2007年10月26日

豆腐以外に入れるもの

ってなわけで、何気に寒くなってきましたね。

まあそれでも、作務衣の下は半袖なんですけどね僕(笑)。

厨房に居たら、やっぱり結構な温度なんですよ。
って、ちょっとは仕事してることをアピール(笑)。

つーわけで、とりあえず水曜日の晩メシでも紹介しようかと思います。
この日は母がいなかったので、父と僕の2人で晩メシ。

バアちゃんはとてつもなく早い時間に晩メシを食って寝るのでね(笑)。

で、とにかく晩メシ作るの面倒だったんですよ。
こーいうところは、男ですねオレら(笑)。

普段料理作ってて、家でも作るのかよ!
なんて思うわけですよ。

ってなわけで、こう言う時の必殺技。
つーわけで、この日の晩メシがコチラ。
photo5995.jpg
「鍋」ですね。

って、鍋は分かるけど、内容がワカランかこれじゃ(笑)。

え〜と、この日のメインはコレ。
photo5996.jpg
「豆腐」ですね。

そう、この日は「湯豆腐を食べよう」ってことになったんですよ。
楽だし、自分のペースで食えるしね。

母がいたらボコボコと材料入れられるんですけどね(笑)。

やっぱり寒くなると、鍋料理ですよね。
大阪時代は、ひたすら鍋食ってた気がする。

なんか入れときゃ、それなりに食えるしね。
もちろん買い出しは、近所の激安スーパー。

ただし、その日のうちに食い切らないと…。
いい匂いが出てくる具材だらけでした(笑)。

ってなわけで、豆腐以外の材料がコチラ。
photo5997.jpg
「白菜・エノキ・シメジ・エリンギ」ですね。

やっぱり鍋に白菜は欠かせませんよね。
つーか、湯豆腐ってより「寄せ鍋」だなコリャ(笑)。

海原雄山センセなら、こんな湯豆腐絶対に許さないだろうな。
ちなみに雄山センセが好きなのはこんな湯豆腐です。

こんなの日常的に食える人間、居るのか?
手を2つ叩いただけで、コレが用意出来るのがスゴいよねマジで。

ってなわけで、雄山センセの湯豆腐とは対極的な湯豆腐が宮木家豆腐。
さらに、他の材料が…。
photo5998.jpg
「鶏肉」です。

パックから出すの面倒だったので、そのままテーブルへ。
おそらく、雄山センセなら「タワケ」って言うでしょうね(笑)。

でもナカナカこれがウマかったんですよ。
ホントは豚肉を使いたかったんですけどね。

無かったので鶏肉にしました。
で、この他にも材料が…。
photo5999.jpg
「牛肉」ですね。

ウン、雄山センセなら「出て行け!」とか言うでしょうね(笑)。

なんか冷蔵庫にあったので、持って帰ってきました。
で、鍋に入れたら…。

アクがドンドン出て来て困った(笑)。

牛肉って鍋にはあまり向いてないかもしれませんね。
やっぱり豚か鶏がエエかな。

つーか、ゴチャゴチャ湯豆腐に入れるな!って雄山センセなら言うだろうね(笑)。

ちなみにバアちゃんが居る場合は、ココにうどんを入れたりします。
しかもかなり早い時間帯に(笑)。

まっ、でも鍋で煮たうどんウマいですよおね。
何気にエエツマミになるんですよ。

ってなわけで、湯豆腐(みたいなモン)を食べながら、ビールを飲んでました。
あっ、そうそう、この日はさらに「サラダ」があったんですよ。

それがコチラ。
photo6000.jpg
「男のサラダ、ゴマドレッシング」ですね。

ハイ、日本で一番寂しいサラダです。
つーか、コレをサラダと言っていいのか…(笑)。

昼間の営業何気にヒマだったんですよ。
で、用意しておいたキャベツやキュウリがあまったんですよね。

それを一つにもって、ドレッシングかけました。
ただそれだけのメニュー(笑)。

でもコレが何気にウマかったんですよ。
体が野菜を欲してたんでしょうね。

普段ビールばっかり飲んでるから(笑)。

ってなわけで「こんなモノ紹介してエエのか」って晩メシでしたね。
まあタマにはエエかなと。

料理人だからって、毎日刺身食ったりはしてません(笑)。

ってなわけで、この日も何気に深酒。
ホントに懲りないですね。

でも湯豆腐を食べるなら…。

雄山センセより僕らの方が気楽に食えますよ(笑)。

banner_02.gif
↑「雄山豆腐食ってみたい」って思う方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/2462