2008年10月12日

日替り弁当「10月11日」

は〜い、日曜日だけど...。

今日も頑張って仕事してます。
タマにはね(笑)。

ってなわけで、今日は昨日までに比べたら気温下がりましたね。
まあ年中半袖のオレにはあまり関係ないと言えば、関係ないけど(笑)。

つーわけで、気がついたらこのブログもかなり現実時間に近づいてきました。
追いついたら...。

ウン、どーでもエエことをグダグダに書きまくりますよ(笑)。

ってなわけで、もう少しで追いつくので追いつく努力をしましょう。
まあ大した努力じゃないけど(笑)。

ってなわけで、昨日もいつものように起床。
最近、朝起きたときのダルさが深刻だ。

ちなみに「ダルい」ってのは体がシンドイ状態のことです。
決して「ダルビッシュ」みたいになっているわけでは無いです。

ってか、なれるならなってみたいわい(笑)。

つーわけで、毎度の朝メシ「目玉焼き丼」を喰う。
そして、カルピスソーダを飲む(笑)。

その後、日替り弁当作り。
この日は昼にお座敷があったので、父はそちらに専念。

ってなわけで、僕がコチラのお弁当を担当。
つーわけで、完成したのがコチラ。
2008101010.jpg
「串カツ・肉野菜炒め・大根と鶏肉の煮物・ほうれん草のゴマ和え・ご飯・昆布の佃煮」で、500円でございます。

ってなわけで、ワタクシも大好物な串カツ。
今度時間を見つけてまた喰いに行きたいなと、新世界へ。

福知山市にも、あるんですけどね。
いつもマンガ買いに行くお店の前にあるんですよね。

行ったことは無いんですけどね。
新世界っぽい雰囲気って感じのお店。

でも「っぽい」ところに行くんだったら...。
新世界行っちゃおうよってのがオレの考え(笑)。

ってなわけで、時間と「金」を都合つけてまた行こうと。
もちろん一人で(笑)。

つーわけで、メインは串カツ。
具材は「豚肉とタマネギ」ですな。

まあ大阪では「牛肉」ですけどね。
そういえば、初めて新世界で串カツ喰ったときも...。

「ウマい」って思ったんですよ。
でも「コレなんの肉やろ?」って正直思いました。

「何の肉」ってよりは...。
「どの部分やろ?」って思ったんですけどね(笑)。

まあ牛肉もうまいですけど、豚でもウマいです。
僕は美味しんぼの大原社主や嶺山社長みたいに言い争いはしません(笑)。

何気にあの二人の争いはスゴいよな。
日本有数の新聞社を巻き込むんだから。

そう意味では、山岡さんと雄山センセもスゴい(笑)。

ってなわけで、どーでもエエ話が続きましたね。
つーわけで、串カツはウマいと。

どんな結論や(笑)。

で、左上が「肉野菜炒め」ですね。
牛肉に片栗粉をまぶしてから炒めてます。

ただ、何か見た目がよろしく無い感じやね(笑)。

え〜と、材料は「牛肉・タマネギ・人参・万願寺唐辛子」です。
で、完成した時「う〜ん、見た目がよろしく無いな」ってことで...。

別に万願寺唐辛子を炒めて上から乗せました。
まあウマけりゃエエんですけど...。

やっぱり、パッと見も気になりますやん(笑)。

味的にはちょいと濃いめ。
メシに合うようにって感じですな。

って、どういう感じやねん(笑)。

で、左下が「大根と鶏肉の煮物」ですね。
大根は皮をむいて、面取り。

で、下茹でしておきます。
そして、別の鍋に移して...。

和風出汁(昆布&かつお節)と「塩・砂糖・濃口醤油・味醂」で味付け。
で、鶏肉には小麦粉をまぶしてから煮ます。

それと人参ね。
で、ある程度煮たら、冷やして冷蔵庫へ。

そうコレは前日から仕込んでおいたんですよ。
「煮て、冷やして」を繰り返して、味を中までしっかりと染み込ませるわけです。

弁当のオカズですからね。
ってなわけで、また和風出汁に鶏肉のウマ味が出てエエ感じの味に。

グツグツ長時間に無いので、型くずれもしないです。
で、最後に右上にほうれん草のゴマ和え。

茹でて冷水で色止めしたほうれん草に味付けして完成。
つーか、コレはオレが作ったんじゃないからテキトーな解説(笑)。

まあこういう感じだったと。
ってなわけで、夜にお座敷があるので...。

仕事します(笑)。

banner_02.gif
↑「タマには仕事するのね」って思った方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/10286