2008年9月 2日

ネチネチグダグダ嫌みタイム

ハ〜イ、ってなわけでちょいとメシネタじゃない事でも書きましょう。

宮木猛の「ネチネチグチグチ」嫌みタイムで〜す(笑)。

え〜と、今現在大江町河守で行なわれている区画整理事業。
それもだいぶ進んできました。

で、「どういう事業なのか」「どういう取り組みをして来たか」などなど、イロイロ書かれたパンフレットみたいな物が配布されました。
2008090201.jpg
ハイ、思いっきりウチの前が写ってますね〜(笑)。

まっ、ここら辺は国道も改修されて、見晴らしも変わったしね。
ココを使うのが、一番この事業の成果を分かってもらいやすいって判断したのかな。

で、まあ中にはイロイロ書いてあるんですよ。
「水に強いまち」とか「浸水被害の解消を図りました」とかね。

まあ良く今の状態で、ウチにそんなこと書き綴ったパンフレット持って来たなと思うね(笑)。

水にも強くなってねーし、あれから結局何も言ってこねーし…。
素晴らしいぞ!福知山市役所(笑)。

で、まあウチの後ろの土地はもともと畑だったんだけど…。
埋め立てて、宅地造成されたわけですよ。

まっ、後は「買い手」が現れるのを待つだけですな。
しかしですね、あんなに水がドボドボ流れて来る所が売れるのかって話(笑)。

まあ京都府(中丹西土木事務所)の方は、具体的な方策を打ち出して来てくれました。
保障問題についても、積極的なお話を。

えっ?福知山市役所?都市整備課?
あ〜、ICレコーダで聞き直して、レコーダへし折りそうになりましたよ(笑)。

素晴らしい課長です。
話になりません(笑)。

まあしかし、「合併により周辺地」となり…。
「台風被害により、水の恐れがあるのが分かった」わけで…。

「排水の整備が不十分で、一定の雨が降ったら浸水する」ところなのに…。
ビックリするような値段で、保留地を買えと。

まあ「価値が上がるのが区画整理」なのは理解していますが…。
この事業が進む事によって、どんな価値が上がったんだろう?って思わざるを得ませんね今の所は。

まあ完成してないので、現時点ですべてを判断出来るわけでもないですけどね。
しかしホントに…ハァ〜。

どこぞのお方は「完成したらこういう事(ウチの床上浸水)は無いようにと計画されていたはずなんです」なんて言った後…。
「ただそこに至るまでの過渡期に対しての計画や認識が…」みたいに言うわけですよ。

お〜い、おーい。
こんなに施行時期も、完成時期も分かってたやん。

数年かかる事業やねん。
それでその間の事を考えてなかったの?

マラソンスタートしたら、ゴール出来ると考えてるの?
どういうペースで、どう水分補給してとか考えないと完走出来ないのよ。

何も考えずに、走ってたの?
素晴らしい会話が僕のICレコーダに。

課長さんスゴいです。
何気にスゴい発言連発してました(笑)。

う〜ん、合併して担当地域が広がったのはまあ分かりますが…。
「そういうの対処するために合併協議会」はあったんじゃないんですか?

まあ僕は合併には反対していましたけどね。
「こういう事」が起こるだろうと思っていましたから。

合併により広大なエリアとなる地域を、すぐに職員が理解出来ないであろうとは思ってたんですよ。
それらの弊害を少なくするために、合併協議会やその部会でイロイロ話し合って来た。

まあこういうのが話ですわね、行政側の。
まあ何も出来てなかったなってことが良く分かります(笑)。

で、支所にも何の権限も与えてないから…。
ハイ、この通り(笑)。

ちなみに都市整備課の課長さん。
「私は石原の方を担当していまして、コチラの担当は○○に…」なんて言ってたけど…。

決裁権はアナタでしょ?
ってか、自分が実際に担当している所がどーだか知らんけど…。

責任ある役職についてるんだから、課で担当している事業については知っておかないといけないでしょ。
コチラを担当している職員が動きたくても、結局はアナタのOKが必要なんですから。

ってか、どういう事になっているか、知らんかったって言うのが信じられんね。
あらゆる意味で、スゴいし素晴らしいですよ。

休みはキッチリと消化されるしね(笑)。

ってなわけで、このパンフレット。
実際に雨に強いのかどーか…。

ワタクシが撮影した写真に差し替えましょう。
2008090202.jpg
雨が降るとこんな事になっちゃいます。

う〜ん、素晴らしい出来映えだ。

ハイ、宮木猛嫌みの時間でした(笑)。

banner_02.gif
↑「まあ事実ですからね」って思った方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/3348