2011年2月21日

エガちゃんと山岡さん

ハイ、ちょっと更新が滞ってましたね。

それだけ頑張って生きてるんですよ(笑)。

イヤ、なんかワカランケド、結構ドタバタの毎日です。
左手が震えて困る困る。

それって、アル中?

まあエエか(笑)。

何気に自分で言うのもなんですが...。
結構毎日忙しい人間なんですよね。

でも...。
手帳を持ち歩かない(笑)。

携帯に入力するわけでもなく、Macに入力もしない。
ハイ、まあ「覚えてたらなんとかなるやろ」って感じで生きてます(笑)。

まあでもさすがに、「記録しておかないとアカンな」とも思い始めてますけどね。
でも結構覚えれるもんですよ。

ってか、結構「忘れるもん」でもあるけど(笑)。

ハイ、そういうわけで、今週は...。
イヤ、先週か(笑)。

2月16日は京都青年団体会議の代表者会に行ってきました。
もうね、最近「何の立場」で出席してるか、分からん状態(笑)。

でも代表者会は楽しいですね。
京都府内の15団体の「長」と一緒に時間を過ごせるってのは、絶対にプラスになりますからね。

ってか、僕は「京都府商工会青年部連合会」の副会長なんで「会長代理」での出席なんですけどね。
だから、まず「名前と顔を覚えてもらう」のが大変なんですよね。

自分では「クセの無い、覚えにくい」人間だと思ってるのでね。
まあコレは周りからは「そりゃないわ」との意見が多いんですけどね(笑)。

イヤイヤ、僕そんなにアクが強いですかね?
結構「普通」だと自覚してるんですが...。

「鍋で煮てもアク浮かばねーぜ」ってくらいに、思ってるのに。

まあみんながどう思ってるかは知らんけどね(笑)。

でもやっぱりお互いに顔を覚えて、名前も覚えて...。
お互いの会のことを話せるようになると、楽しいですね。

特に、名前を覚えてもらうと楽しい。
キャラは薄いつもりなんだけどね(笑)。

ってなわけで、16日は深夜まで飲んでました。
午前3時過ぎには、毎度の京都駅前のサウナへ。

この日は「態度の悪い」店員じゃなかったんですよね。
なんか、寂しかった(笑)。

イヤ、「‥した...」みたいな態度で接客されると、目が覚めるんですよね〜。
で、朝も寝坊しないと(笑)。

ちなみに、サウナでは「仮眠室」で寝ることはないですね。
理由は簡単です。

「寝てまうから」ですね(笑)。

午前3時に寝て、2時間後に起きるのは結構大変なんですよ。
年々オッサンになってる僕としては(笑)。

でも午前5時33分京都発の電車に乗らないと...。
仕事が出来る時間に帰れないんですよね。

まあ6時22分の電車に乗ってもエエんですけどね。
それだと、午前9時にお店に出るのが難しくなると。

商工会やその他のことが忙しくても...。
基本的には、定時にはお店にいたいなと思うんですよね。

まあそれも無理な時もあるんですけどね(笑)。

体はシンドイですが、仕事あっての青年活動ですからね。
ただ朝の電車は、高校生とかが乗ってるからそれが...。

まあアチラも「酒臭いオッサンが座ってるな」って思ってるか(笑)。

ってなわけで、週末もとにかくドタバタでしたね。
ハイ、結構真面目に仕事とかしてました(笑)。

宮木猛=仕事、ってスゴくイメージしにくいらしいですけどね。
イヤ、僕も仕事しないと、飲み代も稼げないから(笑)。

ハイ、で今週も...。
結構ドタバタ(笑)。

まあでも今日は基本的に休日なので、午前中はちょいとゆっくりしてました。
ってか、日曜日に飲み過ぎて動くのがしんどかっただけなんですけどね(笑)。

で、まあネットとか見ながら、何気にボンヤリ。
コタツに横たわりながら、マンガを読む休日は最高ですね。

で、何気に動画とか見てたら...。

オモロいのを発見。

タマタマ昨日「この映像にはこの曲が」ってことで「AKB48」の名前が挙がってたんですが...。
ってか、僕的にはあまり使いたいとは思わないんですけどね、AKB48の曲(笑)。

まあ記念DVDだったら、エエのかなと。
10年後に見て「あ〜、こういうアイドルおったな」って振り返れるし(笑)。

しかし、江頭キャラ濃いね。
ウチの地元の祭りに来てくれないかな?

