2018年4月 7日

お買い物

天気が良くないなと。

まあ普段からどこも出かけない僕からしたら、どーでもエエことの一つではありますが(笑)。

で、晴れてたとしても、今の僕はどこにも行けないんですけどね。
まあ同じことの繰り返しに鳴りますが、動けたとしてもどこに行きたいというのはないんですが(笑)。

で、入院する前に、結構プラグインを購入したんですよ。
「スプリングセール」に、まんまと引っかかりましてね(笑)。

楽器本体とか弦とかは「サウンドハウス」で買うことが多いです。
あそこはホントに安い。

でもプラグインなんかは、最近はYahoo!や楽天で買ったりしますね。
もちろんセール中でサウンドハウスなどと値段が大きく変わらない場合ですけどね。

後、Amazonなんかでも「なんでこの値段で?」という掘り出し物があったりするので、そこらへんも調べます。
こういうことに関してはマメです(笑)。

で、なぜにYahoo!や楽天を使用するかというと...。
ポイント還元率ですね。

これらのポイントを貯めて、また使って貯めて...。
うん、なんかだめなスパイラルに...。

いや、入ってませんけどね(笑)。

昔はこういうポイントとか確認するのもめんどくさいってタイプだったんですけどね。
よく考えたら、もったいないことしてたなと。

オークションでも使用できるので、使わない手は無いなと。

ってことで、現在Tポイントがソコソコ貯まってきたと。
で、こういうのって「期間限定」なことが多いわけで...。

「じゃあせっかくだから」と言うことで...。
うん、やっぱりスパイラルに入ってるかも(笑)。

まっ、でもキャバクラに行って、ボトル降ろすよりはまだ有効な使い方かなと。
もちろん、僕はキャバクラに行くことも、ボトルを降ろすことも否定しないですよ。

そういうことも散々やってきましたから(笑)。

あくまで「今一番興味があって、楽しいこと」がそれじゃないってことです。

で、さ〜て、何が必要かな〜と考えると...。
「足の回復」なんですよね、一番必要なのは。

仙豆だな、欲しいのは(笑)。

まあもちろん手に入らないですけどね。
でも欲しいのはマジで欲しい(笑)。

今「欲しいな」って思ってるのは「PSP Vintage Warmer2」かなと。
20180407001.jpg
最初のバージョンは持ってるんですけどね。

コレがナカナカに使えるプラグインなんですよ。
PowerMac G4やPowerMac G5にはインストールされてるんですけどね。

ただ、現在のシステムにはインストールできないので。
WAVESのプラグインだけで十分と言えば、十分なんですけどね。

ただ、最近Waves Signature Seriesに偏りすぎてるかなとワタクシ。
コレね、最初は「そんなお気軽プラグイン使えるかい」って思ってたんですが...。

いや〜、全然使えます。
これである程度音を作って、微調整をEQとかでやって、好みの空間系を使って...。

iZotope OZONE8でマスタリングしたら...。
いや、ホントに普通に聞けます(笑)。

もちろん、僕もそれだけでミックスやマスタリングをしているわけではないんですが...。
あまりに便利なので、比重が傾きつつあるのも事実ですね。

LANDRみたいな、自動マスタリングサービスもありますが、あれよりこれらのプラグインを導入した方がいいですね、間違いなく。
微調整も出来ますしね。

僕の場合は、マスタリングだとSTUDIO ONEのプロジェクトとソングファイルを連携させてます。
OZONE8はプラグインとして使用するって感じですね。

WAVESのCenterを挟み込んで、少し広がりを出したりしてますね。
で、そこに「ビンテージ系」のプラグインがあればな〜と思っているわけです。

まあWAVESにもあるのはあるんですけどね。
ちょっと「キャラの違う」プラグインがあってもいいかなと。

やっぱりね「選択肢」を増やしておきたいんですよ。
で、Vintage Warmerは各トラックの音作りにも使用できますからね。

しかし、よくよく考えたら...。
「昔のアナログ機材」や「昔のテープサウンド」を求めて、多額の開発費を使ってプラグインを作る。

で、それを「いい音だ」と、結構な金額を出して買う。

ある意味「絵画」の世界に近いのかな、音楽は。

どーしても「定番」ってのがありますからね。
マーシャル系の音がシミュレートされてないプラグインやアンプシミュレーターはないでしょ?

僕の中ではやっぱりWAVESかな〜、無いと困るのは。

しかし、20年前はとんでもない値段したんだけどね。

オレ一ヶ月分のバイト代つぎ込んでやっとGOLDだったのに...。

今は、3万円台でDiamondが買えるって...。

まあそういう時代に「まだ音楽が好き!」と言える年齢であることに感謝しておこう(笑)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.miyakitakeshi.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする