2009年1月27日

8エエやん

え〜と、コレまでPro Toolsにはとんと興味が無かったんですよね。

一応業界標準なんで、システムはあるんですけどね。
もちろん「LE」ですよ。

HDとか買えないですから。
だって、車買うより金かかるからね(笑)。

まあでもLEでもほぼ同じ事が出来るのは出来るんですよね。
ソフトシンセとか多用しなけりゃ、問題はないと思いますよ。

まあ僕もMixとかでは、Power Mac G5 Dual 2GHzでパワー不足ってことは感じた事無いですしね。
さすがに動画編集ではキツさを感じるけどね(笑)。

ってなわけで、CUBASE 5も発表されたので、余計にPro Toolsに対して興味が無くなってたんですけど...。
Pro Tools LE 8ヤバいですね。

う〜ん、かなりエエ感じ。
エラスティックピッチ機能とか、トラック・コンボジション機能とかエエなと。

ってか、僕がCUBASE VST 5好きだったのは、複数のテイクの編集が非常にやりやすかったからですね。
10テイク録音したら、それを縦にズラーッと見れるのが良かった。

CUBASE SXになってから、それが無くなった(んだと思うんだけどね)のだが、CUBASE 4でまた復活。
でもオイラのCUBASE 4何故か、まともに動かねー(笑)。

で、ぶっちゃけ、アップグレード価格も安い。
コレで17850円はお得だよな。

トラック数も48トラックになったしね。
で、Music Production Toolkit 2をを購入したら64トラックのシステムになる。

まあLEはCPUベースだから、マシンパワーがある程度必要にはなると思うけどね。
ちなみにMusic Production Toolkit 2へのアップグレード価格も安いな〜と思う。

ここらへんはsteinbergも見習って欲しい(笑)。

しかし自宅で64トラックのPro Toolsシステムか〜。
そうなると新しいMacProが欲しくなるよな〜。

昔のローンももうすぐ終わるし...。
イカンイカン、2月3月と出費がかさむのは間違いないから(笑)。

ってなわけで、ちょいと仕事の合間に書いてみました〜。

興味ない人からしたら「?」だろうな(笑)。

banner_02.gif
↑「LOGICは?」って思った方は、クリックを!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/10490