ギャラはいくらなんだろ?
イヤ、マジで考えよ。

で、夜は一緒に飲みに行くと(笑)。

ってなわけで、まあ僕言うまでもなく...。
マンガ好きなんですよ。

で、酒飲んでたら「マンガのタイトル」でネット検索とか結構するんですよね。
ちなみに今日のキーワードは「富井副部長」です。

美味しんぼは全巻持ってますが「何故に、富井副部長がクビにならないのか」長い間疑問に思っている人間です。
あの人、僕以上のアル中ですよ(笑)。

で、まあ富井副部長でネット検索してたら...。
美味しんぼの画像も沢山出てきました。

「コラボ」っていうか...。
まあ内容をかなり作り替えた画像(笑)。

コレが結構ツボにハマったんですよね。

ってか、ここに載せるかどうかなんですが...。
まあエエかなと(笑)。

ってなわけで、美味しんぼ13巻の「一番最後」に載っている話のパロディー。
93f3add3654524a3167397aff1810829.jpg
山岡さん死んでます(笑)。

実際の話は...。
「野球を見に行って、ファールの打球を山岡さんに当たる」
「打球を当てた選手が謝りに来る」
「そこでみんなから『今年はどうしたの』って聞かれる」
「スタミナをつけるためにニンニクを沢山食べてるけど、体調が上向かないとの悩みを聞く」
「山岡さんが『その食べ方ではダメだよ』と指導する」
「体力を取り戻した選手が再びファールを山岡さんに当てる」

で、山岡さんが「前の打球よりスゴい」って言って締める話でした。
ってか、13巻読んでから、見て下さい(笑)。

ただ、この画像は「最後のセリフ」のフォントが単行本とは違うんですよね。
そこが惜しい。

で、それも乗り越えたスゴい画像があったんですが...。
今見ると、ちょいと載せれないなと。

イヤ、マジでここに苦情来そうな画像だったし(笑)。

ってなわけで、いつも以上に内容の無いお話でした。

ウン、締めれてねー(笑)。

banner_02.gif
↑「山岡さんは1巻では27歳」って知ってる方は、クリックを!

