2008年3月30日

初組み合わせ

ってなわけで、忙しいです。

昨日と今日はとにかく本業がドタバタ。
とりあえず現在食堂は閉店しました。

仕出しやら全部終えたのでね。
しかしまだお座敷が残ってる(笑)。

まあ宴会が始まれば、コレと言ってすることは無いんですけどね。
だからと言って、帰れないのが現実(笑)。

ってなわけで、現在食堂のカウンターで、ブログ書いてます。
そういえば、最近「写真」が入った記事をあまり書いてませんね。

ってなわけで、久しぶりのメシネタでも。
3月25日火曜日の日替り定食を紹介したいと思います。

ってか、何気に久しぶりやね。
気がついたら今週も日曜日になってた(笑)。

イヤ〜、とにかくバタバタしてましたね。
特に卒業記念DVDのおかげで(笑)。

まあ「結局前日徹夜で一気仕事になるだろな」って予想はしてたんですけどね。
こんな予想当たって欲しくないわい(笑)。

イヤでも「丸一日」使える日が無かったんですよ、マジで。
で、あーいう作業って…。

途中で中断するとね〜。
Mixも一緒。

一気にやりきる方が、僕には合ってる。
つーか、京都に帰って来てからは、ずっとそう。

いろんなスケジュールの都合上。
だから、そういうやり方が体に染みついた(笑)。

「ギリギリの男」ですね、ある意味。
わかる人には分かるだろうな、このアダナ(笑)。

ってなわけで、明日は一日中自宅スタジオにこもってます。
まあいつも休日はこもってるけど(笑)。

ってなわけで…。
話がまた違う方向に飛んでた(笑)。

日替り定食の話や。
ってことで、この日「火曜日」は「コレまでに何度も出した事がある」メニューでした。

しかし、「組み合わせ」は初めてかも。
大体が、そんなに新しいメニューなんてのは出来ないわけですよ。

でも組み合わせによって、違う内容には出来る。
ってことで、この日はそれにチャレンジ。

つーわけで、この日の日替りがコチラ!
photo7274.jpg
「天ぷら盛り合わせ・うどん・タコとキュウリの酢の物・ご飯・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、炭水化物定食の発展系(笑)。

