2009年8月13日

愛機

さてさて...。

何を書こうか...。
ってな悩みは一切無い宮木です(笑)。

まあ自分で言うのもなんですが...。
ブログ書くネタで困る事はまず無いです。

過去ネタも死ぬほど持ってますし...。
様々なジャンルでイロイロ持ってますから。

まあ広いだけで浅いけどさ(笑)。

ってなわけで、最近は映像編集なども沢山行なっているワタクシですが...。
別に得意ではないんですよね、マジで(笑)。

何かイロイロ頼まれててやってたら...。
得意と思われちまったと(笑)。

未だに説明書とか解説書とかとにらめっこです。
奥が深いんですよ、映像編集。

で、映像より僕が「得意です」と言い切れるのが...。
音楽作業ですね。

録音とかMixですね。
ここは自信があります。

まあ小さいかもしれんけど(笑)。

で、一応自宅に作業部屋をこしらえて、日々作業に...。
最近はいそしんでません。

そのヒマが無いです(笑)。

でも、もう少し色々とやりくりとして、その時間も作りたいなと。
時間は1日24時間ってのは決まってるんだけど...。

ウマくやれば、結構時間は作れるなと。
ハイ、そういうことでイロイロなことに向けて調整中です。

なんか含んでるなこの文章(笑)。

で、音楽作業はイロイロな機材の変更があって...。
現在は完全にMacベースに移ってます。

録音からMixまで基本的にはMac内で完結してますね。
Podを外部エフェクターで使う事はあるけど...。

うん、後は完全にMac内で完結かな。
まあでもそうなるまでには、結構時間はかかりましたけどね。

「パソコンで音楽が作れるか!」とか言ってもんな〜。
今は「無しでは作れない」ってなってるけど(笑)。

イヤ、Macはバンドやってる時から愛用してましたけど...。
音楽に使うってことを考えてませんでしたからね。

フライヤーを作るのがメインだったしね。
で、録音やMixは...。
2009081303.jpg
RolandのVSシリーズでやってましたね。

まあイロイロと機材があったワタクシのスタジオですが...。
結構今ではある程度整頓してます。

でも...。
コレは手放せないんですよね。

もうね、動かなくなっても手放さない(笑)。

過去にも書いたかもしれませんが...。
ホントにコイツは使い倒しました。

え〜と、最初に購入したのがVS-880ですね。
カセット4トラックのMTRしか知らなかった僕からしたら...。

「ノイズが無い!」ってビックリしたもん(笑)。

ようは演奏をしてない「無音」の時に...。
テープのMTRはザーザー言うの(笑)。

でもそれが無いんですよ。
で、8×8の64トラック。

編集をやり直せる機能。
イヤ、ホントに当時は「何じゃコレ!」って思ってましたからね。

で、購入したら...。
もう使いまくりですよ。

さらにCDが焼ける機能がついたり、オートミックスが出来るようになったり...。
「コレでレーベルが立ち上げれる」って真剣に思ったもんね。

うん、スキマスイッチのアフロの人と同じ考え(笑)。

でも、同時再生が8トラックだったので、不満も感じてました。
なのでムリしてもう一台購入。

金もないのに、どうやって購入したんだろ...。
まあジャンプも毎週買ってたしな、金は無かったけど(笑)。

で、「コレで同時再生16トラックや!」って思ってたら...。
ハイ、VS-1680が発表されました。

うん、当てつけか(笑)。

でもスペックがスゴかったんですよ、当時としては。
「ハードディスク2GB」とか驚愕してたからね。

ちなみに、今は20TBくらいハードディスク所有してますけどねオレ(笑)。

で、その2GBにかなりの長時間レコが可能。
まあコレはRoland独自の圧縮技術があったんですけどね。

その音質に対して、否定的な人もいましたけどね。
でも、VS-1680は僕にとっては、かなりショッキングな出来事でした。

ハイ、コレも買いました。
結構やけくそで(笑)。

ってか、エフェクト関係が良かったんですよね。
特に空間系がね。

で、VS-1680とVS-880×2台を駆使して作業してましたね。
まあ実際にはVS-1680とVS-880を1台使うって感じだったかな。

VS-880にはドラムの音を流し込んで...。
残りをVS-1680で編集って感じでしたね。

で、それを同期させてMixしてDATに流し込むと。
