2008年11月17日

酒呑童子祭りに行った

ハイ、ってなわけで何かちょいとグチっぽい事書いてましたね。

ウン、酔ったときの勢いは怖い(笑)。

つーわけで、今日はちょいと夜に仕事があるので...。
スイマせん、誘われてるもの全て行けません。

ちなみに、携帯は放り投げたままです。
おそらく自宅スタジオのどっかにあるかと思います。

まあエエかなと(笑)。

ってなわけで、昨日はちょいと飲み過ぎた。
イロイロあって、飲み過ぎた。

まあほとんどオレのグチだったんだけど(笑)。

ってなわけで、朝起きてまあイロイロやって...。
つーか、メール確認したらまたイロイロな事が飛び込んでて...。

時間がねーよ(笑)。

つーわけで...。
2008111705.jpg
コレはいったいどんなスポーツのマンガでしょう?

実はジャンプに連載中も、「何だこのマンガ?」ってことで読み飛ばしてました。
気がついたら42巻まで全部揃えてます(笑)。

イヤ〜、中学生のテニスの大会で...。
普通に打ち合いをして、客席まで飛び込む。

見た事ねーよ、プロの試合でも(笑)。

何か体にオーラが出てて...。
どうみてもドラゴンボールの超サイヤ人みたいになってる...。

で、見てる人が「アレは...、百錬自得の極み」とか分かるなんて...。

あり得るかい!(笑)。

まあそういう突っ込みどころの多いマンガですが...。
見る角度を変えたら結構オモロいです。

でもやっぱり普通のラリーで、人は客席まで飛ばないと思う(笑)。

ってなわけで、ホントにドタバタの毎日です。
とりあえずイロイロやっておかないといけないことがあるし...。

でもオレは一人だし...。
う〜ん、ツライ所だな〜。

つーわけで、11月2日の事でも書きましょうかね。
え〜と、この日は弁当を作って配達した後に酒呑童子祭りに参加。

「今年始めて」行なう「アームレスリング大会」に商工会青年部として出てくれとの事。
まっ、ぶっちゃけ言いますと、酒呑童子祭り自体かなり「マンネリ」続きで...。

盛り上がりにも欠けてるわけですよ。
僕的にはそう思います。

今年で第27回なんですが...。
ホントに年々つまらなくなってるかなと。

オレらガキの頃は、どの祭りにも参加するのが楽しみでした。
地元の金刀比羅祭りとか、この酒呑童子祭りにしても。

クラスのみんなで、参加してワイワイ言ってました。
大人と子どもが一緒に祭りを盛り上げてました。

確かに、昔より人口は減ってます。
でもそれだけでしょうか?

昔、祭りを楽しみにしていた僕としては、現状がスゴく悲しいです。
「じゃあオマエが変えたらエエやん」って突っ込みたい方もいるかもしれません。

でも僕は実行委員会にすら入っていません。
町会議員時代は、一応実行委員会には参加していました。

でも完全に事務局(つまり町役場)主導で、意見を言う場は無し。
確かに、運営的にはそこらへんの力は必要です。

でも「どう祭りを盛り上げるか」ってのは...。
そこに住む人の考えが大事じゃないのかなと。

え〜と、僕は実行委員会は否定しないし...。
役所の働きを否定するつもりは無いです。

そこがあって、始めて祭りが運営出来てるのでね。
ただこのままだと、ホントにマンネリだし、人も来ないと思うんですよね。

いろんな人が集まって考える「実行委員会形式」はいいと思うんですよ。
ただ...。

その中身がね。
ってか、このままのメンツでエエのかなと。

イヤ、そりゃ協力や協賛をお願いするためには、ある程度の経験がある人の方がエエでしょ。
でも、祭り自体の内容を考える人間は...。

オレは、ある一定の年代にまかせた方がエエんじゃないかなと。
ただ、無茶な事も言うし、やろうとします。

その歯止めってか...。
ストッパー的に、イロイロ言えるのは経験を積んだ人なのかなと。

ってかね、このままだったらジリ貧なのは目に見えてますよ。
だったら、一度僕らの年代に投げてくれよと。

僕はそう思っています。
もちろん僕が関わって必ず成功するかどーかわかりません。

でも、今までと違う事をする自信はあるし、変えてみますよ。
つーか、こんな話を書くつもりは全くなかったんですけどね(笑)。

ってなわけで、とりあえず山道を走って会場へ。
で、これまでと違って、会場を少し下に下ろしてました。

まあコレまでの場所だと、高齢者にはキツいかなって思ってたからコレはエエかなと。
でも...。
2008111701.jpg
駐車場が遠くなったから、結局は負担なんだよね(笑)。