「ご飯とうどん」とか「ご飯と天ぷら」は何度も出してきました。
まあご飯とうどんの場合は「炊き込みご飯」とか「ちらし寿司」が多かったんですけどね。

ってなわけで、この日はそれらをミックスしてみました。
つーか、こうやって写真で見ると…。

何かどー言ってエエのか分からん(笑)。

う〜ん、まさに大江山ワールド。
って、何がワールドやねん(笑)。

つーわけで、メニュー解説を。
まずは「天ぷら」から。
photo7275.jpg
基本的には「野菜」が中心ですね。

使用した具材は…。
「サツマイモ・カボチャ・ピーマン・エリンギ・ブロッコリー・チクワ」ですね。

チクワを使う事でボリューム感を出しています。
ってか、チクワの天ぷらウマいですよね。

給食でも好きでした。
カレー風味が好きだったな〜。

まっ、さすがにそのころはビールは飲んでませんでしたけどね(笑)。

ってなわけで、この日の具材で、変わったものと言えば…。
ブロッコリーかな。

父は何でコレ使ったのかな?
あっ、裏の畑で大発生してたからだ(笑)。

え〜と、一旦茹でてから揚げてます。
だよね?父(笑)。

で、この日は「天つゆ」なるものがありませんでした。
食べる時は…。

「ソースか醤油か、塩か」って感じですね。
後は「うどんに浸して食べる」って感じですね。

ってか、うどんに浸すのが一番ウマいとは思う。
で、うどんもウマくなるとは思う。

天ぷらの衣が溶けた、うどんの出汁ってウマいですやん。
ただ、あまり溶けるとドロドロで喰えなくなるけど(笑)。

まあしかしうどんに浸して食べるなら…。
「天ぷらうどんにして出したら良かったやん」って思われるかも…。

イヤイヤ、うどんにはうどんの具を乗せたかったんですよ(笑)。

ってなわけで、天ぷらは父が担当。
で、うどんは…。

僕が担当。
ってことで、続いて「うどん」の説明を。

つーか、天ぷらの説明何もしてないね(笑)。

ってなわけで、この日のうどんはこんな感じ。
photo7276.jpg
あ〜、せっかくの人参が…。

見えないよ、とろろ昆布で(笑)。

失敗したな、乗せ方を。
まっ、エエか(笑)。

ってなわけで、この日は「カマボコ・はんぺん・とろろ昆布・人参・キヌサヤ」を使用しました。
それぞれの具材は別々に煮て味付け。

カマボコはそのまま使用しました。
ってか、結構手間はかかってるのよ(笑)。

はんぺんは甘辛くって感じで煮て…。
キヌサヤはアッサリと、色合いを重視。

人参はちょい甘めに煮ました。
これで出し巻き玉子とかあったら、完璧だったんですけどね。

原価を考えないとね(笑)。

ってなわけで、うどん単品で食べてもウマいけど…。
天ぷらを浸してもこれまた美味し。

天ぷらの旨味が染み出た出汁がウマいんですよね。
そして、メシを食う。

つーか、うどんもメシに合う(と、僕は思ってる)し、天ぷらもメシに合う。
それらを合体させたのが、この日の日替り。

でも見た目は何か変。
しかし、それが大江山食堂(笑)。

ってなわけで、メインはこういう感じの内容でした。
後は小鉢ですね。

え〜と、先週も仕出しが死ぬほどあったんですよ。
で、酢の物でタコを使用するんですよね、ウチ。

ってなわけで…。
photo7277.jpg
タコ使って、酢の物を作りました(笑)。

まあ「天ぷら」と「うどん」と「メシ」で、定食としては成り立ってるんですけどね。
でもやはり小鉢が欲しいなと。

タコもキュウリも結構高いんですけどね。
使っちゃうのよ(笑)。

え〜と、タコは「茹でたもの」を仕入れてます。
ってか、大変なんですよ、自分で茹でると。

でも専門業者が茹でた方がウマいんだよね。
「技術料」で、結構金払ってるなと。

でも、ウマいんですよね。
で、仕出しやお座敷で使えない部分が出て来る…。

それらを切り分けて、甘酢に着けておくんですよ。
で、それを使うわけです。

だから、材料は仕出しやお座敷に使っているものと同じです。
う〜ん、何気に贅沢(笑)。

で、キュウリは塩揉みしておきます。
後は「酢」と「砂糖」を混ぜて…。

そこに具材を投入。
で、この日は「おろしショウガ」を加えました。

味が締まるんですよね。
柚子とかでもエエですけどね。

で、最後に「白ごま」を投入して完成。
タコとキュウリの歯ごたえがエエ感じの一品です。

まあ和風な内容だったし、こういうのがエエかなと。
ってなわけで、この日の営業は…。

結構忙しかったです。
ってか、ココ最近昼は結構忙しい日が多いです。

有り難い事です。
で、本業が忙しいから…。

ソレ以外の事がナカナカ出来ない(笑)。

まあそれもエエかなと。
充実はしてますからね。

でも体は結構疲れて来てる(笑)。

ってなわけで、お客さんがいなくなった所で…。
メシをいつもなら食べるんですけど…。

この日は昼メシ喰わずに、自宅スタジオに移動。
卒業記念DVDの作業に取りかかるためです。

ってか、編集前の「下準備」が大変なんですよね。
もう目がシパシパしてエラい(笑)。

さ〜て、とりあえず何か書いたぞ〜。
つーか、メシネタ久しぶり(笑)。

ってなわけで、ちょいと休憩。

ハイ、生ビール入れて飲みまーす(笑)。

banner_02.gif
↑「しかし大江山ワールドやね」って思った方は、クリックを!

2008年3月26日

コッテコッテやん

さてさて、段々と原実時間に追いついて来たね。

って、書いてない過去ネタ死ぬほどあるけど(笑)。

まあそれはボチボチと書いて行きますわ。
ってなわけで、3月22日「土曜日」の日替り定食を紹介したいと思います。

とにかく仕出しやらお座敷などなど、沢山あったこの日。
両親はそっちの方に取りかかってたんですよね。

ってなわけで、日替りはワタクシが担当。
前日に冷蔵庫を見て「これとこれとあれやな」ってことで、メニューは決めてたんですよ。

ってなわけで、この日の日替りがコチラ!
photo7256.jpg
「豚野菜炒め・白菜の煮付け玉子落とし・キンピラゴボウ・ご飯・味噌汁・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、コッテコッテやね(笑)。