ってか、DAT懐かしい(笑)。

もちろん所有してましたよ。
ってか、今でも持ってます(笑)。

当時のマスター沢山ありますからね。
だから、手放せない。

つーか、時間があったら全部ハードディスクに取り込みたいんですけどね。
ナカナカそれが難しい(笑)。

で、VSシリーズを使ったMixは...。
VS-880からデジタルでVS-1680へドラムの音を2トラックで送る。

で、その際に、カセットのMTRを通したりしてましたね。
ノイズは編集でバッサリ切れるしね。

ってか、当時僕のバンドはウチ込みでしたから...。
やっぱりちょいとアナログ感が欲しかったんですよね。

ってなわけで、マスタリング用のエフェクトも追加されたVSを使って...。
全部やってましたね、Mixからマスタリングまで。

で、それで作ったCDもたくさんあるんですが...。
今聞いても「どういう設定で?」ってのがありますわ(笑)。

この当時は結構「かけ録り」もやってましたからね。
今は「とりあえずナチュラルに録音して、後で」って感じなんだけど...。

昔は「最初から作り込んで録音じゃい」って感じやったからね(笑)。

で、今だったらギターの音もプラグインかPODで作るんだけど...。
昔はいろんなプリアンプを試して、試行錯誤でやってましたね。

つーか、そのために、沢山持ってたもん(笑)。

ちなみに、こういう感じ。
2009081304.jpg
好きな人が聞いたら狂喜乱舞するようなプリアンプもありましたね(笑)。

「exef PSE 1000 MK2」で検索したら多分このブログにたどり着きますよ。
つーか、真空管をいろいろ変えれて...。

ええプリアンプでしたよ。
またフットスイッチがデカイ(笑)。

で、これらのプリアンプのアウトプットをVSに繋いで...。
そして、VS内蔵のアンプシミュレーターを使用して音作りをしてましたね。

結構好きだったんですよ、VSのアンプシミュレータ-。
つーか、今でもかなり好き(笑)。

「コレでしか出せない音」ってのが間違いなくありましたからね。
で、イロイロと機材が変わってきた我が「MD STUDIO」ですが...。

VSシリーズは今でも目につく所に鎮座しております。
タマに、エフェクター代わりに使うんですよね。

コレでしか出せない質感もありますしね。
で、また...。

コレで録音したバンドのデータが死ぬほどあるから...。
全部現在のシステムにデータを移動させるまでは、手放さない。

ってか、先ほども言ったように...。
絶対に手放しませんよ。

一緒に、やってきたもんな...。

Power Book G4 667MHzとVSシリーズは動かなくなっても絶対に手放しません。
ホントに沢山の音を作ってきたからね。

まあ一応ケアはしてますので...。
今でもバンバンに動くんですけおDね。

つーか、使ってるし(笑)。

うん、一緒にトコトンやろう。
でも起動...。

遅いよね、どれも(笑)。

banner_02.gif
↑「タマにはこういう話もエエね」って思ってくれた方は、クリックを!

2009年8月 9日

またグダグダになったのか?

ハイ、テレビはあのお方の話題で一杯。

でも僕はマイペースで自分の事を書きますよ。
時事ネタを書いて、アクセス数を増やす気もないしね(笑)。

ってなわけで、今日は与謝野町商工会青年部のイベントに行く予定だったんですが...。
仕事でどうにも動けませんでした。

片付け全部終わったの、午後9時30分頃だったしね。
それからどこに行くのって話しやし(笑)。

ハイ、そういう分けで、淡々と最近の事でも書きましょう。
読んで何がオモロいんだって話をね(笑)。

え〜と、7月26日はみわ鮎まつりが中止になり、昼過ぎから飲んだくれる。
そして翌日月曜日も...。

この日は夕方から用事があったので、さすがに昼からは飲んだくれてません。
まあ夜は飲んだくれてたけど(笑)。

で、その日は車で出かけてたので...。
車は野田川に置いて帰宅(笑)。

で、帰宅後は...。
一人でまた飲んで...。

お店のまかない部屋で飲むと。
そりゃ、骨曲がるわ(笑)。

とりあえず、まあそういう毎日を過ごしてますね。
で、何度もここで書いてますが...。

新しい事を始める予定です。
音楽レーベルになるか、会社になるか...。

興味のある人は、またご連絡下さい。
やりますよ、今年は!

