2007年10月 7日

なんでも揚げてまえ!

ってなわけで、今日は疲れた〜。

真面目に仕事すると疲れる!
つーか、普段真面目に仕事してないみたいだな(笑)。

ってなわけで、今日の出来事はまた後日…。
つーわけで、とりあえず…。

10月3日「水曜日」の日替り定食を紹介したいと思います。
ずれてるね〜、現実時間と(笑)。

まあ気にしない気にしない。
本人が全く気にしてないし(笑)。

ってなわけで、この日の日替りはコチラ!
photo5825.jpg
「フライ三種盛り・チンジャオロース・ナスの煮付け・ご飯・味噌汁・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、マジで…。
こりゃビールだろ!って中身やん(笑)。

でもこの日は当たりかな。
って、こーいう言う方すると「ハズレ」があるみたいやん。

で、ないのかと言われますと…。
まあコメントはしません(笑)。

自分らで「今日はハズレやな〜」とか言えないでしょ。
常に、当たりだと思って作ってますから。

でも好き嫌いもありますからね。
魚嫌いな人が、魚メインの日替り喰ったら「ハズレ」やろしね。

今日なんか揚げ物嫌いな人からしたら、拷問みたいやねある意味。
まっ、揚げ物嫌いな人は、この日替りは頼まないと思うけど(笑)。

ってなわけで、メニュー解説を。
まずは「フライ三種盛り」から。
photo5826.jpg
この日のフライは…。

「鶏の甘味噌挟み」「フグ(さんきゅう)」「万願寺唐辛子」でした。
しかし万願寺使い倒してるね、オレら(笑)。

イヤ、でも万願寺唐辛子のフライウマいんですよ。
肉厚の身が、フライにするとエエ感じ。

またビールに合うんだコレが。
ってなわけで、鶏肉は切れ目を入れて広げて「甘味噌」を中に挟みます。

甘味噌は「味噌・砂糖・味醂」を使用して作っていますね。
細かい味付けは知りません(笑)。

まあ「甘め」に味付けをすると。
全然説明になってねー(笑)。

でも鶏肉と甘味噌があうんですよ。
またフライにすると、味噌が熱くなってエエ感じになるんですよ。

鶏肉にかぶりつくと、味噌が飛び出してくるって感じでね。
淡白な鶏肉に良く合うんですよ。

で、この他に揚げたのが「フグ」ですね。
この地方で「さんきゅう」って呼ばれている魚です。

正直、コイツが安い!
でも安い割にはウマいんですよ。

天ぷらにしてもウマいですね。
後は、醤油や味醂のタレに漬け込んで焼いても、ナカナカにウマいですね。

ただ捌くの結構メンドイです(笑)。

ってなわけで、これらと万願寺唐辛子をフライにしました。
基本的に、味付けは軽く塩こしょう。

その後に、小麦粉・衣・パン粉をつけて準備完了。
photo5827.jpg
で、後はお客さんが来たら揚げるだけなんですが…。

それぞれ、揚がるまでの時間が違うんですよ。
だから、時間差を付けて、油に放り込みました。

「鶏肉→さんきゅう→万願寺唐辛子」って感じですね。
なるべく揚げたて出来立てを食べて欲しいですからね。

で、そのためには、どの具材もほぼ同時に揚がる様にしたいわけですよ。
ってなわけで、ちょっとは考えてますよ僕だって(笑)。

つーわけで、この日の付け合わせは「レタス・キャベツ・キュウリ」そして「ナシ」でした。
ちょいと、フライ物が多かったので、デザートっぽい感じでナシをつけてみました。

タマに喰うとナシもウマいですよね。
つーわけで、コレでフライ三種盛りの説明は終了。

何を説明したのか、自分でも分かってねーけど(笑)。

ってなわけで、次のメニューは…。
photo5828.jpg
「チンジャオロース」ですね。

ってなわけで、普段ウチのお店でチンジャオロースを作る時は「牛肉」を使います。
でも、この日は「豚肉」を使ったんですよ。

実は宮木家は「チンジャオロースは牛肉を使うもの」って思ってたんですよね。
でも調べてみたら、どうも「青椒肉絲(チンジャオロース)は豚肉が多い」みたいなんですよね。

牛肉を使った場合は「青椒牛肉絲(チンジャオニウロースー)って言うらしんですよね。
今まで間違えて、覚えてたのかオレ(笑)。

でも結構いると思うんですけどね、日本には。
「青椒肉絲=牛肉」って思っている人。

まあ牛でも豚でもウマいからエエけど(笑)。

ってなわけで、まずは豚肉を細切りにします。
そして、万願寺唐辛子とタケノコも細切りにします。

ちなみに豚肉には片栗粉をまぶしてから炒めます。
photo5829.jpg
ってなわけで、まずは油をフライパンに入れて熱します。

そこに豚肉を投入。
とにかくガンガン強火で炒めます。

そして、そこに万願寺とタケノコを投入。
ここで軽く塩こしょう。

そして、ある程度火が通って来たら合わせ調味料を入れて炒めます。
全体に火が通ったら完成。

強火で手際良く作るのがコツ。
中華は火が命です。

って、オレがエラそうに言うなって話(笑)。

ビールにも合いますけど、白飯にも合うんですよね。
ご飯に乗っけて喰うと、何気にウマい。

また味が染みたご飯も結構ツマミになる。
って、結局ビールに合うか、合わんかかオメーは(笑)。

つーわけで、メインメニューの説明は終了。
続いては小鉢!

この日の小鉢は…。
photo5830.jpg
「ナスの煮付け」ですね。

何故にこのメニューになったかと言いますと…。
ウチの畑に、ナスが死ぬほど出来てるから(笑)。

イヤ、でもこの季節のナスはウマいですよ。
焼いてもウマいですけど、煮てもウマいんですよね。

いろんな具材と一緒に煮てもウマいけど、ナスだけで煮てもウマい。
またメシに合うんだなコイツが。

ご飯に乗せて、ちょいと煮汁をかけると…。
ガツガツご飯が喰えます。

まあ僕はビールですけどね(笑)。

ってなわけで、何気にココ数日忙しかったので、結構テキトーな解説になっています。
つーか、いつもこんなモンか(笑)。

ってなわけで、この日の営業は…。
まあ普通でしたかね。

ヒマではなく、忙しくも無くって感じですかね。
ってなわけで、お客様がいなくなったところで…。

お楽しみの昼食タイム。
ってなわけで、この日の昼メシはもちろん…。

フライ祭りじゃい!(笑)

ってなわけで、完成したこの日のまかないがコチラ。
photo5831.jpg
「フライ三種盛り・チンジャオロース」そして、冷えたビールとグラス。

ってなわけで、やっぱり揚げたてのフライとビール最高!
鶏もふぐも万願寺もウマかったです。

やはり料理には温度も大事ですね、
ってなわけで…。

何気に疲れて眠たくなって来たので、コレで終了!

なんて半端な記事だ(笑)。


banner_02.gif
↑「何故に忙しい前日に飲むの?」って突っ込みたい方はクリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/2388