2011年2月18日

ビール飲みながらマンガ読むのが大好き

さてさて、今日はなんか昼から風がキツかったですね。

まあ僕「外出」は、結構してますが...。
アウトドアではないです(笑)。

なので、季節の移り変わりに鈍感です。
なんせ、年中「ほぼ同じ格好」で仕事してますからね。

これが味いちもんめなら、親方から怒られます(笑)。

ってなわけで、まあ最近は何気に交流の輪が広がって来てるのを感じますね。
まあ元々「友達」が非常に少ないのもありますけどね(笑)。

昔の知り合いの電話番号とか、全く携帯にないですからね。
これには理由があって...。

イロイロ忙しくなったら僕は「携帯を破壊」するんですよね。
ブチ折ったり、便所に投げ捨てたり。

で、その度にメモリーが無くなる。
とりあえず、必要最低限の番号を登録。

メルアドはメンドクサイので、登録しない。
もちろん「メモリー」のバックアップは取ってない。

画像や映像データーのバックアップには、何よりウルサい人間ですが...。
携帯のデーターはどーでもエエ人間です(笑)。

まあでも今年は今の所、携帯破壊はしておりません。
5月あたりにしちゃいそうな気がするけど(笑)。

あっ、そういえばバレンタインデーが終わりましたね。
僕「何度も」ここで書いてますが...。

「宮木猛が総理大臣になったら、バレンタインデーは廃止」します。
チョコを渡す所を発見されたら、太巻きを死兆星を見ながら食べるというバツを与えます。

もちろん法律化しますよ。
参議院で反対されても、衆議院で再可決します。

バカかオレは(笑)。

イヤ、まあバレンタインデー...。
もてないオッサンのひがみ(笑)。

「チョコをもらったことが無い」わけでもないんですけどね。
イヤ〜、懐かしいですね。

中学生の時とか、高校生の時とか...。
机の中を回りに悟られないように、右手で探っていた頃を(笑)。

女の子が、ドキドキしながら好きな男の子にチョコを渡す...。
今と違ってメールなんかないから、直接渡すしかない時代...。

今と違って、「チョコの作り方」を簡単にネットで検索とか出来ない時代...。
必死に本を見ながら、チョコを作って...。

でも直接渡すのは恥ずかしいから、学校の下駄箱やロッカーに入れて...。
「○○君喜んでくれるかな」とか思いながら放課後...。

ハイ、そういう「手作りチョコ」を、ロッカーから抜き出して食べちまったのが僕です。
で、チョコを食べたら「容器」が残りますよね。

それを、「元々入れられていたロッカー」から「違うロッカー」に動かしたのも僕です。
しばらくクラスの女子(この言い方が懐かしい)から口を聞いてもらえませんでした。

「バレンタインデーが悪いんや!」

こんな僕が総理大臣になったら怖いね(笑)。

ってなわけで「ノンフィクション」だけではないこのブログ。
「どこまでが本当なの?」とかは気にしないでね(笑)。

ハイ、そういうわけで...。
僕は今更ここで書くまでもなく「マンガ好き」なんですが...。

特に「料理マンガ」が好きです。
後は「スポーツマンガ」とか「ヤンキーマンガ」かな。

自分が車嫌いでヤンキーでもなかったので、そういうマンガが好きになったのかな〜。
まあとにもかくにも「料理マンガ」には結構ウルサいです。

で、まあ今日「とある知り合い」から「そういうブログ書いたらどうですか?」って言われたんですよね。
まあネタ的には困らないし、書きたいこともありますが...。

僕基本的に「マンガ」をけなすタイプではないんですよね。
「突っ込む」タイプ(笑)。

つまらないマンガでも「突っ込みどころ」を探して、楽しんで読んじゃうタイプですね。
で、まあこのブログでも「マンガ」ってカテゴリーもあるんですが...。

とにかくこのブログ「見たい記事」にたどり着くのが大変なんですよね(笑)。

なんせ一つ一つの記事が長く...。
カテゴリーが多過ぎて...。

過去の記事も多い...。
なのに、探しにくくリンクも無い。

なんせ、自分自身が「あれいつ書いたかな?」って感じですからね(笑)。

で、最近は「写真もリンク貼るのもメンドクセー」って感じだったんですが...。
今日は「過去に書いた料理マンガネタ」のリンクを貼らせてもらいます。

「一本包丁満太郎」ネタ奇才!ビッグ錠先生!「1」
「一本包丁満太郎」ネタ奇才!ビッグ錠先生!「2」
「美味しんぼ」ネタ驚愕!雄山豆腐!

それぞれ本当に下らない文章です(笑)。

マンガはどのマンガも大好きなんですが...。
僕の文章はとても下らないです(笑)。

まあでも「5年前のオレが書いた文章か〜」って思うと、それはそれで楽しめるかな。
何気に結構な年数続いてますからね、このブログ。

多分「福知山地域」では、僕が一番長く続けてるはず。
でも確信はない(笑)。

とりあえず、前にも書きましたが...。
料理マンガのおすすめは「ビッグ先生・たがわ先生・土山先生」の作品ですね。

具体的なタイトルをあげますと...。

・「包丁人味平」カレー対決はマジで最高!
・「スーパー喰いしん坊」コレを読んだ後、ミスター味っ子を読んだら面白い。
・「一本包丁満太郎」キャラが出て来ては消えるの繰り返しが最高。
・「包丁無宿」味で勝負が決まらない、料理対決が多すぎる。
・「喧嘩ラーメン」作品が発表された時代から考えると、結構スゴいラーメンマンガ。
・「喰いしん坊」実際の大食いが嫌いな人にもおすすめ。
・「食キング」卓球をすれば丼屋の主人になれるという発想が最高。

とりあえず、晩メシの準備と明日の仕込みがあるので...。

中途半端な状態で、終わります(笑)。

======追伸========
ちなみにネットで「雄山豆腐」と検索をかけると、このブログが一番に表示されます。

名付け親や(笑)。

banner_02.gif
↑「雄山豆腐食べてみたい」って思った方は、クリックを!