ってなわけで、28日。
あっ、7月ね(笑)。

え〜と...。
なにしてたっけ(笑)。

何気に何もなかったような気がする。
まあタマにはそういう日が無いとね。

ってか...。
作らなきゃいけない映像とかあったんだけど...。

自分で無理栗オフにしたって感じですね。
「明日があるや〜ん」って感じに(笑)。

僕、どんな依頼も毎回「ギリギリ」なんですよね。
こういう「明日がまたあるや〜ん」ってのがアカンのかな(笑)。

ただね、数日に作業を分けたからエエもんが出来るってわけでもないんですよね。
まあ下ごしらえはしておいた方がエエのはエエんですけどね。

でも、結局前日になってるオレ(笑)。

そして、29日...。
この日は夜から福知山市商工会の「活かそうホームページ」勉強会がありました。

僕は一応...、講師って役目。
まあ人に教えられることなんて、ほぼない人間ですけどね(笑)。

で、本来なら、僕がテキストなり用意する必要があったんですが...。
すいません、何も用意出来ませんでした(笑)。

でも、基本的には「みんなネットに繋ぎながら」の勉強会だったので...。
うん、その場でもなんとかなるかなと思ったんですよ。

う〜ん、苦しい言い訳(笑)。

ってなわけで、参加者は少なかったんですが...。
エエ感じで進みましたね〜。

って、僕は思ったんですが...。
参加した人からしたら「いつになれば、ホームページが?」って思っただろうな〜。

イヤ、ホントに僕の準備不足でした。
でも大事なのは「まずやってみる」ことだと思うんですよね。

苦しんでも、とにかく自分でやってみる。
コレが大事だと思うんですよね。

僕自身、初めてブログを立ち上げるとき...。
「普通のサービス使うのもな〜」って思って、Movable Typeを購入しました。

まだバージョンは3の時代でしたね。
で、31500円払いました(笑)。

そして、商品が届いてインストール...。
コレが出来ずに、死ぬほど苦しみました(笑)。

過去の記事にその様子も書いてるので、また探して読んでみて下さい。
まあ「目的の記事」を探すのが困難なんですけどね、このブログ(笑)。

ってなわけで、その当時からしたら...。
最近は楽だな〜。

ってか、オープンソースも登場したから...。
オレは何に対して金を払ってるんだ?(笑)。

まっ、でも正式ユーザってのは結構気持ちいいのでね。
で、終了後は帰宅して...。

またまた飲み。
自宅で飲んでました。

でも、自宅のネットがウマく繋がらないので、イライラ。
携帯が壊れても、無くしても全然平気なんですが...。

自宅とお店のネット環境が壊れると気が狂います(笑)。

イヤ、いろいろな役職を受けているので...。
一日にスゴい量のメールが来るんですよ。

迷惑メールを含めてね(笑)。

で、出来る限り、何度もチェックをしたいんですよ。
だから、自宅で飲みながらもMacBookは欠かせません。

しかしそれもネット環境あっての事。
ってなわけで、この辺りはそのことでイライラしてましたね。

で、この日は...。
あっ、自宅で飲んでない。

記憶を捏造しちゃった(笑)。

この日は、翌日7月30日の商工会青年部主張発表大会京都大会のオープニング映像を作ってたんだ。
もちろんいつもの通り...。

何も出来てない状態(笑)。

とりあえずお店のまかない部屋にて作業開始。
ゼロからの作業なのに...。

バカだから、Final Cut Studioをバージョンアップ。
ホントにバカだ(笑)。

でも使ってみたかったんですよね、最新バージョン。
そして、LiFE with PhotoCinema3もこのとき初めて使用。

それで作ろうとするんだから、ホントに冒険家だオレ(笑)。

でも結果としては、良かったですね。
僕の映像の作り方は...。

そうですね、セッティング的には...。
「ラックエフェクターを使用する」ギタリストって感じかな。

いるじゃないですか、ラックをメチャ積み上げるギタリスト。
「アレ何に使うんだろ?」って思うでしょ。

僕も最初はそう思ってたし(笑)。

ラックエフェクターは「いろんな音が作れる」のが利点ですよね。
しかし、それを沢山セットしてる。

「一つでエエんちゃうん?」って思うんですが...。
アレは「このラックのこの音だけ使いたい」みたいな感じなんですよね。

「これディレイはいいけど、歪みは今イチ」みたいな事があるんですよ。
だから、満足するものを揃えたら...。

あーいう、ラック山積みになると(笑)。

で、僕自身、いろいろと映像や画像処理が出来るソフトを揃えています。
それぞれ「単体」で編集が出来るものが多いですね。

しかし、僕はそれらを、「お気に入りのラックの音色」って感じで使ってますね。
コンパクトエフェクターを沢山並べるのとは、また違うんですよね。