「メシを喰え、ガンガンメシを喰え」って感じの内容です。
まあ作っている人間が濃いですから。

キャラも顔も(笑)。

で、この日はいつもとは違うアングルで撮影。
ってか、この方向にすると、湯気がウマく逃げてくれるのよ(笑)。

つーわけで、メニュー解説を。
自分で作ったから、ちゃんと説明しますよ。

テキトーに(笑)。

ってなわけで、まずは「豚野菜炒め」から。
photo7257.jpg
う〜ん、「ドーン」って感じですね。

やはり作ってる人間が濃いからかな。
顔が(笑)。

ちなみに眉毛も濃いです。
って、放っといてくれ(笑)。

つーわけで、とにかくメシがガンガン喰えるメニューでしたね。
え〜とね、一応こういうメニューにしたのは理由もあるんですよ。

最近は年度末ってこともあってか…。
「工事関係者」が結構たくさんメシ喰いにくるんですよね。

で、やはり体使った仕事している人たちだから「ガツン」と喰いたいだろうと。
ってなわけで、ある程度ボリュームがあってメシがガンガン喰える物がエエかなと。

つーわけで、この日使用した材料がコチラ。
photo7258.jpg
「豚肉・キャベツ・人参・ピーマン・タマネギ・モヤシ」ですね。

え〜と、豚肉は…。
まずテキトーに切って下味を付けました。

「濃口醤油・砂糖・味醂・酒」を揉み込んだんですよ。
といっても、ガッチリと味付けではなく「薄め」にしておきました。

また後で、味はつけますからね。
でもココで軽くした味をつけておく事によって、全体のウマさが変わるんですよ。

そして、下味をつけた後「片栗粉」を全体にまぶして、炒めておきました。
この下ごしらえによって、早く日替りを出せると。

で、お客さんが来たら、まずはフライパンに点火。
もちろん強火。

で、油を入れて…。
熱々になったら、下ごしらえしておいた豚肉を投入。

すぐさま、野菜も投入。
そこで、軽く塩こしょう。

後で、さらに味付けするので、ココでは薄め。
そして、強火で全体に火を通します。

で、最後に…。
「焼肉のタレ」を投入。

市販品です(笑)。

イヤ、でも「業務用」ってのは、そう書かれる理由もありますよ。
ヒドい物もあるけど、ウマい物もあるもん。

ただそのまま使うのでは脳がない。
ちょいと調味料をプラスしたりしています。

肉に下味をつけておくのも、一工夫ですわね。
あっ、そうそう、書き忘れてたけど…。

油を入れた後は、まずショウガのみじん切りを炒めます。
コレで香りと風味が良くなります。

それから豚肉や野菜を入れます。
で、焼肉のタレを入れたら…。

全体に馴染む様に、ひたすらフライパンをあおります。
で、最後にモヤシとゴマ油を入れて…。

さらに一混ぜ。
ゴマ油が入るとまた旨味が増すんですよ。

最後までコッテコッテですね(笑)。

でもね、コレがメシに合うんですよ。
コイツを喰ってメシを喰ってもウマいし…。

メシに乗せて味が染み込んだ所を食べてもウマい。
焼肉とメシが合うのと同じ理由。

ってか、焼肉のタレってメシに合いますもんね。
で、またタレの染み込んだメシがビールに合うんだ(笑)。

ってなわけで、まずはメインの一品を紹介しました。
ウン、役に立たん内容やったね(笑)。

まあ「今晩何作ろうか?」ってことを目的にココを読む人はおらんやろ。
だって、役に立たないから。

テキトーすぎて(笑)。

ってなわけで、次のメニューに行きましょうか。
photo7259.jpg
「白菜の煮付け玉子落とし」ですね。

何気に得意料理かも。
つーか、難しい事してないけどね(笑)。

え〜と、この前「なんじゃコリャ〜!」って感じの白菜を近所からもらったんですよ。
とにかくデカイの。

使っても使っても無くならない(笑)。

ってなわけで、ザクザク切って使いましたよ。
で、それに加えて…。

「人参」と「姫竹の水煮」と「ゴボ天」を切って鍋に。
そこに「出汁(カツオ&昆布)・砂糖・味醂・塩・濃口醤油」を入れて煮込みました。

白菜から水分が大量に出るので、ちょい濃い目の味付け。
で、頃合いを見て「玉子」を投入。

そして、鍋にフタをして、玉子を固めます。
固まり具合は、お好みで。

で、後は盛りつけて…。
「温蔵庫」に入れておきました。

やはりこういうメニューは温かい方がウマいかなと。
でも冷めてもウマいんですけどね、このメニューは。

どっちやねん(笑)。

ちなみに、冷めた状態で出すときは…。
煮込み具合を軽めにした方がエエですね。

冷めて行く過程で、味が染み込んで濃くなるんでね。
ってなわけで、コイツもメシに合うんですよね。

メシに乗せて出汁が染みたのを喰うのもウマい!
炒め物をメシに乗せて喰っていた場合は、乗せない方がエエと思うけど(笑)。

ってなわけで、メインメニューはこんな感じ。
後は「小鉢」やね。
photo7260.jpg
「キンピラゴボウ」ですね。

コレは母が作っておいたのを使用しました。
「全部オマエが作ったんちゃうんか」ってことは言わない様に(笑)。

タイプとしては「美味しんぼの団社長が好きなタイプ」のキンピラゴボウですね。
ってか、あの人結構好みがうるさい(笑)。

まあでも団社長は「ゴボウ以外」の具材が入るのはキライらしいけどね。
細かいねん(笑)。

でもコレもメシに合うんですよね〜。
メシに乗せて喰うと、またエエ感じ。

って、なんでも乗せるな(笑)。

つーわけで、この日はこんな感じのメニューでした。
う〜ん、ちょいと濃いな(笑)。

で、営業の方は…。
ハイ、仕込んだ分は全部はけました。

う〜ん、エエ読みしてるよ猛(笑)。

で、日替りは基本的には「売り切れ」って状態になったんですよね。
しかし「日替り」以外にも注文は通るわけですよ。

で、何が通ったのかな〜って思ってたら…。
「焼きそば定食」とかなんですよね。

ひたすらフライパン振ってました(笑)。

よく考えたら、この日は朝から忙しいのわかってたから…。
「揚げ物」にしたほうが楽だったな〜。

でも僕がいなかった前日(21日)に、やったらしいんですよね「コロッケ定食」を。
「猛がおらんし、今日はコレにしとくか」ってな感じで。

だから、僕はそれが使えなかった(笑)。

まっ、でもこの日は基本的に食堂は僕が仕切りました。
で、その間に両親は夜の仕出しやお座敷の準備に取りかかってました。

ウン、ちょっとは役に立てる様になってきたかな。
まあ焦らず、徐々にやっていきますよ。

ってなわけで、夕方に大量の仕出しを控えていたので「早め」の食堂は閉店。
で、バタバタ動いてたんですけど…。

「やはりメシ喰わないと、力が出ないやろ」ってことで、まかないタイム。
まあ食堂は閉めてたし、準備は順調に進んでましたからね。

ってなわけで、この日のまかないがコチラ。
photo7261.jpg
「豚野菜炒め・エビとさやいんげんの卵とじ・水菜とツナのマヨネーズ和え」そして、生ビール(コレが2杯目)。

イヤ〜、やっぱり飲まないと。
動けない、マジで(笑)。

ってなわけで、肉がちょいと残ってたんですよね、仕込んでいた。
なのでそれを喰う事に。

う〜ん、自分で仕込んだ肉やけど…。
ウマいね、エエ味。

って、自分で言うなって(笑)。

で、他は日替り弁当の残り物。
ウン、どれもウマいでよ。

ハイ、手前味噌〜(笑)。

ってなわけで、ちょいと休憩を取って…。

夜の仕事に向けて、再始動!

そのお話はまた後ほど…。

でもそんなに笑える事は無いからね(笑)。

banner_02.gif
↑「炒めて喰うなら豚だよね」って思った方は、クリックを!

2008年3月18日

魚介づくし

さてさて、もう朝ですね。

飲んでるけどオレ(笑)。

ハイ、ブログ上では…。
3月6日から時間が進んでない(笑)。

う〜ん、事件だ。
まあ「ほっといて」今の事から書いてもエエんですが…。

それだとね〜。
何か「走れ!猛!」っぽくないでしょ?

って、どーいうのが、っぽいのか分からんけど(笑)。

ハイ、ってなわけで…。
ビールもう一本取ってきます(笑)。

よし、さて書くか。
この日は「木曜日」でしたね。

で、午前中の事は書いたと。
姪っ子が動き回っている姿をお届けしました。

まっ、だからどーなのって話なんですけどね(笑)。

ってなわけで、この日の日替り定食を紹介したいと思います。
イヤ〜、何か久しぶり〜(笑)。

ってなわけで、この日の日替りがコチラ。
photo7222.jpg
湯気で見えません(笑)。

ってなわけで、もう一枚!
photo7223.jpg
「鮭トロカツ・カンパチの照り焼き・タコとキャベツの酢の物・ご飯・味噌汁・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、この日の午前中は頼まれごとに集中してたから…。
全く仕込み等はしておりません。

いつもにもましてテキトーな解説になるでしょう(笑)。

ってなわけで、何気に魚づくしですね。
鮭にカンパチにタコ…。

う〜ん、日本だな〜。
って、意味不明(笑)。

さてさて、ではメニュー解説を。
まずはフライから。
photo7224.jpg
「鮭トロカツ」ですね。

え〜と「鮭の身をつぶして、固めて揚げた」って感じですね。
って、さすがにこんな説明ではアレか(笑)。

でもソレ以外に言う事無いんですけどね。
ハイ、原料は鮭です。

鮭の身をミンチ状にして、塩こしょうで味付け。
後は、衣をつけてハイ完成。

う〜ん、テキトーだ(笑)。

ソースや醤油も合うけど…。
マヨネーズも合いますね、このフライ。

鮭とマヨネーズって合いますやん。
で、付け合わせはキャベツとミカンですね。

何気に沢山出来てたんですよ、ミカン。
だから使った(笑)。

ハ〜イ、このままの勢いで次ぎ行くよ。
って、勢いは全然無いけど(笑)。

続いてはコチラ。
photo7225.jpg
「カンパチの照り焼き」ですね。

え〜と、ウチは丸ごと魚を買う事が多いので…。
残る事もあるわけですよ。

そういうのを日替りで出したりします。
仕出しやお座敷で使っているのと同じレベルですから…。

お得ですね、日替り定食(笑)。

まあこのご時世、ウマく材料を使わないとね。
だから昼は「何人分仕込もうか」ってことが結構大事なんですよ。

あまり多く作ると、残ったときに困るしね。
自分で喰うにも限界があるし(笑)。

ってなわけで、テキトーに切り分けたカンパチに…。
タレをつけては焼いて、またタレをつけてって繰り返します。

イヤ〜、ナカナカにウマそうですな。
まっ、鮮度的には刺身でも食べれるカンパチですからね。

ってなわけで、これにてメインメニューの解説は終了。
まあ何も説明にはなってませんけどね。

いつものことですから(笑)。

ってなわけで、残りは小鉢ですな。
photo7226.jpg
「タコとキャベツの酢の物」ですね。

え〜と、仕出しやお座敷があるときは…。
タコも丸ごと1匹買うんですよ。

で、その残りを使ったと(笑)。

いつもならキュウリと酢の物にしたりするんですけどね。
この日はキャベツにしてみました。

キャベツと酢って合うんですよね。
ってなわけで、タコはテキトーな大きさに切っておきます。

足だけじゃなくて、頭の部分も使ってますね。
で、キャベツは千切りにして、塩揉み。

結構縮むんですよね。
だから多めに千切りしておいた方がエエかと思います。

で、後は「酢」「砂糖」で味付けして完成。
どーも写真で見たところ「カニかま」も入ってますね。

多分母だな。
「残ってるから入れとくか」みたいなノリ(笑)。

ってなわけで、この日のメニューはこんな感じ。
で、営業の方は…。

ボチボチですかな。
って、ホントに便利な言葉。

「ボチボチ」って(笑)。

ってなわけで、お客さんがいなくなったところで…。
毎度お楽しみの昼食タイム。

で、この日は冷蔵庫にあるものが残っていたのでソレを食べる事に。
つーか、オレ以外それを食べようとしなかったから(笑)。

ってなわけで、この日のまかないがコチラ。
photo7227.jpg
「鶏の唐揚げ」そして、冷えたビールとグラス。

ハイ、唐揚げ君並べ!
ってか、オレこの前日も唐揚げ喰ったんですよね(笑)。

イヤ〜、ホントに立て続けでしたね。
でもウマいですよね、揚げたての唐揚げ。

ちょっと量が多すぎて、途中でイヤになったけど(笑)。

でもビールにはホントにピッタリ。
まあ揚げたてのモノは大抵、合うけどねビールには(笑)。

ってなわけで、ナカナカに揚げたてな昼メシを頂きました。

もちろんこの後、ハラには結構来てました(笑)。

banner_02.gif
↑「唐揚げ好きなんですね」って思った方は、クリックを!

2008年3月15日

久々のアレ日記

40時間ぶりに睡眠を取りました。

つっても、寝るっていうか…。
倒れるっていうか…(笑)。

気がついたら寝てたって状態。
部屋の電気もつけっぱなしだったから、何気に疲れは抜けてねー(笑)。

まっ、でもちょいとスッキリとはしましたな。
ちなみにココ数日で、2kg痩せました。

つーか、やつれた(笑)。

で、MacBookでを購入したんですけど…。
「ケースがいるよな〜」とか「コイツ用のマウスがいるよな〜」とか…。

完全にジョブスにやられてます(笑)。

まあ墓場までお金は持って行けませんのでね。
ってなわけで、久しぶりのメシネタを。

つーか、この2日間Macしか写ってねーよ、このブログ(笑)。

と、言う訳で…。
先週「水曜日」の日替り定食を紹介したいと思います。

イヤ〜、現実時間から遅れた遅れた(笑)。

まあ何とか追いつくように努力します。
ってなわけで、この日の日替りがコチラ。
photo7209.jpg
「炊き込みご飯・うどん・白菜のおひたし・ヒジキ・漬物」で、毎度の600円でございます。

ハイ、大江山名物「炭水化物定食」です(笑)。

イヤ、基本的に炊き込みご飯っておかずいらないでしょ。
そのまま喰ってウマいから。

でも炊き込みご飯にうどんって合うんですよね。
この場合のうどんは汁物やね。

まあボリュームあるけどさ、汁物にしては(笑)。

そう言えば、この日は結構奇麗に写真撮れてるな。
やっと、コンパクトに慣れたか?

まあタマタマやろな(笑)。

ってなわけで、メニュー解説を。
まずはメシね。
photo7210.jpg
え〜と、具材は…。

「タケノコ・こんにゃく・チクワ・人参・ゴボウ・油揚げ」を使用しています。
炊き込む前に、この具材を一旦煮ておきます。

で、エエんやね母さん(笑)。

後は、お米と一緒に炊き込むだけ。
もちろん、水じゃなくて出汁ね入れるのは。

ハイ、完了。
って、何も説明してない(笑)。

具材を一旦炒めてから炊き込んでもウマいですよね。
油でコクが出る。

やっぱりこういうメニューで欠かせないのは…。
油揚げかな〜。

ウマ味が出ますね。
で、さらにコツと言えば…。

沢山炊く事でしょうね。
でも炊き込みご飯の素でちょいと炊いたメシもウマいですよね。

って、コロコロ意見を変えるな(笑)。

そういえば、一人暮らしのときにテレビでとある炊き込みご飯の作り方を見たんですよね。
普通に米といで…。

で、チキンラーメンを入れて炊くんですよ。
究極の炭水化物定食かも(笑)。

でもね、コレがウマいんですよ。
米2合にチキンラーメン1個かな、分量としては。

まあさすがに今は作りませんけどね(笑)。

でもチキンラーメンとかカップヌードルってやっぱりウマいな〜って思います。
たまに喰うと、スゴくウマい。

いろいろな商品があるけど…。
やはり原点はアレかなと。

で、何の話してましたっけ?(笑)。

イヤ〜、こうしてグダグダに書けるのが素晴らしい。
やはり人間寝ないとダメだ(笑)。

ってなわけで、次のメニューに行こう。
photo7211.jpg
「うどん」ですな。

え〜と、ウチは普段「うどん定食」を650円で提供しています。
「白ご飯・うどん・小鉢2品」って内容です。

で、その場合のうどんの具は「カマボコ・とろろ昆布・ネギ」です。
この日は白ご飯が炊き込みご飯に変わったって内容。

で、うどんも普段通りで…。
良くは無いんです。

やはり日替りにはこだわりたい(笑)。

ってなわけで、ちょいと具にもこだわってみました。
冷蔵庫と相談ね(笑)。

まあある意味「サービス品」みたいなモンですから日替り定食。
ってなわけで、この日のうどんの具がコチラ。
photo7215.jpg
「カマボコ・人参・ゴボ天・とろろ昆布・三重なばな」ですね。

人参は色合いを出すために、サッと煮ました。
ゴボ天はちょいと濃いめの味付け。

なばなはお湯で茹でて冷水で色止め。
コレで黄色の具材があれば完璧なんですけどね。

まあ原価も考えんとアカンしね(笑)。

ってなわけで、うどんを茹でて…。
これらの具材を乗せて完成ですな。

メシ喰ってうどんすすって…。
出汁飲んで、メシほおばって…。

ウン、このリズムがエエのよね。
まっ、僕自身はあまりメシとうどんの組み合わせは喰いませんけどね(笑)。

でもお好み焼きとご飯よりは、合うと思う。
これ以上はあえて、何も言わんけど(笑)。

ってなわけで、基本的には炊き込みご飯とうどんで定食としては成り立つんですが…。
やはりそれだけでは寂しい。

ってなわけで、小鉢をちょいと。
まずはコチラね。
photo7213.jpg
「白菜のおひたし」ですね。

まず白菜と人参を茹でます。
で、冷水で色止め。

その間に、すり鉢で白ごまをすりつぶします。
すり鉢の下に濡れ布巾を敷くとエエですね。

で、そこに「砂糖・味醂・濃口醤油」を入れます。
後は、ココに白菜と人参を放り込む。

で、混ぜたら完成。
白菜の歯ごたえが、エエ感じの1品です。

さて、もう一つの小鉢が…。
photo7214.jpg
「ヒジキ」ですね。

いろんな具材が入っているので栄養バランスもバッチリ。
髪の毛ドンドン生えます(笑)。

え〜と「大豆・人参・こんにゃく・タケノコ」かな?
作るたびに具材が変わるからな、ウチの母は(笑)。

コレを白メシに混ぜ込んでもウマいんですよね。
って、毎回いってるな、ヒジキ出たら(笑)。

つーわけで、この日のメニューはこんな感じでした。
で、普通に営業してたんですよ。

まあボチボチとね(笑)。

で、昼も終わろうかと言うときに…。
ここら辺の人ではない雰囲気の若いお方が。

で、日替り定食を注文。
僕はVIPルーム(猛の隠れ小部屋)でメールチェック。

で、そのお方が帰るときに一言。
「僕ブログ見て来たんですよ」とのこと。

ハ〜イ、サプライズ(笑)。

福井県商工会青年部連合会の副会長とのこと。
フットワークが軽い(笑)。

で、ユメノナオキのROUTE38と言うブログも書いておられます。
もちろんウチのお店に来た事もね(笑)。

イヤ〜、しかしサプライズ。
オモシロいね、人生って(笑)。

ってなわけで、そう言う事もあった後の昼メシタイム。
話の流れが無茶無茶や(笑)。

うどんは別に食べたく無かったし、メシもエエかなと。
まっ、あまりご飯食べない人間なんで(笑)。

ってなわけで、いろいろとお盆に乗せて完成したまかないがコチラ。
photo7216.jpg
おつまみ定食です(笑)。

イヤ、ホントにそんな感じ。
「鶏の唐揚げ・カンパチとマグロのぶつ切り・肉野菜炒め・三重なばなのウズラ卵乗せ」そして、冷えたビールとグラス。

う〜ん、昼からバカ(笑)。

まっ、僕の人生こんな感じです。
って、どんな感じやねん(笑)。

しかし今週は忙しいな〜。
仕事以外で(笑)。

でもまあ充実しててエエかなと。
本業以外が(笑)。

まあでもイロイロやってますよ。

お店の事以外で(笑)。

banner_02.gif
↑「働け」って思った方は、クリックを!

2008年3月 8日

メシに合う洋食メニュー

よし、もう今週も終わりだ。

だから、早いとこ先週の事を書こう。
つーか、2月の事を書き終えよう(笑)

そういえば、みんなから散々「長いねん、このブログ」って言われたので…。
滅多にしないが、読み返してみた。

長い。
意味の無い文章が多すぎる。

でも今更、書き方を変える気はさらさらない。
ハイ、結論が出ましたね。

ガマンして、読んで下さい(笑)。

まあ僕は思うがままに、打ち込んでいるだけなんですが…。
結構読んでいる人は隅々まで読んでるんだなと思います。

この駄文を(笑)。

まあでも何でも続けてみるもんだなって、思ってますね。
ってなわけで、時間を…。

2月29日に戻しましょう。
う〜ん、今年はうるう年。

そういえば、オリンピックだな。
カバディーってまだ正式種目でしたっけ?

まっ、どーでもエエんですけどね(笑)。

ってなわけで、この日は「金曜日」でした。
つーわけで、この日の日替り定食を紹介しましょう。

僕の本業は一応、飲食業ですので(笑)。

ってなわけで、この日の日替りがコチラ!
photo7180.jpg
祇園の飲み屋で…。

って、写真間違えた(笑)。

ハイ、タマにはこんなネタ〜。
ってなわけで、ホントの日替りがコチラ。
photo7187.jpg
「煮込みハンバーグ・白菜の卵とじ・ご飯・味噌汁・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、まだイマイチ画質がな〜。
まあコンパクトだから、こんなモノなのかな〜。