2011年2月 6日

それでも買い続ける

さて、気がつけばもう日曜日です。

とにかくここ数日は忙しかったですね、仕事が。
節分は巻き寿司祭りだったしね。

まあ僕は巻いてないんですけどね(笑)。

いや、だって...。
「より上手にできる人が作る」ほうがエエじゃないですか。

僕はチラシはウチのお店で誰よりもウマく作れます。
あっ、「チラシ寿司」じゃなくて「広告」のチラシね(笑)。

でも、巻き寿司はヘタクそなんですよね〜。
と、言うか「マスターしよう」って気もあまりないのが本音やけど(笑)。

まあぼちぼちですよ、慌てずに慌てずに...。
一休さんか(笑)。

ってなわけで、最近は「マンガとMacの今年か書いてないブログ」になってますけど...。
そこそこ、アクセスがあるんですよね。

で、まあ「誰が見てても気にしねーよ」って言い続けていましたが...。
やっぱり気になって、アクセス解析しちゃいました(笑)。

でも結局、「誰がどういうことで」ってことは分かりませんでしたね。
まずリンク元がほぼ無い。

検索ワードもあまり無い。
みなさん、こんなグダグダクソブログをお気に入りに入れるのはどうかと思いますよ(笑)。

そういえば、姉ちゃんの旦那さん(義兄さん)も朝仕事始めるためにパソコンに電源入れたらまず見るって言ってたな。
こんなの見てると仕事おかしくなりますよ(笑)。

しかし、本当に最近は「本職」について書いてないなと。
ってか、オレの本職って...。

まあエエか。
「マンガ好きなアル中」って設定で。

ってか、設定じゃなくてリアルだけどね(笑)。

そういえば、西原センセの「毎日かあさん」が映画化されましたね。
僕、原作が大好きで、マジでカモシダさんが死ぬ部分では泣きました。

結構マンガ読んで泣いちゃうんですよ。
だいたいそういう時は一人で飲みながら、マンガ読んでるから...。

寂しくなって、電話をかけまくると。
で、誰も出てくれない(笑)。

まあ普段「電話に出ないチャンピオン」ですからね。
毎月ドコモから「電話代が払われてねーよ」ってメールが来ますからね(笑)。

う〜ん、携帯メンドクサイな〜。
一応「映像・音楽」関係の仕事を受けれる準備をしているんですが...。

ってか、いつまで準備してるねんって話やけど(笑)。

基本依頼は「PCメール」だけで受けようかなと考えています。
電話での依頼は基本受けずにいようかなと。

ってか、そんなにたくさん依頼が来てもこなせないし。
まあそもそも「たくさん依頼がくる」がどうか分からんのやけどね(笑)。

自分のやっている作業に自信はあるんですけどね。
で、ここで予告しておきますが...。

明日いよいよ「そのホームページ」のお披露目です。
こう書いておけば、やるしかねーし(笑)。

現時点でもそこそこ依頼は受けてるんですけどね。
今年はついに保育園からの依頼も来ましたね。

福知山市商工会青年部の役員をやっている、「青年部の世紀末覇者」赤松良二が保護者会の会長をしているので、その繋がりで依頼が来ました。
ちなみに、彼は何度もこのブログに登場しています。

ろくな書かれ方はしていませんが(笑)。

まあでも男気があってエエヤツです。
ただ...。

日本語があまり上手じゃない(笑)。

たまに一緒に飲んでいて疲れますからね。
昔の中学校1年生が使っていた英語の教科書みたいな質問をしてきますからね。

ってか、あの頃の英語教科書オカシイよね。
だって...。

「Are you Nancy?J」って聞いて...。
「No,I am not Nancy」なんてやりとりしてましたもんね。

友達同士の会話かこれ?
「あなたはナンシーですか?」「いいえ、私はナンシーではありません」って(笑)。

まあこういうことを赤松良二は言うんですよ。
ちなみに、彼は英語は結構達者です。

「OK,OK,OK、大丈夫OK」みたいな使い方しかしないけどね。
ミスター長嶋さん以上の壊れっぷりですね(笑)。

まっ、でも卒業記念DVDってのは作ってて、結構エエんですよ。
完成したモノを見てビール飲むのが最高。

で、一人で「卒業おめでとう」って泣いてる(笑)。

基本「自分の作ったモノ」大好きなんでね。
そういうところでは、かなり「ナルシスト」入ってるかもしれませんね(笑)。

でも「自分で見て・聞いて泣けない」モノもどうかな〜と思いますもん。

ちなみに、車で聴く音楽は全部「自分が関わったバンドの曲」です(笑)。

爆音で聴きながらがエエんですよね〜。
車ならではのサウンドが結構最近はお気に入りですね。

と、言うわけで前置きが長くなりましたね。
ハイ、これが前置きです(笑)。

え〜と、最近は特に「マンガ」の話題ばかりだったんで...。
またマンガのネタで(笑)。

え〜と、自宅スタジオもマンガ部屋も廊下も...。
マンガで一杯で「どうしよう」と悩み続けてるんですが...。

それでも、マンガを買ってしまうワタクシ(笑)。

せっかくなんで「作者ごと」とか「雑誌ごと」に分類したいんですが...。
そのためには、あと一部屋「マンガ専用部屋」がいるんだよね(笑)。

まあ一応スペースはあるので、明日頑張って掃除しようかなと思っております。

ってなわけで、最近購入したマンガの「ごく一部」を紹介しましょう。
まあこんなの見て、何がオモロいのか自分で書いててはなはだ疑問(笑)。

え〜と、まずはコレですかね。
20110206003.jpg
「新ヤンキー烈風隊」ですね。

月刊マガジンで連載していた「ヤンキー烈風隊」は本当に楽しく読んでましたね。
「本気」と書いて「マブ」って読むのが最高だった(笑)。

もとはしセンセはその後も、少年誌でエエ感じの作品を連発してたんですよね。
「レディース」とかも好きだったな〜。

持ってたんだけど、台風でね...。

で、まあタマタマ舞鶴のブックオフにいったら「105円コーナー」にあったので購入。
絵柄変わり過ぎ(笑)。

ヤンキー烈風隊の続編なのかどうかも分からん設定。
キャラの顔が変わりすぎてるから(笑)。

内容も青年誌向けなんですけど...。
う〜ん、コレはどうなのかな〜。

まあヤンキー烈風隊も最後は「?」って終わり方でしたけどね。
柳沢きみおセンセもそういうことが多々あったんですが...。

まあまたマンガを買いに行って、覚えていたら続きを買おうかなという程度ですね。

で、この「新ヤンキー烈風隊」を買ったときに、同時に買ったのがコチラ。
20110206002.jpg
「4P田中くん」ですね。

七三太郎センセ&川三番地センセと言えば、いわずと知れた野球マンガの名コンビ。
「小さい主人公に、関西弁のライバル」という後の作品に続く設定を作り上げた作品とも言えますね。

