2007年10月25日

天ぷら揚げて、アレ焼いて

ってなわけで、何気に料理のこと書いてませんでしたね。

一応オレの職業、飲食店(笑)。

ってなわけで、とりあえず今週「火曜日」の日替り定食を紹介したいと思います。
つーわけで、変な前置きはナシで…。

早速どうぞ!
photo5973.jpg
「天ぷら盛り合わせ・焼き万願寺・春雨の和え物・ご飯・味噌汁・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、この日もどっちかと言うと和よりかな。
天ぷらに万願寺唐辛子…。

つーか、ホントに使い倒してるね、万願寺(笑)。

ってなわけで、メニュー解説を。
まずは「天ぷら盛り合わせ」から。
photo5974.jpg
イイですね〜、揚げたての天ぷら。

ビールが飲みたくなりますよね〜。
って、ホントそればかりですね僕は(笑)。

でも何気に「天ぷら屋」って行った記憶がないんですよね。
回らない寿司屋より、なんか敷居が高い気がするんですよ。

「お座敷天ぷら」って言葉があるように、なんか僕らみたいなのが行きづらい感じ。
貫禄のある、お偉いさんが行くようなイメージですね。

まあそう思ってるのは、僕だけなのかもしれないけど(笑)。

ってなわけで、具材を紹介しますしょう。
この日使用したのがコチラ。
photo5975.jpg
「エビ・カボチャ・サツマイモ・なんかよく分からん豆・ナス」ですね。

イヤ〜、エビまでついて600円。
お得ですね〜。

って、自分で言うなって(笑)。

で、豆なんですけど…。
近所のオバちゃんから貰ったんですよね。

「ウチにあっても、食べへんから」って感じに。
つーか、食わないものを何故に作る?(笑)。

まっ、でもコチラとしても有り難いことです。
で、なんか長ーい豆だったんですよ。

貰うときに名前を聞いたらしいんですけど…。
みんな忘れてた(笑)。

ってなわけで、「なんか良くワカラン豆」ですね。
ちゃんと、味見はしてみたんで大丈夫です。

基本的には三度豆と似た感じ。
結構ウマかったですよ。

ってなわけで、カボチャとエビは買って来たモノですけど…。
サツマイモとナスは自家製。

やっぱり秋はナスですね。
嫁に食わすなって言葉があるけど、オレだったらガンガン食わすけどね。

ただ、嫁がいねーんだ(笑)。

まっ、言葉も「意地悪」ってよりは「体を冷すから」って意味合いの方が大きいらしいですけどね。
ってなわけで、後はお客さんが来たら揚げるだけ。

天ぷらを美味しく食べてもらうコツは…。
熱々を出すことでしょうね。

それにつきますよ、マジで。
で、メシに合せて食う時は、塩じゃなくて天つゆ。

ドップリ浸して、ガブッと食う。
そして、メシをドカッと口に入れる。

これぞ「口中天丼」ですね。
って、そんな言葉ねーけど(笑)。

つーわけで、天ぷらの説明はコレで終了!
何を説明したのか全然ワカランけど(笑)。

さて続いては…。
photo5976.jpg
「焼き万願寺」ですね。

まだまだ使いますよ、ウチでは(笑)。

で、何気に「炒め煮」ばかり出してたので…。
この日はストレートに焼くことに。

焼きたての万願寺はウマいんですよね。
マジでビールが飲みたくなる味。

肉厚の万願寺をザクッと食べて…。
ウン、やっぱりメシよりビール(笑)。

ってなわけで、今年最後の万願寺唐辛子ですね。
photo5977.jpg
ウチでは「ちょっと先が曲がった」ような万願寺を仕入れてるんですよ。

流通には流せないけど、味は同じですからね。
なにより、普通の万願寺より安いし(笑)。

焼いたのもウマいけど、フライがまたウマいんですよね。
ビール飲むなら、フライが一番イイかも。

天ぷらもウマいけど、やっぱりフライだな。
って、ビールに合わすことばかり考えるな(笑)。

つーわけで、この日のメインメニューの説明は終了。
って、説明になってないけどね(笑)。

ちなみに万願寺唐辛子は、お客さんの注文を受けてから焼きました。
やっぱり熱々の方がウマいですからね。

で、ボーッとしてて、ちょっと火傷しました(笑)。

ってなわけで、続いては小鉢の紹介ですね。
この日の小鉢がコチラ。
photo5978.jpg
「春雨の和え物」ですね。

え〜と、まずは春雨を茹でておきます。
そして、茹で上がったら冷水で冷して…。

テキトーな大きさに切っておきます。
で、キュウリは輪切りにして、塩揉み。

その間に、合わせ調味料を作ります。
基本的な味付けは酢と砂糖。

で、そのまま「酢の物」って感じにしても良かったんですけど…。
「確か先週の火曜日も、キュウリとタコの酢の物だったよな」って記憶がよぎったんですよ。

だから、ちょいと味付けを変えることに。
え〜と、まずは少量の薄口醤油。

そして、サラダ油をこれまた少々。
で、ここにラー油を少々。

ってな感じで、少し「中華風」って感じにしました。
ただ「食べて中華風」って感じるような味付けではなくて、隠し味的に入れました。

で、合わせ調味料が出来たら、そこに具材を投入。
この日は春雨とキュウリとタコとハムを使いました。

そして、全体を混ぜて少し、冷蔵庫で味を馴染ませました。
で、最後の仕上げに、白ごまを入れて完成。
photo5979.jpg
色んな具材の食感が楽しめる、一品ですね。

ってなわけで、この日のメニューはこんな感じでした。
で、営業の方は…。

ボチボチって言うか…。
ちょっとヒマだったかな。

う〜ん、今週はちょっとヒマが続いてるな〜。
まあ僕個人的には、やることがかなりあるんですけどね(笑)。

後、ちょっと悩みがちですしね。
まあそれでも、人間腹も減りゃビールも飲みたくなる。

ってことで、昼メシ。
天ぷらとくれば…。

アレしか無いでしょ、組み合わせるのは。
ってことで、この日のワタクシのまかないがコチラ。
photo5980.jpg
「ざるそば・天ぷら盛り合わせ・春雨の和え物」そして、冷えたビールとグラス。

ってなわけで、やはり天ぷらにはそばですよ。
で、この日は「キス天」がメイン。

つーか、何気にゼイタクな昼メシ食ってますねコイツ(笑)。

で、キスと一緒に並べてあるのが…。
「万願寺のひき肉詰め」ですね。

朝の弁当の残り(笑)。

でもね、コレもウマかった。
肉厚な万願寺とひき肉がエエ感じ。

かんだら肉汁が飛び出してきましたよ。
で、またビールに合うんだそいつが。

で、キスは言うまでもなく、ウマいです。
もちろんビールに最高に合います。

マジで、いつも「3本は飲みたいな」って思ってますからね(笑)。

で、またビールを飲み干した後に食うそばがウマいんだ。
「みんなオレと一緒に昼メシ食おうぜ!」って言いたくなる感じ。

でも基本的には、独り者。
つーか、応用しても独り者。

って、書いてて段々寂しくなって来たぞ。

だから、夜飲むんだ(笑)。

banner_02.gif
↑「亀田史郎は、父親と言うより兄貴みたいだ」って思う方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/2455