って、EOS 40Dと比べちゃうんですよね。
まあでもコンパクトはコンパクトで使い勝手エエですよね。

どこにでも気楽に持って行けるしね。
なんてこと言いながら、キャバクラに一眼レフを持ち込んだりしています(笑)。

ってなわけで、メニュー解説を。
まずはメインのお皿から。
photo7188.jpg
煮込みハンバーグですね。

メシに合う洋食としては、1位2位を争うと思いますね。
ハイ、いつも通りテキトーな発言(笑)。

でもホント、ハンバーグはメシと味噌汁に合いますよね。
レトルトのハンバーグも結構好きだったな〜。

ミートボールとかも。
後、何かでかいヒゲのオッサンが「大きくなれよ」とか言ってたコマーシャル覚えてるな〜。

って、また本題から逸れてる(笑)。

ハイ、ハンバーグは「牛と豚」の合挽ミンチを使用。
ミスター味っ子では「7対3」の割合が最高とされています。

スーパーくいしん坊でもそんな事言っていた様な…。
アレは、料理本を買わないかって話から始まってたよな〜。

その本の中に、「7対3」って書いてあったので…。
主人公の香介が「6対4にする」って内容だったかな。

どーでもエエねん(笑)。

ってなわけで、合挽ミンチにタマネギのみじん切り。
コレは生のまま混ぜます。

で、玉子とパン粉。
後は、塩こしょうで味付けをして、練ります。

粘りが出るまで練ります。
そして、形を作って焼きます。

で、この日はいつもより「大きめ」に作ったんですよ。
100gのところを120gにして作りました。

何でかは、父に聞いて下さい。
作ったの父なんで(笑)。

で、強火で表面を焼き、準備完了。
後は、ソースで煮込むだけ。

「挽肉」と「タマネギ」を塩こしょうで炒めて…。
そこに適量の水を投入。

後は、ケチャップやウスターソースで味付け。
ココでローリエを入れるのをお忘れなく。

で、他にも何か入れてたのかもしれんけど…。
父に聞いてね(笑)。

ってなわけで「簡単ドミグラスソース」完成。
ドミグラスとデミグラス…、どちらが正しいんでしょうね。

まあマスカラスとドスカラスみたいなモンですかね。
って、プロレスラーやん(笑)。

ハイ、受け流して下さい。
こういうのに絡むとキリが無いので(笑)。

ってなわけで、ハンバーグを入れて煮込みます。
またソースにハンバーグの旨味も染み出るんですよね〜。

ハンバーグにはソースの味が染み込むしね。
う〜ん、ビール飲みたい。

ホントに病気ですね(笑)。

ってなわけで、付け合わせは「キャベツ・トマト・キュウリ」ですね。
キュウリ高いんですよ、最近。

って、何のアピールやねん(笑)。

で、さらに…。
「簡単ペペロンチーノ」ですね。

まずスパゲティーを半分に折って茹でます。
で、後は簡単。

だから、簡単ペペロンチーノ(笑)。

ニンニクと赤トウガラシの輪切りを用意しておきます。
まずフライパンにオリーブオイルを入れて…。

そこにニンニクと赤トウガラシを入れます。
そして、点火。

油が温まってから、入れると焦げます。
何回も焦がしてきましたから、説得力あると思いますよ(笑)。

で、香りが出て来た所で、スパゲティーを投入。
そして、塩こしょうで味付け。

で、スパゲティーの茹で汁を入れて…。
後は強火で一気に炒めます。

後はお皿に盛りつけて完成。
一気に人数分作っておいたら楽なんですけど…。

やはり作り立てがウマいので、注文が通ってから作りました。
さすがにスパゲティーは茹でておきましたけどね、先に(笑)。

で、コレだけ食べてもウマいんですが…。
ハンバーグのソースを絡めてもまたウマい。

メシとスパゲティーで炭水化物定食(笑)。

イヤイヤ、添えモンですから。
あっ、今度は目玉焼きにしようかな。

ハンバーグに目玉焼きってなんかウレシくなりますよね。
それなら、炭水化物定食にならんし(笑)。

でもハンバーグにスパゲティー合うんですよ。
まあスパゲティーでメシは喰おうとは思わんけど(笑)。

ってなわけで、これにてメインメニューの解説は終了!
ウン、いつも通りだったね(笑)。

ってなわけで、残るは小鉢。
え〜と、この日の小鉢がコチラ。
photo7189.jpg
「白菜の卵とじ」ですね。

…確か、この週…白菜の煮付け…火曜日に出してませんでしたかね?
なんて事は聞かないように(笑)。

アレは、「玉子落とし」ですから。
具材も「牛肉とかと煮たんでね。

イヤ…白菜が…冷蔵庫に…ヒッソリと…。
ってなわけで、気にしない気にしない(笑)。

でも一人暮らしだと、白菜って持て余す時ありますよね。
ツレと鍋なんかしたら…。

「コレどないすんねん?」って白菜が冷蔵庫にどーんと。
で、結局また鍋をすることに。

そして、白菜が足らなくなって買いに行って…。
また冷蔵庫に鎮座。

「男鍋、白菜連鎖」と僕は言っています(笑)。

まっ、でも出汁で煮ると白菜はウマいよね〜。
特に最近野菜がウマいと思えるようになってきた。

歳だなコリャ(笑)。

ってなわけで「白菜・人参・チクワ・エリンギ」を一緒に煮ました。
味付けは「出汁(昆布とカツオ)・砂糖・味醂・濃口醤油」ですね。

で、煮えたら、最後に溶き卵を流し入れて…。
完成ですね。

玉子もそのまま落とすのと、溶き卵にするのでは味わいが変わりますよね。
固め方でも変わるしね。

まっ、そこらへんはお好みで…。
テキトーに(笑)。

ってなわけで、出汁をタップリ含んだ白菜が、またメシに合います。
ハンバーグと一緒にコレを出すのが、ウチっぽい(笑)。

ってなわけで、この日の営業は…。
やはりボチボチとしか言いようが無いですね(笑)。

ってなわけで、お楽しみの昼食タイム。
もちろんハンバーグ喰います。

そしてスパゲティー炒めます。
でもご飯はいらないです。

人にはその組み合わせで出しといて(笑)。

イヤイヤ、やはりハンバーグに一番合うのは…。
アレですからね。

ってなわけで、この日のワタクシのまかないがコチラ。
photo7190.jpg
「煮込みハンバーグ・水菜とツナのマヨネーズ和え・エビとターサイの炒め物」そして、冷えたビールとグラス。

ってなわけで、やはりコレですね。
ビールにはハンバーグですよ。

あっ、逆だ、素で間違えた(笑)。

で、またペペロンチーノ(みたいなモン)が合うんだな、ビールに。
もう全ての基準が「ビールに合うか」ですよ、僕は(笑)。

何気にスパゲティーでビール飲むの好きなんですよね。
まあ何も無くても、ビールがあればエエんですけどねオレは(笑)。

ってなわけで、この日も満足な昼メシ。
しかし最初が、あの飲み屋の写真…。

ちょっと清涼剤が欲しいね。
ってことで、ドン!
photo7191.jpg
イヤ〜、何とも言えん寝顔やね。

ブサカワイいって感じかな(笑)。

どんな顔でも許されるね。
まあ妹からしたら…。

もうちょっとカワイいのを載せてくれって思うかもしれんけど(笑)。

banner_02.gif
↑「洋食は日本の偉大な文化や!」って思う方は、クリックを!

2008年3月 7日

「ばら」と「ちらし」

さてさて、もう少し現実時間に追いつく努力を使用。

だって、もう3月でしょ。
でも2月のことも書ききってない(笑)。

まあ京青連ネタも「大事なこと」はちゃんんとアップしましたからね。
後は「悪魔会議」の様子だけ。

でもロクなネタじゃない。
「また最後はサウナで一晩過ごしました」ってオチですから。

だって、みんな…。
「宮木は(京都に)残るだろ?」って言うんですもん。

あ〜言われたら、残っちゃうよな(笑)。

ってなわけで、まあそういうお話はまた後ほど。
まあ「悪魔会議」の主な登場人物は、独身が多いからエエか。

ヨクナイ気もするけどね(笑)。

「フルネームを出さないで下さい」って言われましたからね。
オレには「頼むから、全部書いてよ」ってネタフリにしか聞こえなかったけど(笑)。

ってなわけで、グダグダな前置きはコレくらいで…。
2月28日「木曜日」の日替り定食を紹介しましょう。

しかし…。
またサウザー(塩貝会長)に言われるんだろうな〜。

「メシネタのせいで、読みたい所に辿り着けん!」みたいに(笑)。

確かに僕も読み返してみましたが…。
長い…、マジで長い。

スクロールがダルい。
まあそれでもグダグダに書くけどね(笑)。

ってなわけで、この日は「久しぶりの登場」のメニュー。
まあもったいぶるようなモンでも無いですけどね(笑)。

ってなわけで、この日の日替りがコチラ。
photo7152.jpg
「ばら寿司・うどん・小鉢」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、今年初かなばら寿司は。
つーか「ばら寿司」「ちらし寿司」どっちの呼び方がエエのかな。

関西ではばら寿司かな〜。
でもコレ具を上から乗せてるから…。

ちらし寿司って気もする。
でも寿司メシに、具材も混ぜ込んでるから…。

まあばら寿司でもエエのかな。
「きららの仕事」みたいに「バラチラシ」って言えばエエのかな。

まあ、結論としては…。
どーでもエエかなと(笑)。

まっ、でもナカナカにエエ色合いかな〜と思いますね。
緑を醸し出している「グリンピース」がちょいと気に入らんけど。

まあカレーに乗せるグリンピースよりはエエかな。
アレはオレ的には許せない。

オレと結婚する人、気をつけてね。
って、相手いねー(笑)。

ってなわけで、こういうことが…。
無駄に長くなる原因だな(笑)。

ハイ、メニュー解説。
つっても、オレこの日何作ったっけ?

