2007年10月 2日

第6回ビジネスパートーナーシップ「その8」

ハイ、ってなわけで、まだ終わりません。

マジで終わるまで他の事は書かないつもりです。
京都府商工会青年部連合会主催の「第6回商工会青年部ビジネスパートーナーシップ交流会」シリーズで〜す(笑)。

僕はこういう長期シリーズを書く時は、合間に「現実時間の出来事」も書くんですけどね。
今回は「コレを書き終えるまでは、他の事は一切書かないぞ」と何故か決意。

理由は自分でも分かりません。
ってなわけで、書きたい様に書いてるんですけど…。

イヤ〜ブログランキング下がる下がる(笑)。

まあでも「好き放題、書きたいことを書く」のが僕のスタイルなんで。
ってなわけで、もう少しお付き合い下さい。

つーわけで、ビジネスパートーナーシップの二日めはオプションで「ゴルフ」と「釣り」のプランがあったんですよね。
ってなわけで、僕は「釣り」を選択。

かなり久しぶりの釣りでしたね。
ってなわけで、まずは釣具店で釣り竿を買って(←この時点で、素人丸出し)…。

その後目的地に向かいました。
行き先は伊根町です。

京青連の和田副会長のお膝元。
ってなわけで、まずは和田副会長の自宅へ。

スーツから着替えるためですね(笑)。

ってなわけで、着替えて来た和田副会長…。
完全に釣り人モード(笑)。

何気にスーツ以外の姿見るの初めてだったんですよね。
ってなわけで、そこからさらに車を走らせると…。
photo5727.jpg
見えて来ました!

海だ!海だ!海だ〜!
ってな感じで、テンションがメチャ上がって来たんですよ。

で、さらに港が近づいてくるわけですよ。
photo5728.jpg
イヤ〜、マジで奇麗な景色。

「今日はココで釣りまくるぞ」ってな感じでしたよ。
で、車を運転していた湊部長(丹波町商工会青年部)も、もちろんハイテンション。
photo5729.jpg
「釣るぞ〜」って感じで、スゲーテンション。

まあ僕も湊さんも、超初心者なんですけどね(笑)。

イヤ、でも海がキレイ!
photo5730.jpg
おそらく同時刻の「ゴルフチーム」は、炎天下の中でフラフラでゴルフしてたんだろうな(笑)。

二日酔いの上、キャディー無しのゴルフ…。
ウン、釣りで良かった(笑)。

魚は僕らが遅れても怒らないですけど…。
ゴルフ場はね〜。

間違いなく1時間は遅刻してるしね、ゴルフチーム。
まあオレらも人の事は言えんけど(笑)。

ってなわけで、海がドーンと見える中で…。
photo5731.jpg
伊根町のオバアちゃん発見。

つーか、オレなんでコレを写真に撮ろうと思ったんだろ?
イヤ、しかし元気ですよ。

結構な坂でしたからね。
う〜ん、元気だ伊根町のオバアちゃんは。

ウチのバアちゃんとエエ勝負やな(笑)。

ってなわけで、到着しました蒲入に!
photo5732.jpg
イヤ〜、まさに港ですよ港。

この時点で、テンションがスゴく上がってました。
多分、一番騒いでたのは僕です(笑)。

イヤ〜、でもエエですね〜。
みんなで作業している風景とか。
photo5733.jpg
自然に囲まれたいい所です、伊根町蒲入。

とにかく、風が気持ちエエんですよ。
スゴく気持ちエエ。

でも風が吹いてない時は、死ぬほど暑かったけど(笑)。

つーか、9月も終わろうかというのに、この日はメチャ暑かった。
また日差しがキツかったんだ。

僕、基本的に日光苦手ですからね。
「大江のドラキュラ」って言われてるくらいですから。

って、言われてないけどね(笑)。

つーわけで、まずは和田副会長がポイントを説明。
photo5734.jpg
もう完全に「釣り人モード」です。

商売人の顔ではありませんでした。
「釣り人」の顔でした。

つーか、和田副会長が日焼けしてる理由が分かったよ(笑)。

ってなわけで、親切にポイントを説明してくれて、さらに仕掛けも作ってくれました。
なんせ僕ら「超初心者」ですからね(笑)。

ってなわけで、まずは到着した付近で釣る事に。
まあまずはお試しですね。

で、サビキ釣り開始!
でも全然釣れねー(笑)。

和田副会長は、イカとか釣ってたんですけどね。
つーか、仕掛けもサビキじゃなくてルアーでしたけどね。

って言うか、本格装備でした。
僕らがザクだとしたら、あちらはジオングって感じ(笑)。

イヤ、でも釣れなくても、エエ時間を過ごしてましたよマジで。
だって、ナカナカこういう景色は見れないでしょ。
photo5735.jpg
photo5736.jpg
タマにはゆっくりと自然を見る事も大事ですよ。

何か普段の毒気が抜けて行くようでした。
って、この前日も朝まで飲んでたじゃねーか(笑)。

イヤ〜、でもこの景色は、作ろうと思っても作れないですよ。
ちなみに井手町商工会青年部チームは…。

完全装備で違うポイントに向かってました。
ちなみに3人で来られてたんですけど…。

一人は置き去りにされてました(笑)。

ってなわけで、景色を楽しみながら釣ってたんですが…。
釣れねーわけですよ。

仕掛けを入れたら、こんなに魚が寄ってくるんですよ。
photo5737.jpg
でも全くかからない。

マジで魚にバカにされてる気分(笑)。

おそらくこういう事を喋ってたんじゃないかと…。
魚A:「オイ、アイツまた懲りずに、エサバラまきに来たよ」
魚B:「こんなのに、今時かかると思ってるのかね、アイツ」
魚C:「でも顔見てみろよ、アイツ。何かバカそうじゃねー?」
魚A:「ホントだ、この暑いのに丸刈りで半袖で釣ってるぜ(笑)」
魚C:「でも、あーいうバカがいるから、オレらメシ喰えるんだぜ」
魚A&B:「それもそーだな、ある意味有り難いよな(笑)」
なんて事を、言われてるんだろな。

ってなわけで、何度チャレンジしても釣れない。
ちなみに周りのみんなも似たようなモンでした。

タマに釣れても、フグとか「ヒレに毒がありまくる」魚ばかり。
つーか、「ばかり」って言うか、数匹(笑)。

しかし、何度もチャレンジしたかいがありまして…。
何か竿に手応えが。

しかも何気に重い。
ってなわけで、引き上げたら…。
photo5738.jpg
石でした…。

マジで石でした…。
みんなからは「サビキの仕掛けで石は奇跡!」って言われました。

褒められてるのか、バカにされてるのか…。
バカにされてるんですけどね(笑)。

え〜い、何故にこの海はオレに恵みを与えネーの。
ってことで、この時点で頂いたのは…。

「伊根町の日光」と「石1個」だけでした(笑)。

ってなわけで、僕はこの時点でさっぱりだったんですけど…。
photo5739.jpg
photo5740.jpg
photo5741.jpg
周りも似たようなモンでした(笑)。

ただダレも石は釣ってなかったな。
そう考えたら、オレってスゴいやん。

って、スゴくねーよ(笑)。

つーわけで、とりあえず大した釣果はなかったんですけど、楽しく過ごしてましたね。
何か無心で釣り糸を垂れるってエエね。

つーか、全然無心じゃなかったですけどね。
「他は釣れなくてエエから、オレだけ釣れろ!」ってなことを思い続けていました。

こういうこと考えてるヤツは大抵、釣れないんですけどね。
でもみんなもあまり釣れてなかったから、同じようなことを考えてたんでしょう(笑)。

ってなわけで、とりあえず午後1時になったので…。
昼メシを食べる事に。

ココでの昼メシも、スゴかった。
最初は「釣れたてのアジを喰おうぜ」とか言ってたんですけどね。

ダレもそんなモノは釣ってませんでした(笑)。

正直「コレで昼メシがトンカツとかだったら、悲し過ぎるな」って思ってましたからね。
何で漁港まで来て、トンカツを…ってなもんですよ。

まっ、トンカツにビールがあれば、僕的には満足ですけどね(笑)。

そういえば、トイレに行く途中、漁港のオッチャンが「超デカイ、イカ」を運んでましたね。
船に乗れば、あーいうのが釣れるのかな〜。

まあこの日の体調で船に乗ったら…。
「天然の撒き餌」を海にバラまくことになってただろうな。

つまり「ゲ○を吐く」ってことです。
おそらく、ゴルフチームも何人かまき散らしてるぜ。

ゴルフコースで(笑)。

ってなわけで、昼メシの様子はまた後ほど…。
つーか、マジでどこまで続くねんこのシリーズ!

でも僕的には、かなり楽しんで書いてます。
こういう「ダレやねん」ってくらいの身内ネタ大好きなんですよ(笑)。

ってなわけで、次回は…。
「驚愕!漁港めし」ですね。

詳しい事は見てのお楽しみ。

楽しみにしてる人、いるか知らんけど(笑)。

banner_02.gif
↑「ココまでの長期シリーズは久しぶりですね、でも飽きて来ました」って思う方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/2361