で、まあなにげに「爽やかな野球マンガ」だと記憶していたんですよ。
ってか、僕ガキの頃「チャンピオン」はあまり読まなかったんですよね。

ドカベンすら読んだこと無かったですからね。
で、まあブックオフで結構揃っていたので、お試しに購入。

そして読んでみたら...。
初期は全然爽やかじゃなかったですね(笑)。

「野球の名門校にスカウトされて」入学した主人公。
でも、実は同姓同名の違う人間と間違えて入学しちゃったという前置き(笑)。

ってなわけで「間違えて入学させたのに、首とは言えない」ってことで...。
監督が「これくらい練習させたら故障するだろう」と無茶なトレーニングをさせる。

でも主人公それに耐えて、どんどんレベルアップ。
ハイ、なにげにひどいですね監督。

「故障させよう」ってどないやねん(笑)。

まあでも考えたら「ジャンプ・マガジン・サンデー・チャンピオン」とある少年誌の中で...。
チャンピオンはちょいと「青年誌より」でしたからね。

立原あゆみセンセが連載をしていたことでもわかるでしょ(笑)。

でも読み直すと結構オモロいんですよね、このマンガ。
「4番ピッチャー田中」の略で「4P田中くん」なんですが...。

「3番ピッチャー田中」だったら...。
ハイ、下ネタやめ(笑)。

ただ主人公の田中くん、結構性格悪いというか...。
トラブルメーカーです(笑)。

でもこの作品が「七三太郎センセ&川三番地センセ」の基礎を作ったのは間違いないんじゃないでしょうかね。
ただ、まあ...。

マンネリな連発になってることも否定できないとは思うけど(笑)。

ただ、それでも人気はある程度あるし...。
長期連載になるんですよね〜。

昔は「???」って魔球を投げる感じだったけど...。
最近では「なるほど〜」っていう理論的に変化してますからね。

野球マンガ好きな人にはお勧めかもしれません。
ただ、高校2年生の夏までにかなりの長さがあります(笑)。

でも16巻まで買って、結構続きも気になっているので...。
明日ブックオフに行きたいんですが...。

福知山のブックオフは2月11日にリニューアルオープンなんで....
う〜ん、舞鶴に行くかな〜。

ってか、もっと違う時間の使い方をしようよ宮木猛(笑)。

ハイ、それでもまだまだマンガネタは続きます。
え〜と、最近は「原作がマンガで実写化されたもの」に結構ハマってて...。

喰いしん坊のDVDとか買ってしまいました。
ちなみに4本まで出てて、全部まとめて買ってしまいましたが...。

最初の作品である「大喰い開眼編」はすべてを見続けるのが苦痛なくらいの内容でした(笑)。

でも原作を全部読んだ上で見たら、それはそれで楽しいんですけどね。
突っ込みどころ満載で(笑)。

ただ続編2本目の「大喰い苦闘編」は結構オモロかったです。
原作を読んでから見ると、面白いと感じれると僕的には思っています。

鉄火丼大食い勝負の親方と黒兵衛がエエ味を出しています。
ただ親方が原作より「メチャ怖い人」になっていて、原作を読んだ人は戸惑うと思う(笑)。

で、1と2を続けてみたら、「あ〜、結構B級的でオモロいやん」って感じたんですが...。
3からかなりオカシくなってる(笑)。

まああまり言ってもしゃーないし...。
このブログを見ている人で、まず「誰も持っていないDVDの話」だと思うので(笑)。

ハイ、そういうわけで、そろそろシメましょう。
え〜と、最近購入したマンガの最後がコチラ!
20110206001.jpg
ハイ、出ました「包丁人味平」です。

料理漫画界の巨頭「牛センセ&ビッグセンセ」のコンビで書かれた「少年誌における料理マンガ」の最高峰です。
「一般の人たちがたのしめる料理、おいしくて安い料理をつくりたいんだよ」と、死ぬほど強情な父に訴える主人公味平。

ちなみに、ドラマ化もされていて、横山やすしが父役で、息子の一八が主人公味平役。
うん、横山やすしにそんなこと言うの怖い(笑)。

で、まあ高級日本料亭の父に反発して洋食の世界に飛び込む味平なんですが...。
やってるのは「味とは全く関係ない」勝負ばかり(笑)。

全23巻中「半分以上」が味には関係ない勝負で埋め尽くされています。
火薬を使ってマグロを解体とか...。

桶に浮かべたキュウリを切るとか...。

はたまた「味ですよ、味、ホッホッホ」って出てきた「包丁貴族」との対決も「肉の宝分け」という、味とは関係ない勝負。
それに文句も言わずつきあってしまう、主人公味平。