うどんの具材切ったくらいか(笑)。

イヤイヤ、弁当仕込んだりしてましたから。
ホントに、マジで仕事もしてますから。

最近結構疑われてますからね。
まあ確かに、すぐ消えるからね(笑)。

ってなわけで、まずは「ばら寿司」からね。
photo7153.jpg
お母さん、解説お願いします。

って、出てこねーよ(笑)。

え〜と、寿司メシには細かく刻んだ「高野豆腐」「人参」が混ぜられています。
いずれも、前もって煮込んで味を付けてあります。

で、その上に、「サバ缶」をフライパンでから煎りしてつくったオボロを乗せます。
サバ缶って何気にウマいですよね。

昨日もアレで飲んでました(笑)。

で、その上にさらに、錦糸卵。
そして「シイタケの煮付け」と「タケノコの煮付け」を乗せます。

もちろんさらに具材を乗せて行きます。
「エビ」「ウナギのかば焼」を乗せて…。

グリンピースと紅ショウガを乗せて完成。
僕的にはグリンピースじゃなくて、刻み海苔がエエんですけどね(笑)。

まっ、でもエエ感じの色合いでしょ。
もちろん味もウマいっすよ。

結構多そうに見えても、スイスイと喰えます。
で、このメニューと相性がエエのが…。
photo7154.jpg
「うどん」ですね。

無敵の炭水化物定食(笑)。

でもお好み焼きとご飯よりは、絶対に相性がエエはず。
これ以上はあえて言わないけどね(笑)。

ってなわけで、ウチは普段「うどん」は350円で提供しています。
まあ4月からどうしようか、悩む所なんですけどね。

で、その350円のうどんには「カマボコ・とろろ昆布・ネギ」が入っています。
ウチで「素うどん」って言うとこのうどんが出てきます。

だから「ホントに素」で食べたい方は…。
「素うどん、具抜きで」って言って下さい。

でも変な日本語やね(笑)。

で、このうどんも普段通りの具材で行っても良かったんですが…。
やはりそれじゃつまらない(笑)。

ってなわけで…。
「人参(最近定番やな)」を型抜きして、まずは1つ。

で、チクワを切って、これで2つ。
そして、エリンギを切って、コレで3つ。

それらにいつもの定番の具材を3つ(カマボコ・とろろ昆布・ネギ)。
ウン、物価と原価を考えて作れよ、オレ(笑)。

でもこれくらい入っていた方が、色合いもエエしね。
コレで出汁巻きとか入ったら完璧なんやけどね。

あまりやりすぎると、怒られるんだ両親に(笑)。

で、「人参・チクワ・エリンギ」は一旦煮て味をつけています。
もちろん、それぞれ別々の鍋で「違う味付け」で煮ました。

つーか、何気に手間かけてるな(笑)。

チクワはちょいと甘辛く。
人参は色を残したかったから、薄口醤油でサッと煮。

エリンギは…。
まあコレもどっちかと言うと薄味。

食感を楽しむ感じかな〜。
ってなわけで、コレらをうどんに乗せて出汁を入れたら…。

ハイ、完成!
で、後は小鉢の解説なんだけど…。

この日の小鉢は…。
「そこらへんに、あるもの」をテキトーに入れたんですよ(笑)。

イロイロ仕込んであったので、お客さんの好みに合わせてとっかえひっかえ出してました。
この時はタマタマ、煮豆。

まあそんな日があっても、よかんべ(笑)。

ってなわけで、寿司を頬張って、出汁をすする。
そこにうどんをすすって、また出汁をすする。

う〜ん、ええリズムや。
まっ、僕はこんなに炭水化物喰えないですけど(笑)。

でも寿司にうどんってエエですよね。
炭水化物ってよりは「汁物」って感じかな。

まあ汁物の割には、ボリュームはあるけど(笑)。

ってなわけで、この日のメニューはこんな感じでした。
で、営業の方は…。

ボチボチってところですかね。
忙しいって程じゃなかったですね。

「もう忙しすぎて会議に行けない〜」って状況になってみたいものです。
まあそれでも、会議に行ってると思うけどね(笑)。

ってなわけで、お客さんがいなくなったところで…。
お楽しみの昼食タイム。

寿司とうどんを喰ったら、ハラ一杯になって夜中のビールが飲めないから…。
でもばら寿司がウマそうに見えたから…。

ってなわけで、完成したワタクシのまかないがコチラ。
photo7155.jpg
「ミニばら寿司・残っていた炊いたもん・鶏肝の煮付け・春雨の酢の物」そして、冷えたビールとグラス。

ウン、分けワカンネー(笑)。

え〜と、ばら寿司は「ちょいと」って感じで作りました。
ビール飲み干した後、かっ込むと最高でした。

昼メシで「飲み」と「シメ」を実行する男(笑)。

で、煮物は弁当の残りの肉じゃがとか、うどんの具材の残り。
それらをグッチャグッチャに盛りつけました。

そして、そんなのをワザワザEOS 40Dで撮影しました(笑)。

イヤ〜、でもやっぱり昼はビールだね〜。

結局そんなオチで終わります(笑)。

banner_02.gif
↑「やっぱり長いよね、文章」って思った方は、クリックを!

