2018年4月 6日

スタジオの今後

いや〜、体のチューブがほぼ取り除かれたので、スッキリ。

特にチン○コのチューブが抜けたのが最高ですね。
アレ、麻酔無しで入れたら痛いんでしょうね。

抜くのは、もちろん麻酔無しですが...。
まあそんなに痛くはないですね。

むしろ「反応するなよオレの息子」って感じですよ(笑)。

ってなわけで、もうこうなると「退院まですること別になし」になりますね。
今回はリハビリをするわけでもないんでね。

かといって、そんなに動き回れるわけでもないので...。
いつも以上に引きこもりですね(笑)。

で、まあせっかくなんで、ゆっくりしながら...。
色々と考え事をしようかなと。

まあ「どんな漫画買おうかな」とか「新しいソフト出てるかな」とかそういうことばかりですけどね(笑)。

一応自宅&お店のスタジオは「ある一定」の機材は揃っていると自負してるんですけど...。
やっぱり欲望は止まらないと。

いや、高級な機材を並べたいと言うわけではなくてね。

「使い勝手を良くしたいな」と思うし...。
やっぱり「出来れば商用スタジオ並みに」って思うわけですよ。

そうなると結果高い機材を買っていると。

ちょっとした言い方の違いですけどね(笑)。

で、昔は「ドラムの音はシンセ内蔵のリズムマシン」を使ってたんですが...。
やっぱりそこらへんもこだわりたいなと。

ってか、BFDとか持ってたんですけどね。
「どう使うねん」ってことで、眠っていたわけですよ。

で、酔った勢いでエレドラとか買ったんですが...。
やっぱり音的に満足できないなと。

いや、僕の持っているRolandのエレドラは結構ええモデルなんですけどね。
音源部もかなりのクオリティーですし。

ただ、もう少し「選択肢」が欲しいなと。

ってなわけで、現在はBFD3とSteven Slate Drums 4 Platinumを使用しています。
20180404001.jpg
エレドラを叩いたら、これらの音源が鳴らせると。

後は、STUDIO ONE3でオーディオデータをMIDIにして、音源を使うこともありますね。

でも「生っぽく」ってよりは「曲にあった音」を選んで使ってる感じかなと。
生音が良ければ、生ドラムレコーディングした方が早いし(笑)。

でもBFD3なんかはホント生っぽいなと。
使う人が使ったら、打ち込みって分からないんじゃないかな。

Steven Slate Drums 4 Platinumは「即戦力」って感じの音が多いかな。
かと言って「作り込んだ」って感じでもないので、後処理がしやすい。

ミックスダウンではそれぞれパラで出して、プラグインをかけてます。

結構システム的ってか、音的には自分では「エエやん」って感じに仕上げれるようになってきたかなと。
だから、ウマいドラム呼んできて、叩かしてMIDIデータだけ頂くってのが一番ええのかもね。

MIDIだからなんとでもいじれるし。
まあドラマーとしては複雑な気持ちになるかもしれませんけどね(笑)。

一番の理想は「自分で叩く」ことなんですけどね。

それを目標にして、教則本とか買ったんだけど...。

ついついギターやベースに手が動くし...。
ドラムはステップ入力で打ち込んで鳴らしてしまうと。

だって、僕のドラムの上達よりそっちの方が早いから(笑)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/8

コメントする