「たいせつなにか」に気がつくのに、13巻もコミックスでかかっちゃった味平(笑)。

でも...。
このマンガは最高です。

文庫本でもデラックス本でも出てるんですが...。
どーしても単行本で欲しかったんですよね。

で、ブックオフで5巻まであったので購入。
しかし、そこからがナカナカ見つからない。

ってなわけで...。
ヤフオクで一気買い(笑)。

ハイ、5巻までと1巻から23巻までと...。
全部で28冊持ってます(笑)。

まあでもエエんですよ。
楽しめましたから。

特に「カレー戦争」シリーズは最高。
僕の記憶以上に今読んだらオモロかったです。

突っ込みどころも満載だったし(笑)。

基本的に登場人物みんな「ちょっとイッテいる」人ばかりです。
主人公の味平は年中「トリップ」しているようなキャラですが...。

周りも負けてはいません。
「味いちもんめ」が今年ひさりぶりにドラマ化されて話題を呼びましたが...。

今こそ包丁人味平を映像化してほしいな〜と思います。
ただ、キャストが難しいかな〜。

髪の毛伸ばすからオレとか(笑)。

でも料理系というか...。
食いもん系はナカナカ実写化が難しい部分がありますね。

深夜食堂はその点、大成功だったと思うんですけどね。
僕的には「江戸前の旬」なんかも映像化してほしいな〜って思うんですけどね。

まあでも原作者の想いとかイメージもありますからね。
「おせん」とかひどかったもんね、ドラマ化されたけど。

アレは、見てて辛かった。
こち亀の2万倍くらいヒドかった(笑)。

ってなわけで、いつも以上にグダグダでしたが...。

まあコレくらいで勘弁しておこうか(笑)。

banner_02.gif
↑「DVD見るヒマあるの?」って突っ込みたい方は、クリックを!

2011年2月 2日

喰いしん坊!を見た

は〜、気がついたらこの時間ですよ。

「毎日日付変更線」のブログにようこそ(笑)。

イヤイヤ、それを狙っているわけではないんですけどね。
ハイ、そういうわけで...。

「今日も」狙ったように、眠たいながらグダグダな内容でお届けしたいと思います。
え〜と、先日書いた「好きなように書いたら結構文句が出る」ってことですが...。

反応がありました。
ウソです(笑)。

まあ何せ、最近「このブログ」を真面目に読んでいる人は「結構限られた」人なんで...。
好き放題書こうが、オタクネタだろうが結構大丈夫(笑)。

いや、笑い事ですましたらアカンか。
まっ、でもスタンス的には「誰に見られてもエエねん」って感じで行きたいね。

でも結構気を使うとこは使ってる。

つもり(笑)。

ハイ、そういうわけで...。
なにげに、マンガを探してたりしてたんですよね、ネットで。

で、僕今更ながら「料理関係マンガ」大好きなんですよ。
料理関係だったら、中身関係なく買ってまうくらいに(笑)。

で、まあたくさんあるんですよ、料理関係マンガ。
その中でも「この人はスゴい」って先生がいます。

「たがわ先生・ビッグ先生・土山先生」ですかね。
ちなみに、年齢は知りません。

あっ、たがわ先生は確か亡くなってたかな。

美味しんぼ以前の「料理マンガ」の大家と呼べる御三家ですね。
僕的にですけどね。

料理マンガ以外も書いているんですが...。
この人たちは「料理マンガを書くため」の漫画家です。

僕的な分析をしますと...。

たがわ先生:味なんて二の次で、包丁技じゃ〜い。ってスペクタクル溢れる料理マンガを書いた先生。
ビッグ先生:味の前にパフォーマンスじゃーい、って感じの宇宙的料理マンガを書いた先生。
土山先生:パフォーマンスも必要かもしれんけど、基本は味かなって料理マンガを書いた先生。

ってか、この分析も酔って書いてるので、多分苦情が出そう(笑)。

たがわ先生の代表作「包丁無宿」は...。
味であまり勝負が決まらない料理マンガ。

「お箸をしっとりと湿らせてるから勝ち」とかありましたしね(笑)。

で、ビッグ先生の代表作「包丁人味平」も...。
「キャベツたくさんどっちが切れるか」「水に浮かんだキュウリを切れるか」「肉の仕分けをどっちが早くできるか」とかでしたからね。

