構エラい目にあったからね。

まあそのとばっちりを食らったのは、コイツらやと思うけど(笑)。

で、僕的にはずっと「いずれドラムもレコ出来るスタジオを作りたい」って言ってきてたんですよ。
そこで…、実はね…。

僕に関わってきたバンドに向けてちょっと聞きたいんだ。
「オレがスタジオ作ったら、使うか?」ってことを。

実はマジで「スタジオ作ろか」って話が舞い込んでるんですよ。
それも言い出しっぺは「母」なんですよね。

言ったんですよ「100万や200万ではきかんで」ってね。
それでも「面白いやん」って言うんですよね。

まあハッキリ言えば僕が「やろう」って言えば、スタートするわけですよ。
でも、何気に「少し」悩んでるんですよね。

「儲けられない」ってことは、悩んでないんですよ。
もともと、バンドマンはお金ないから(笑)。

悩んでるって言うのは…。
僕、「町会議員」なんてしてましたけど…。

ホントに、それまでは「クソ」みたいな生活をしてました。
「今が楽しけりゃ、それでエエー」みたいな生活をね。

住む所も用意してもらって、生活費も出してもらって…。
僕は兄弟が揃った時に、妹らに「説教」みたいな事をします。

でもね〜。
一番、ヒドい生活をしてたのは、間違いなく僕(笑)。

まあこういう事を、ココで書くとあまり将来的にも良くないってのは分かっています。
でもね、隠しておく事じゃないんですよね。

ホントにグダグダと生きてました。
「すねをかじる」なんてモンじゃなかったですね。

「すねが無くなってもかじってる」って感じでした(笑)。

僕ね、そのころ両親とも、兄弟ともほとんど会話してなかったんですよ。
まあ「バラバラ」って状態だった気がします。

でもね、今は毎日両親と飯喰って酒呑んでいます。
ハッキリ言って、今の方が幸せですね。

でもね…「あの時代」つーか…。
「大阪での時間」を否定したくないんですよ。

あの時の雰囲気で、ワイワイ言えるスタジオがあったらな〜。
ってな思いをずっと持ってたんですよ。

で、ココに来て「スタジオ作らんか?」って話でしょ。
いきなりすぎて、悩んでます(笑)。

場所はね、ウチのお店の2階を考えています。
つーか、どうしようかな?

オレ「スタジオ」作ってエエのかな?
でも僕がやってきた音楽活動で…。

ネックは「ドラムが録音出来ない」ってことだったんですよ。
う〜ん、作りたいな〜、自分達が好きなように出来るスタジオ。

ぶっちゃけますとね、500万以上はかかりますよね。
まあ建物があるから、これくらいで何とかなると思ってるんですよ。

で、もちろん僕も出資しますよ。
でもそれでも出せる額に限界はありますよね。

でも…、やりたくない?
「自分達のスタジオ」って作ってみたくない?

もちろん「福知山市」の若いヤツが使って欲しいとは思ってる。
でもね…「レーベルを立ち上げて、何かするため」の拠点としてスタジオ作りたくない?って思ってる。

もちろん、オレの住んでる所は田舎。
でも「駐車場」もあるし、「泊まる所」もある。

飯の心配はしなくてもエエしね(笑)。

ってなわけで、僕が「作ろう」って言えば、作り出す勢いです。
だから、「こういうスタジオにしよう」って思う「僕に関わった音楽人」は…。

何か言ってくれ。
っていうか「一緒に理想のスタジオ」を作ろう!

まあ現在ワタクシ酔っぱらってるけど…。
つーか「酔っぱらってるからこそ」投げかける。

「スタジオ&レーベル」マジで作らへん?

banner_02.gif
↑「酔ってますね」って言いたい人は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/1857