え〜とね、コレはホントに解決しないと今後どーしようもなくなります。
駐車場から会場が遠いってか...。

坂がキツい。
僕、現在34歳でそれなりに健康ですけど...。

それでも、車を停めた所から会場までは結構しんどかったです。
一番会場に近い駐車場は一杯でしたけど...。

そこに関係者の車両は停まってたんでしょうか?
コレは確認してないんですけど...。

まずは、一般客が近い駐車場に停めれるようにすることが第一だと思うんですよ。
もし、関係者の車両がそこを占めてたのなら...。

その時点で、間違ってないかなと。
まあコレは確認してないので、何とも言えないですが...。

で、まあどちらにしても、駐車場は一杯になります。
会場から遠いのも事実です。

だから、それをフォローする策が何も無かったのが気になります。
駅前から会場までのシャトルバスは出てました。

でもホントに必要だったのは...。
駐車場から、会場への送り迎えなのかもしれません。

10人乗りのワゴンでいいんです。
それを駐車場から会場までひたすら走らせる。

ハッキリ言いますが、お年を召した方に...。
2008111702.jpg
この坂を上り下りしろと言うのは、マジでキツいです。

ってか、この酒呑童子祭りのターゲットはどこなんですか?
この地域で行なう以上「高齢者」は外せないでしょ。

だから、ソレを考えずに運営している事が僕からしたら、?ですよね。
駐車場が会場から遠いから、途中で車を停めて、そこで人を降ろして一人が駐車場に。

まあ分かりますよ。
でも、コレ余計に渋滞するわけですよ。

坂道の途中で、車を停めて人を降ろしているわけですよ。
ちゃんと、駐車場から会場への送り迎えのシステムが出来てたら...。

こういう事はなんとでもなったんじゃないかと。
僕が10人程度のワゴンでいいと言ったのは...。

「歩ける人は、歩いてきたらエエやん」って思いもあるからです。
高校時代に、登山競争でこの坂道を走った人もたくさんいます。

そういう思い出に浸るのも、ありかなと。
でも、ココを上り下りするのがキツい人は沢山います。

駐車場から会場まで、距離はしれてます。
だから、送り迎えはそんなに車の台数もいらんのじゃないでしょうか。

もちろん、この意見に対して「そんなに簡単にいかんねん」って思う方もいるでしょう。
特に、実行委員会として関わった人は。

しかし、そういう意見を言う場さえ僕にはなかったんですよ。
この酒呑童子祭りに関しては、福知山市商工会青年部の部長が参加出来たみたいです。

でも、夏イベントにはその名前すらなかったんですよね。
文句言ったおかげか知らんけど、何とか実行委員会に戻れたわけですよ。

で、僕は今年の運営を見てて、散々言いたい事があるわけですよ。
だからこそ、来年部長になりたいわけです。

まあそう言う意味では「結局役職が欲しいんやん」って言われてもしゃーないのかもしれません。
でも悲しいかな、この地域ってか...。

まあいろんなところが...。
「役職が無いと、話聞いてくれない」っていうすばらしいシステムを作ってますからね。

逆から見たら「役職があったら、何か聞いてくれる」わけですよ。
どーなのって思うけどね、それも(笑)。

つーわけで、アームレスリング大会については、また動画でも載せます。
とにかく...。

祭り・イベントのやり方とあり方を考えないと、マジでヤバいです。
「ほんなこと言うんやったら、オマエがやってみろや」って思われるんだったら...。

僕を実行委員長にしてください。

それか、実行委員会に呼んでください。

祭りやイベントは全然否定しないです。
2008111703.jpg
でもね、昔みたいに「やればエエ」ってもんでも無いんですよ。

つーか、こんな内容の記事を書いてエエんやろか...。

ってか、確信犯ですけどね(笑)。

banner_02.gif
↑「こういうときはSだよね」って思った方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/10386

コメント[2]

テニスの王子様や~ん。
なぜか私も持ってます。(笑)

No.64425のpukupukuさんのコメントへの返信

最初は「何だこの意味不明のテニスマンガは?」って思ってたんですよね。

まとめ読みして、突っ込みまくる事で真価を発揮するマンガです。
ってか、オーラの出る中学生テニスプレイヤーはいねーよね(笑)。