まあでも「味平」は「カレー対決」以後で「味の勝負」をしてますけどね。
だから、「味とパフォーマンス」が半々なのかなと。

で、土山先生は...。
もうね、どんなキャラ書いても、喰い方がスゴくウマそうに見える(笑)。

ある意味「料理マンガ」では一番アツい絵が書ける人かも。
いや、最近の料理マンガって「取材」をしっかりして書かないと、突っ込まれますやん。

ネットが普及したおかげで、みんな「ある一定の知識」があるから。
でも、土山先生の料理マンガはそんなのを吹っ飛ばす勢いがありますね。

昔の美味しんぼにもあったんですけどね。
ってか、美味しんぼは「偏った」知識を与えすぎたきらいもあるけどね(笑)。

美味しんぼ世界では「卵の白身」は冷遇されたりするのもその一環やね。
なんか悪者にされるねん、白身(笑)。

ってなわけで、土山先生のマンガは大好きなんですよね。
コミックスも結構そろえてますね。

で、何が一番好きだったかと言いますと...。
「喰いしん坊」ですかね、最近では。

もうとにかく3巻くらいまでは最高にオモロいです。
で、全巻持っているんですが...。

なにげに「そういえば実写化されてたな」と思ったんですよ、昨日。
で、まとめて買っちゃいました。
20110202001.jpgJ
僕は「映画評論家」でもないし...。

普段あまりテレビ見ないし、DVDもめったに見ません。
「ドラマ・映画」ジャンルに関しては、限りなく知識が無いオッサンです(笑)。

まあでも、それもエエのかなと。
よくよく考えたら、音楽もあまりたくさん聞かない人間ですからね。

でも、なにげに音楽に関していろいろ関わってると。
しかし、あまり音楽聞いてないオッサン(笑)。

まあ本当ならば「いろいろと見たり聞いたり」しているほうがいいとは思うんですけどね。
変に凝り固まらない方がエエかなとも思うんですけどね。

まあようは言いようですかな(笑)。

ってなわけで、多くが「実写化はあれだったな〜」って思ってまうと思うんですよ。
好きなマンガほど、思い入れが出来ますからね。

でも、時に「ハマる」こともあるんですよね〜。
ってか、全く関係ないけど...。

「じゃりんこチエ」の声優を決めた人はスゴいと思う。
あ〜いう、感覚を持った人に「マンガの実写化」とか「ドラマ化」に関わってほしいな。

ってなわけで、僕的には「ハマってない」実写化もありです。
突っ込みどころが多くて、ある意味オモロいから(笑)。

で、この「喰いしん坊」のDVDですが...。
ハイ、僕の希望通り、突っ込みどころ満載です(笑)。

原作コミックスを全巻持っている人間からしたら、最初から最後まで突っ込みたいところだけです。
でも、キャストがなにげに会ってる部分もあるんだよな〜。

ってなわけで、見ましたよ、とりあえず最初のシリーズを。
20110202002.jpg
もうしょっぱなから、原作を無視している感じがプンプんです(笑)。

怪しいオッサンに「オレと海外でビッグな商売をしないか?」って言われているサラリーマンにしか見えません。
ってか、警察が配っている「犯罪注意」みたいな映像だよある意味(笑)。

まっ、でもこれはこれでありですね、僕的には。
だって、原作とのギャップがオモロいから、もうね見ながら一人突っ込み(笑)。

ただ、悲しいかな時間がなくてまだ見れてないんですよね、全部は。
やっぱり途中飛ばしてまうし。

で、何がこのDVDスゴいかというと...。
「出てくる食べ物があまりウマそうに見えない」ってことですね。

原作の「喰いしん坊」を読むと...。
そりゃ、食べたくなるんですよ。

あっ、でも...。
そんなに喰いたくなったこともねーか(笑)。

イヤイヤ、でも躍動感がありましたね、マンガには。
お箸を二つ使った「二刀流」とか、マンガで見た瞬間「マジで」って思いましたもんね。

ラーメンを二刀流で喰いまくるあの時の描写は最高でしたね。
20110202003.jpg
映像になったら思った以上しょぼくて、それはそれで笑えてよかったです(笑)。

いや、でもこれ撮影も大変だったのかなとは思いますけどね。
全部喰ってるとは思わないですけど...。

結構な量を食べてるなと。
予算的にそんなに日程もかけれてないと思うので...。

出演者には結構負担がかかってると思いますね。


まあそういうことも考えながら見ると、結構楽しめます。

とりあえず「原作」をすべて読んでから見るのをお勧めします。

でも、見て「オモロ無かった」って僕に文句を言うのはやめてください。

僕自身、DVD4枚の処分に悩んでますので(笑)。


banner_02.gif
↑「その時間を他のことに使え」って思った方は、クリックを!

2011年2月 1日

もしも上司が○○だったら

気がつけば2月ですね。

1月頑張って更新したけど...。
目標達成出来ずに挫折(笑)。

まあ後日に書いた物を、日付操作してアップしてもエエんですが...。
それもなんだかな〜。

まあとりあえず今年の目標の一つは崩れたと(笑)。

でもブログを書く楽しさを久しぶりに思いだしましたね。
なんか車運転してても「こういう事書こうかな〜」とか思う様になったしね。

でも書き出すと、全然違う事を書いちまうんですけどね(笑)。

ってか、最近は「Macとマンガが好きなアル中の日記」になってる気もするな〜。
まあでも否定出来ないしね(笑)。

と、言うか...。
最近はどういう人がココを見てるんでしょうね?

