2008年3月 8日

メシに合う洋食メニュー

よし、もう今週も終わりだ。

だから、早いとこ先週の事を書こう。
つーか、2月の事を書き終えよう(笑)

そういえば、みんなから散々「長いねん、このブログ」って言われたので…。
滅多にしないが、読み返してみた。

長い。
意味の無い文章が多すぎる。

でも今更、書き方を変える気はさらさらない。
ハイ、結論が出ましたね。

ガマンして、読んで下さい(笑)。

まあ僕は思うがままに、打ち込んでいるだけなんですが…。
結構読んでいる人は隅々まで読んでるんだなと思います。

この駄文を(笑)。

まあでも何でも続けてみるもんだなって、思ってますね。
ってなわけで、時間を…。

2月29日に戻しましょう。
う〜ん、今年はうるう年。

そういえば、オリンピックだな。
カバディーってまだ正式種目でしたっけ?

まっ、どーでもエエんですけどね(笑)。

ってなわけで、この日は「金曜日」でした。
つーわけで、この日の日替り定食を紹介しましょう。

僕の本業は一応、飲食業ですので(笑)。

ってなわけで、この日の日替りがコチラ!
photo7180.jpg
祇園の飲み屋で…。

って、写真間違えた(笑)。

ハイ、タマにはこんなネタ〜。
ってなわけで、ホントの日替りがコチラ。
photo7187.jpg
「煮込みハンバーグ・白菜の卵とじ・ご飯・味噌汁・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、まだイマイチ画質がな〜。
まあコンパクトだから、こんなモノなのかな〜。

