2008年7月 2日

京都一味が全国へ!

え〜と、とりあえず昨日は「逃亡するねん!」ってことで携帯放棄。

しかしソレで許されるはずも無く…。
ハイ、追いつめられています(笑)。

まあでも楽しいですよ。
「これまでにやった事が無い事」ってチャレンジするのワクワクしますやん。

しかも、会場が京都競馬場ですよ。
あのディープインパクとが三冠を達成した場所ですよ。

ってなわけで、とにかく今はそう言う事に全力投球ですね。
なんて言いながら、脱走するからねコイツ(笑)。

ってなわけで、昨日サウザー(塩貝会長)と話してたんですが…。
「どこかに視察にいけないか」って話が出ました。

全国各地に商工会青年部はあります。
そして活動内容も多種多様です。

で、僕ら自身が刺激を受けて、勉強し…。
さらに、いろんな人と交流を深め、そして京都自身の絆も深く出来る。

来年春の新事業実施に向けて、是非どこかに視察に行きたいとの事。
ウン、確かに争考えたら必要かなと。

ってなわけで、サウザーから「情報特派員ネットワークを使って、探せ」とのご命令が。
「ハイ、バベル様」ってなもんですよ、ワタクシの答えは(笑)。

ってなわけで、特派員のメーリングリストを使用して「どこかエエとこ無いですか〜」って感じでメールを送信。
イヤ、もちろんそんなテキトーな内容じゃないですけどね(笑)。

ってなわけで、早速返事がありました!
鳥取県商工会青年部連合会の吉田さんからのメール。

つーか、名前出してもエエのかな?
まあエエか(笑)。

ってなわけで、鳥取県商工会青年部連合会では「鳥取若旦那商店街」というシステムを作られています。
2008070204.jpg
簡単にいえば、県青連のホームページで青年部の事業所を紹介しているってことです。

しかしただ単に紹介しているだけではありません。
エリア別・業種別にすぐに情報が得られるようになっています。

広告を出すのも、イベントを告知する等の更新作業も簡単に行えるようになっているみたいです。
う〜ん、確かにこういう紹介ページがあれば「連合会」って組織の意味も出てきますよね。

事業所紹介か〜。
こういうのは単会でも必要だし、連合会でも必要だな〜。

「自社サイトを持っている」所でもさらなる発展が見込めますしね。
よくよく考えてみれば、商工会青年部って「異種業者」の集まりなんですよね。

まあそりゃ全部「異種」ってわけではないですけどね。
でもかなり多岐にわたってるわけですよ。

で、各地域の事業所情報や名所情報を集めて、サイトで見れるようにしたら…。
かなりの情報量になると思うんですよね。

そういう意味では、鳥取県商工会青年部連合会の取り組み参考になりますね。
ってなわけで、京都からもそれほど遠くありません。

サウザー様、まずは第1候補ですぞ(笑)。

ってなわけで、マジで視察には行こうと考えていますので…。
このグータらブログをご覧の皆様…。

「ウチに来いよ!」ってのがあれば、ご一報下さい。

ってか、このブログって見てる人の何%が…。

青年部関係者なんやろ(笑)。

banner_02.gif
↑「飲みに行くんじゃないよね?」って突っ込みたい方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/3208