え〜と、僕が今使ってるのは...。
そうですね、まずメイン編集ソフトはFinal Cut Proですね。

コレで最終の仕上げをしてます。
後は、パルプモーションとか、Still LifeとかLiFE3とか...。

もちろんLiFE2も使いますね。
パルプモーションも前バージョンも使いますね。

後、iPhotoもバージョンによって出来ることが違うので...。
それも使い分けてます。

だから、複数台のMacが必要になる(笑)。

iMovieも昔のバージョンと現在のバージョン両方使いますね。
で、それらで作った映像を...。

Final Cut Proでまとめるって感じですね。
音に関してはCUBASEかPro Tools LEを使用して編集しています。

全部一台のMacで出来ればいいんですが...。
まっ、それも難しいので、複数台使い分けてますね。

まだOS9を使う事もあるしね。
今見たら「なんだこのOS」って思っちゃうのよね。

昔はOSXを見て「何だコレ?」って思ってたのにね(笑)。

OS9を使うのは音楽的な作業の時ですね。
それでしか動かないプラグインとかあるんですよ。

後、マスタリングでも使うかな。
OSが変わると音も変わるので、使い分けてますね。

僕的にはドラムをOS9でCUBASE VSTで録音編集して...。
CUBASEの最新バージョンで他の楽器を録音してMixってのがエエかな〜。

で、マスタリングに関しては...。
OS9で動作するWave Buner Proがエエんですよね〜。

編集しやすいし...。
音質が良かった!

標準のEQも良かったんですよ。
WAVESのEQ以外で、初めて気に入ったEQでしたね〜。

しかし、何故かOSXになってから発売されず。
今はLOGIC STUDIOにパッケージされてるみたいですけどね。

ちなみに、Wave Buner Pro単体で発売されていた時は5万円くらいでした。
それが今は...。

LOGIC STUDIOの一部...。
ってか、5万円くらいやん、このパッケージ。

あ〜、安すぎる(笑)。

僕的には、Wave Buner Proだけまた単体で販売してほしいんですけどね。
ただ今のままじゃなくて「マスタリングソフト」として特化して作り直された形で販売してほしいですね。

ってか、単体で発売出来るだけのポテンシャルはあると思うんだけどな〜。
え〜と、僕は現在マスタリングはCUBASEでやってますね。

最終マスターを焼く時は、Toast使ってますね。
で、CD焼く時はSCSI接続されたドライブを使用して「等倍(1倍速)」で焼いてます。

ってか、僕が使用しているYAMAHAのドライブ...。
壊れたらどうしようかなと考えています(笑)。

いい音で焼けるんですけどね〜。
ただ、壊れたらどうしようもないんですよね。

オークションでもエエ値段になってるし。
一応、予備として2台は確保してるんですけどね。

気楽にCD焼けるようになったのはエエんですが...。
気に入らない音質なんですよね。

まあ音の好みは人それぞれあるのはあるので、エエんですけどね。
しかし、僕は自分の好みに合わせたい。

なので、車用にもなんでも...。
基本的に自分でリマスターしてCD作って聞いてます(笑)。

昔の音源は基本的に、今より音圧が低いです。
まあ簡単に言えば、音量が小さいと。

WAVESのL1なりL2なりかませば、まあ大体音量は今っぽく出来ます。
でもそれだけでは、あまり聞いても気に入らないんですよね。

僕が車用に聞くCDを作るときにやる作業は...。
ってか、僕の車用のCDは基本中身はメチャメチャです。

「荒井由美が流れた後に、メタリカ」なんて感じです(笑)。

でもそれらが、違和感無く聞けるようにしたいなと。
イヤ、違和感は出るねんけどね(笑)。

なので、EQやらコンプやらイロイロ調整します。
ただ、基本的に元音源の良さは消さずにリマスターするって感じですね。

コレが時間もかかるんだけど楽しい。
つーか、コレをしないと車で聞きたく無い。

だって、当時のそのままをCDに並べて聞く事は簡単だけど...。
それだとメタリカの音が小さくて、ミスチルの音がデカイんだよ。

あり得ねー(笑)。

なのでそういう部分も直して行きます。
ってなわけで、「宮木猛変セレクション」を聞きたい方はまたご連絡を。

B'zが流れて、メタリカで、オレのバンドで、パンテラで...。
なんて感じでメチャメチャです(笑)。

でもそれらをドライブしながら(あまり車運転しねーけど)聞きたいなと思うんですよね。
ってか、なんの話からこうなったんだろ。

気がついたら日付変わってるし(笑)。

ハイ、とにかくこの状態で一度アップしますか。

あ〜、またグダグダに書いちゃった(笑)。

banner_02.gif
↑「まあ死ぬまでグダグダでしょ」って思った方は、クリックを!