2018年2月11日

そういえばこういうの送ってたな

大阪で音楽をやっていたときに、RolandのVS-880を手に入れた。

最初は「テープより楽だしスゲーな」くらいにしか思ってなかったんですよ。

それが、バージョンアップで「CD-Rが作成できる」となったわけですよ。
もうそりゃビックリしましたよ。

当時はホンマに自分たちの音源をCDにするなんてことは、考えられなかったですからね。
それが家で出来ると。

もうね飛びつきましたよ。
お金をどうやって払ったか記憶にはあまりないんですが(笑)。

で、「CD作れるならもうレーベル出来るやん」って思ったわけですよ。
スゴい単純な考え方ですね。

でも、確かスキマスイッチのボンバーヘッドの人も、インタビューで同じようなこと言ってたのを覚えてます。
それくらいに、衝撃的だったんですよ。

で、当時ギターでお手伝いをしていたテクノバンドの人と「レーベル名どうする?」って話になって...。

最初は「ドロップキックとかどうや?」みたいな感じで、何故かプロレス技ばかり出てきてた記憶がありますね(笑)。

で、そのテクノバンドの人が「マッスルドッキングってどうや」って言ったときに「それだ!」ってなったわけですよ。
そうやってレーベル名が決まったのが...、今から20年前くらいですかね。

まあとにかく「出来ることは自分たちで全部やりたい」ってのがありましたからね。
やりましたね〜、ホントに出来ることは全部。

PhotoshopやIllustratorとか、必死に使い方覚えましたよ(笑)。

で、何バンドか集まったってことで、イベントもやりましたね〜。
もうね、ジャンルはグチャグチャ。

自分で「異種格闘技戦」って言ってたもん(笑)。

で、一応「代表」が僕だったので、どのバンドのお客様にも、全てのバンドの情報を提供したいってことで...。
結構マメにDM送ってましたね。

20180211001.jpg
ただ、みんなライブアンケートの管理はしねーし、文章も書かねーし...。

なので、一人で書いて一人で封筒につめて送ってましたね。
また、文書量も多くて、カセットテープとかも一緒に送ってたから、切手代が高くつく。

よく考えたら、そういうのも全額負担してましたね。
CDの売り上げとかが懐に入った記憶はあまりないんですけど(笑)。

そう考えたら、今は便利だなと思いますね。

なんだよメールって。
ってか、SNSって何だよ(笑)。

でも、あーいうモノを構成するってのもいい経験になったなと。
いろんなソフトの使い方覚えれたしね(笑)。

今はデータで送れば、フルカラーでも大丈夫なんだから...。

YouTuberが溢れている今こそ、「膨大な量の文章」のデジタル月刊誌でも作ろうかな。

ただ...、読んでくれる人がいるかどうか...。

ってか、その前に「オレが毎月という締切を守れるか」ってのが一番の問題だな(笑)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/15381

コメントする