2006年1月23日

音楽で地域活性化!

僕は大阪で結構な数のバンドのレコーディングに関わってきた。
しかしこの地域では、そういうことができなかった。

いや「やっていなかった」と言い換えた方がイイかもしれない。
僕は前町議時代に、音楽を活かした「若い世代との交流」ができなかったことを後悔している。

ある意味僕にしかできなかったことかもしれないのに、僕はそれができなかった…。
でも今回は違う、僕は今度こそ「音楽で地域活性化」を成し遂げたい。

そういう思いも含めて、音楽で地域活性化を!
というものを作ってみた。
ちなみに写真は大阪で僕がレコ−ディングを行なったバンドで、音楽も僕がレコーディングをおこなったものだ。
photo247.jpg

もちろん今後も大阪のバンドのレコーディングも行なっていく。
今年はかなり積極的に、活動するつもりだ。

しかしそれと並行して、この地域の音楽好きな仲間を増やしていきたい。
そうして、大阪のバンドと福知山のバンドがイベントを開催…、考えたらワクワクしません?

CDを作ったり、複数のミュージシャンによるオムニバスを作ったり、プロモーションビデオを作ったり…、
やりたいことは無限にあるのだ。

こんな時代だからこそ「夢」と「希望」を持ち続けたいんですよ、ワタクシは。
矢沢永吉とイチローが対談で言っていた。

矢沢永吉は「30歳の時50歳になってもうたい続ける」と思っていたらしい。
イチローは「50歳になっても現役プレイヤー」が夢らしい。

2人とも物凄くカッコいい!
僕は「60歳になっても、音楽仲間とバカやれる」そんな自分であり続けたいと思う。

まっ、理想は「死ぬまで、音楽バカ」ですね(笑)。

2006年1月14日

憧れと、夢

※昨日のトータルアクセスが初めて200を超えました!ありがとうございます。なんとか「カニ」に勝つことができたようです(笑)。

僕が毎月書かさず読んでいるサウンド&レコーディング・マガジンなのだが、1月号は特に毎年楽しみにしている。
理由は「プライベート・スタジオ特集」が毎年、掲載されるからだ。

やはり音楽をやっているもの、プロがどういう環境で作業をしているのか気になる。
photo213.jpg

もちろん全く同じ機材を揃えたから、その人達の音が出せるわけではないが…。

しかしいつからだろうな〜、僕が自分の部屋を「MD STUDIO」って命名したのは。
大阪でバンドやってて、レコーディングしようにも金もなくて、知り合いもなくて…。

そのくせに「こだわり」だけは人一倍で(笑)。

結局「え〜い、めんどくせー、自分達でやってまえ!」と一念発起し、セルフレコーディングを敢行した。
僕自分で言うのも何なんですが、データ管理に関してはかなり「マメ」なので当時の音源もあります。

大体8年前くらいですかね〜…。
とても「公開」できる代物ではないですけどね。

でも楽しかったですよ、途中でおかしくなりかけましたけど(笑)。
自分達でやってるから、時間制限はないし、そのかわりに気が狂うほどレコーディング繰り返しましたけど。

当時僕は、高校の後輩とバンドを組んでいまして、よく怒ったわけです。
特にベースは陸上部の後輩ということもあり、仲も良かったんですけどね。

まあ3時間のスタジオ練習で、「1時間30分」説教したのは今でも反省しています(笑)。
ベースを5時間以上弾かせて、「ダメ、ボツや」と一瞬で地獄のどん底に落としたこともありました。

他のバンドとも、いろいろ作業して熱く語り合って…。
で、途中で絶対に、揉めて…。

終ってみたら、酒盛り(笑)。
photo214.jpg
これが大阪での「伝説の部屋」です。

金もなくて、仕事もなくて、でもよく酒飲んで音楽を語り合ったな〜。
とにかくパワーに満ちあふれていた。

過去の宮木猛よ、僕はお前以上のパワーをこれから出し続けるぞ!

2006年1月12日

嗚呼…、カニに敗北

このサイトのアクセス数の変化を調べてみた。
ハッキリとわかったことは「僕の財政論」の記事は人気がない(笑)。

それに比べて「カニ旅行」の記事を書いた日はアクセスが伸びた。
宮木猛「カニに敗北!」(笑)。

まあ笑ってばかりもいられませんが、やはりもっとわかりやすく財政論も説明できなきゃだめですね僕。
photo207.jpg
つ〜わけで、固い話はとりあえずやめて、僕のやりたいことを書きましょう。

写真は大阪のスタジオでの録音作業風景です。
僕はレコーディングのほとんどを、自宅で行ないますがドラムだけは外部スタジオを使用します。

理由は「家でドラム録音できないから」です(笑)。
まあドラムが鳴らせりゃ、どこでもいいってわけでもないですけどね。

で、このスタジオはかの「円弘志」経営のスタジオです。
ここを含めて、結構な数のスタジオを経営しています。
僕ら思っているり、稼いでますよあの人(笑)。

僕はいずれ、地元にもスタジオを創りたいと考えています。
基本的には「満足いく音が録れるスタジオ」なので、ハードルは高いです。

そしてそのスタジオで、いろんなバンドのレコーディングを行ないたいのです。
僕は現在主にレコーディングを行なっているのは、大阪のバンドです。

10年ほど大阪に住んでましたから、その関係が今も続いているのです。
でも地元や近隣市町のバンドのレコーディングはやったことがありません。

僕はその点では、地元との交流をサボっていたと思います。
今こそ、いろんなヤツらとこの場所から音楽を発信できたらな〜と思っています。

でもレコーディングにはある程度、お金も機材も必要です。
無論まともにエンジニアを頼んだら、結構なお金がかかります。

その部分を自分達で、できないのか?と思って、僕はやってきたわけです。
完全に独学ですし、ましてやセオリーなんか無視しまくりで作業しています。

でも完成した作品には、僕たちならではのエネルギーが込められています。

スタジオ建設…、いつか実現しますよ!

って、なんでタイトル「カニに敗北」やねん(笑)。

2006年1月 6日

猛の部屋

僕は音楽が好きだが、ここ最近はエンジニアとしての作業が多い。
で、今日まで結構真面目な記事(そうか?)を書いてきたので、今回ひたすら「道具自慢」に走ることにした(笑)。

恐怖の「写真だけ載せるぞ」エントリーです。
まずは猛の部屋の全景から…。
photo162.jpg

漫画はまだまだ持ってます。
photo163.jpg

興味ない人からしたら、「?」って感じでしょうね(笑)。
photo164.jpg

どっかのバンドのMix中ですね。
photo165.jpg

MTRもたくさん持っています。物持ちが良過ぎて、なかなか売れません(笑)。
photo166.jpg

やはり録音にコンデンサーマイクはかかせません。
photo167.jpg

これは主にドラム録音用のマイクです。今は大阪のスタジオに預けてあります。
photo168.jpg

とりあえずこんな感じで音楽作ってます。
詳しい機材説明はカテゴリーの「Mac」でイヤというほど説明してます(笑)。

たまにはこんな記事もイイもんだ!