昔は「アクセス解析」とか結構してたんですけどね。
最近はアクセス数も気にしねーし、まあどーでもエエかなと。

好きな事を好きな様に書いちまえって精神(笑)。

でも結構遠慮している部分もあるんですよ。
ってか、ホントに「好き放題」書くと...。

ただの「オッサンのグチ日記」になっちまうんですよねこのブログ(笑)。

はい、そういうわけで、今日もグダグダに書きましょう。
僕がマンガ好きなのは「本当に今更言うことではないんですが」やっぱりマンガ好きです。

何気に最近はヤフオクでの買い物も復活しました。
ってか、ヤフーメール使いにくい(笑)。

設定を変えてなかった僕も悪いですが...。
どーでもええエロメールが4万通って(笑)。

まず孫さんはツイッターを活用する前に、ヤフーメールを活用するべきだ。
そしたら「なんて使いにくいんだ」って分かるはず(笑)。

まあでも便利なシステムではありますよね、ヤフオクは。
マンガを一気に買うのには(笑)。

で、何気に「音やん」と「包丁人味平」を買ってしまいました。
え〜と「音やん」は寿司職人のマンガで、「味平」はミラクル料理マンガです。

最近コンビニで売っている「コンビニコミック」で結構出てるんですけどね。
で、結構それを買ってるんですけどね。

それでも単行本が欲しくなったと(笑)。

どちらも僕的にはおススメのマンガです。
「味平」は文庫本とかでも出ているので、比較的手に入れやすいとは思いますけどね。

ただ、「音やん」は結構手に入れにくいです。
なので、読みたくなったらウチの自宅スタジオまで(笑)。

と、言うわけで、相変わらずのマンガ三昧なんですが...。
これでも結構やらなければいけないことが沢山あって...。

それを放ったらかしにして現実逃避してマンガ読んでるから自業自得(笑)。

そういえば仕事中に何気に思ったんですが...。
「パーマンに出てくるバードマンってかなりいい加減だよな」ってこと。

イヤ、仕事中に何考えてるのって話やけどね(笑)。

でもマジでいい加減でしょう。
「正義の味方」をつくるために、地球に来たのに...。

1号は小学生で...。
2号は...。

ってか、2号サルですよ(笑)。

まずもって言葉が通じない。
バードマンはホントにいい加減です(笑)。

で、3号は人気アイドル。
時間の都合がつけにくい人間を選ぶな!

ってか、パーマンは僕自身「アニメ」でチョロッとみただけなんですよね。
う〜ん、今度そのジャンルにも手を出そうかな〜。

実は僕もオッサンなんで...。
「藤子不二雄」のマンガで言えば「A寄り」なんですよね。

笑うセールスマンとかプロゴルファー猿とかね。
「ギミアブレイク」でアニメを放送していたのが結構影響してますね。

そういえば、あの番組で「プロゴルファー猿」のショットに挑戦してたね。
青木プロなんかが挑戦してましたね。

「岩返し」はなんとかなってたけど...。
「旗包み」はちょっと無理だった記憶がありますね。

ってか、猿は「ドライバー」でやってたけど...。
あれはムリ(笑)。

でもマンガもアニメも大好きでしたよ。
プロって自分で言ってるのに、プロテストを受けて終わるってのもアレでしたけどね(笑)。

ハイ、そういうわけで「F系」のマンガを持ってないんですよ僕。
でも「ドラえもん」とかある意味揃えてもエエかなと思ってるんですよね。

ウチのお店に置いても絶対に読む人少ないと思うけど(笑)。

いや、マンガ好きとしてはそのジャンルもやっぱり押さえておきたいかなと。
ってか、自分で読みたくなって来た(笑)。

バードマンが本当に「エエ加減」なのか調べてみたいしね。
でも4号とか「能力」を使用して、副業に専念してるからね。

マジでバードマンは何を見て選んだんだろうって疑問でしゃーない。
しかし、コレも原作を読んでみないとワカランやろうな〜。

でもドラえもんとか1巻から読んでみたいなと思いますね。
結構ドラえもんはブラックな事言ってますからね(笑)。

まあ元々はコンビだったんだから、お互いの影響も受けてますね藤子不二雄。
イヤ、その前に...。

オレは何が書きたかったんだろう?
まあいつものことか(笑)。

ってなわけで、最近は...。
あ〜、飲んだくれかな(笑)。

タマに外食も行きますけどね。
ただ、メシ喰いに行ってもビールしか飲まない事が多いからねオレ(笑)。

とにもかくにも、バードマンはエエ加減という事で...。


イヤ、それで終わってもエエの?

まあエエか(笑)。

banner_02.gif
↑「パーマン1号の本名を知ってる」って方は、クリックを!