って、EOS 40Dと比べちゃうんですよね。
まあでもコンパクトはコンパクトで使い勝手エエですよね。

どこにでも気楽に持って行けるしね。
なんてこと言いながら、キャバクラに一眼レフを持ち込んだりしています(笑)。

ってなわけで、メニュー解説を。
まずはメインのお皿から。
photo7188.jpg
煮込みハンバーグですね。

メシに合う洋食としては、1位2位を争うと思いますね。
ハイ、いつも通りテキトーな発言(笑)。

でもホント、ハンバーグはメシと味噌汁に合いますよね。
レトルトのハンバーグも結構好きだったな〜。

ミートボールとかも。
後、何かでかいヒゲのオッサンが「大きくなれよ」とか言ってたコマーシャル覚えてるな〜。

って、また本題から逸れてる(笑)。

ハイ、ハンバーグは「牛と豚」の合挽ミンチを使用。
ミスター味っ子では「7対3」の割合が最高とされています。

スーパーくいしん坊でもそんな事言っていた様な…。
アレは、料理本を買わないかって話から始まってたよな〜。

その本の中に、「7対3」って書いてあったので…。
主人公の香介が「6対4にする」って内容だったかな。

どーでもエエねん(笑)。

ってなわけで、合挽ミンチにタマネギのみじん切り。
コレは生のまま混ぜます。

で、玉子とパン粉。
後は、塩こしょうで味付けをして、練ります。

粘りが出るまで練ります。
そして、形を作って焼きます。

で、この日はいつもより「大きめ」に作ったんですよ。
100gのところを120gにして作りました。

何でかは、父に聞いて下さい。
作ったの父なんで(笑)。

で、強火で表面を焼き、準備完了。
後は、ソースで煮込むだけ。

「挽肉」と「タマネギ」を塩こしょうで炒めて…。
そこに適量の水を投入。

後は、ケチャップやウスターソースで味付け。
ココでローリエを入れるのをお忘れなく。

で、他にも何か入れてたのかもしれんけど…。
父に聞いてね(笑)。

ってなわけで「簡単ドミグラスソース」完成。
ドミグラスとデミグラス…、どちらが正しいんでしょうね。

まあマスカラスとドスカラスみたいなモンですかね。
って、プロレスラーやん(笑)。

ハイ、受け流して下さい。
こういうのに絡むとキリが無いので(笑)。

ってなわけで、ハンバーグを入れて煮込みます。
またソースにハンバーグの旨味も染み出るんですよね〜。

ハンバーグにはソースの味が染み込むしね。
う〜ん、ビール飲みたい。

ホントに病気ですね(笑)。

ってなわけで、付け合わせは「キャベツ・トマト・キュウリ」ですね。
キュウリ高いんですよ、最近。

って、何のアピールやねん(笑)。

で、さらに…。
「簡単ペペロンチーノ」ですね。

まずスパゲティーを半分に折って茹でます。
で、後は簡単。

だから、簡単ペペロンチーノ(笑)。

ニンニクと赤トウガラシの輪切りを用意しておきます。
まずフライパンにオリーブオイルを入れて…。

そこにニンニクと赤トウガラシを入れます。
そして、点火。

油が温まってから、入れると焦げます。
何回も焦がしてきましたから、説得力あると思いますよ(笑)。

で、香りが出て来た所で、スパゲティーを投入。
そして、塩こしょうで味付け。

で、スパゲティーの茹で汁を入れて…。
後は強火で一気に炒めます。

後はお皿に盛りつけて完成。
一気に人数分作っておいたら楽なんですけど…。

やはり作り立てがウマいので、注文が通ってから作りました。
さすがにスパゲティーは茹でておきましたけどね、先に(笑)。

で、コレだけ食べてもウマいんですが…。
ハンバーグのソースを絡めてもまたウマい。

メシとスパゲティーで炭水化物定食(笑)。

イヤイヤ、添えモンですから。
あっ、今度は目玉焼きにしようかな。

ハンバーグに目玉焼きってなんかウレシくなりますよね。
それなら、炭水化物定食にならんし(笑)。

でもハンバーグにスパゲティー合うんですよ。
まあスパゲティーでメシは喰おうとは思わんけど(笑)。

ってなわけで、これにてメインメニューの解説は終了!
ウン、いつも通りだったね(笑)。

ってなわけで、残るは小鉢。
え〜と、この日の小鉢がコチラ。
photo7189.jpg
「白菜の卵とじ」ですね。

…確か、この週…白菜の煮付け…火曜日に出してませんでしたかね?
なんて事は聞かないように(笑)。

アレは、「玉子落とし」ですから。
具材も「牛肉とかと煮たんでね。

イヤ…白菜が…冷蔵庫に…ヒッソリと…。
ってなわけで、気にしない気にしない(笑)。

でも一人暮らしだと、白菜って持て余す時ありますよね。
ツレと鍋なんかしたら…。

「コレどないすんねん?」って白菜が冷蔵庫にどーんと。
で、結局また鍋をすることに。

そして、白菜が足らなくなって買いに行って…。
また冷蔵庫に鎮座。

「男鍋、白菜連鎖」と僕は言っています(笑)。

まっ、でも出汁で煮ると白菜はウマいよね〜。
特に最近野菜がウマいと思えるようになってきた。

歳だなコリャ(笑)。

ってなわけで「白菜・人参・チクワ・エリンギ」を一緒に煮ました。
味付けは「出汁(昆布とカツオ)・砂糖・味醂・濃口醤油」ですね。

で、煮えたら、最後に溶き卵を流し入れて…。
完成ですね。

玉子もそのまま落とすのと、溶き卵にするのでは味わいが変わりますよね。
固め方でも変わるしね。

まっ、そこらへんはお好みで…。
テキトーに(笑)。

ってなわけで、出汁をタップリ含んだ白菜が、またメシに合います。
ハンバーグと一緒にコレを出すのが、ウチっぽい(笑)。

ってなわけで、この日の営業は…。
やはりボチボチとしか言いようが無いですね(笑)。

ってなわけで、お楽しみの昼食タイム。
もちろんハンバーグ喰います。

そしてスパゲティー炒めます。
でもご飯はいらないです。

人にはその組み合わせで出しといて(笑)。

イヤイヤ、やはりハンバーグに一番合うのは…。
アレですからね。

ってなわけで、この日のワタクシのまかないがコチラ。
photo7190.jpg
「煮込みハンバーグ・水菜とツナのマヨネーズ和え・エビとターサイの炒め物」そして、冷えたビールとグラス。

ってなわけで、やはりコレですね。
ビールにはハンバーグですよ。

あっ、逆だ、素で間違えた(笑)。

で、またペペロンチーノ(みたいなモン)が合うんだな、ビールに。
もう全ての基準が「ビールに合うか」ですよ、僕は(笑)。

何気にスパゲティーでビール飲むの好きなんですよね。
まあ何も無くても、ビールがあればエエんですけどねオレは(笑)。

ってなわけで、この日も満足な昼メシ。
しかし最初が、あの飲み屋の写真…。

ちょっと清涼剤が欲しいね。
ってことで、ドン!
photo7191.jpg
イヤ〜、何とも言えん寝顔やね。

ブサカワイいって感じかな(笑)。

どんな顔でも許されるね。
まあ妹からしたら…。

もうちょっとカワイいのを載せてくれって思うかもしれんけど(笑)。

banner_02.gif
↑「洋食は日本の偉大な文化や!」って思う方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/2991