2008年3月 6日

天ぷら専門店に行ってみたい

さてさて…。

あまりにも「京青連ネタ」が続いたので…。
タマには違うこと書きます。

まああちらのネタは…。
「悪魔会議」のことだけやからね、後は。

まあ「書いて欲しくない」人がほとんどやと思うから(笑)。

ってなわけで、久しぶりにメシネタ〜。
先週「水曜日」の日替り定食を紹介します。

ウン、やっぱりこのノリも大事やでココは(笑)。

ってなわけで、未だ…。
コンパクトデジカメの使い勝手が分からん。

まあエエかなと(笑)。

「大事なのは写真ではない、料理の内容や」ってことで。
でもブログには写真が大事なんやけどね(笑)。

ってなわけで、この日の日替りがコチラ!
photo7144.jpg
「天ぷら盛り合わせ・白菜の煮付け卵落とし・ヒジキ・ご飯・味噌汁・漬物」で、毎度の600円でございます。

ってなわけで、フラッシュを使わずに撮った写真を使用しています。
まあコレも悪くないかな〜。

ちなみに、メシは「少なめ」って人のモノです。
ウチ、メシは結構多めに盛りますからね(笑)。

ってなわけで、メニュー解説を。
まあ解説出来るほど、何をしたのか…。

それはエエやん(笑)。

ってなわけで、まずは「天ぷら盛り合わせ」ですね。
photo7145.jpg
なんか写真がぼやけてる気が…。

まあエエかな(笑)。

でもみんなは「文章」を楽しみにしているのか「写真」を楽しみにしているか…。
どっちなんですかね?

まあどちらも大したことはしてませんけどね、オレ(笑)。

ってなわけで、この日の天ぷらは…。
「エビ・サツマイモ・カボチャ・水菜・ナス・エリンギ」を使用しています。

この値段で、エビの天ぷら。
まあ安いのを使ってますけどね(笑)。

でもエエ感じだよな〜。
600円と言う中では頑張ってるかなと。

まあ自分で言い出したら終わりかな。
「さらに」「もっと」を心がけます。

それはブログにも言えるのかな〜。
まあココはコレまで通り、ダラダラで(笑)。

ってなわけで、仕込みはまあ材料を切るだけですね、基本的には。
もちろん、切り方によっても味は変わりますけどね。

でも一番大事なのは…。
やはり「揚げ」ですよね。

「全ての材料が、同じタイミングで揚がる」ようにするのはナカナカに大変です。
しかし、それをするのがプロ。

ってことで、父…。
任せた(笑)。

イヤ、僕も出来る自信は無いことは無いです。
でもウチの昼営業は…。

結構連続で、お客さんが来るわけですよ。
一人か二人のお客さんなら、何とでもします。

でも連続で5人とか来ると…。
で、注文がみんな日替りだと…。

コレが大変。
そうなると、やはり父にはかないませんね。

って言うか、戦えてない(笑)。

でも手順を見て、動きを見て…。
覚えるって楽しいですよ。

それって、仕事以外にも言えることじゃないかな〜。
貪欲に「学んだるねん」って大事かなと。

まっ、とにかく僕は天ぷら揚げるのがまだ未熟部分が多いと(笑)。

でもとにかく天ぷらは「揚げたて」を喰うのが一番ですよね。
つーか、その部分をクリア出来たら…。

「うまい天ぷら」のかなりの部分を占めれると思う(笑)。

ってなわけで、天ぷら専門店に一緒に行ってくれる方募集します。
まあ来ねーだろね。

自分で分かってますから(笑)。

ってなわけで…。
酒を飲む時は「塩」もウマいけど…。

メシを喰うときは、やっぱり天つゆに大根おろしですよね。
つゆをどっぷりと浸した天ぷらをメシに乗せるとコレがウマい。

ってなわけで、「天ぷらは揚げたて」ってことで。
さて、次のメニューに行こうか。

って、全然「天ぷら」について書いてないね。
でもソレがこのブログやから(笑)。

ってなわけで、次のメニューがコチラ。
photo7146.jpg
「白菜の煮付け卵落とし」ですね。

う〜ん、写真ぼやけてるね(笑)。

まあまあ、コレからですやん。
気長にね(笑)。

ってなわけで、まずは白菜をぶつ切り。
大きさはテキトーに(笑)。

で、人参も切っておきます。
後は…「エリンギ」を使いましたね。

味付けは「昆布とカツオの出汁」に…。
「砂糖・濃口醤油・味醂」ですね。

あっ、そうそう「牛肉」も使ってるね。
和風出汁に「肉」ってあうんですよ。

「グルタミン酸とイノシン酸の合コン」って感じで。
って、分かりにくいねん(笑)。

まあようは「コレらの材料を、一緒に煮ました」ってことですよ。
だから、いろんな具材から旨味が出ます。

で、それを白菜が吸うんだな〜。
またソレがウマい。

メシに合う(笑)。

で、最後に玉子を落とすことによって…。
ボリュームもアップ。

う〜ん、玉子。
って、アホな文章書くな(笑)。

ってなわけで、コレがメインね。
後は「小鉢」ですな。

って、ホントに相変わらずグダグダですね。
まあ「らしい」のかな(笑)。

ってなわけで、この日の小鉢がコチラ。
photo7147.jpg
「ヒジキ」ですね。

まっ、基本的には「ヒジキと色んなものを炒め煮」にしたもんです。
ちなみにヒジキと一緒に炒め煮にされる具材は…。

母がテキトーに選びます(笑)。

でもそれくらい「懐」が深い食材かも、ヒジキ。
何入れてもウマいって気がするもん。

普通に炒めたり、ゴマ油で炒めたり…。
ウン、イロイロ出来るな〜。

コレもまた研究だ。
レンコンとタケノコはエエな〜。

でも人参はハズしたくないな〜。
まあコレも研究。

ツマミながら飲んでるだけって話もあるけど(笑)。

でもこのヒジキをメシに混ぜたら…。
イヤ、マジメにツマミになります。

今も「ソレを作ろうか」悩んでます。
って、飲んでるのバレバレやん(笑)。

ハイ、ってなわけで、こういうメニューでした。
何も説明になってないけど。

まあ久しぶりのメシネタってことで、オレはオモロかった。
読んでいる方は、文句言いたいかもしれんけど(笑9。

ってなわけで、この日の営業は…。
ちょいとヒマだったかな〜。

まあイロイロありますからね、ここら辺も。
ってなわけで、昼営業が終わって…。

「何気にヒマやな」って時に、昼食タイム。
天ぷらも食いたいし、天ぷらにはアレを合わせたいし…。

ってことで、完成したまかないがコチラ。
photo7148.jpg
「天ぷら盛り合わせ・盛りそば・ナポリタン」そして、冷えたビールとグラス。

ってなわけで…。
「そばにスパゲッティー」この意味が分かりませんね〜(笑)。

まあ残っていたものをお盆に乗せただけですからね。
あえて言うなら…。

「ナポリタンはツマミ」で「そばはシメ」だったのかなと。
でも炭水化物好きやな、コイツ(笑)。

でも…。
■天ぷらでビール
■ナポリタンでビール
■そばで締めた後の一杯

全部ウマかったよ。
まあ結論は…。

「好きに喰え」ってことかな(笑)。

banner_02.gif
↑「ホントにテキトーだね」って思った方は、クリックを!