2006年1月31日

予定候補者の政策は?

何か最近「選挙」ネタが多い気がするが、今が旬なのでまた選挙関係の記事です(笑)。
大体大江町の選挙の歴史を見ると、共産党候補者が選挙前からビラを作成している。

まあ僕はそれらが、各戸に配付されているかどうかは知りません。
で、今回共産党候補として出馬表明をされた「高宮やすかず」さんはこれまで7回折り込みが出された。

最初が2005年11月20日、年が明けた今年の1月からはほぼ週一ペースで折り込みが入っている。
photo285.jpg←これが昨年11月20日から、出された大江民報。
毎回思うのだが、イラストがかなり似通っている(笑)。


photo286.jpg←これは僕の作成したマニフェスト。
自分で言うのも何だが「文字が多くてしかも小さい」。
かなり気合いを入れて読まないと、イヤになると思います(笑)。


ちなみにウチは食堂なので、新聞をスポーツ新聞を入れて4誌購読している。
だからこの折り込みもかなりの数が手元にある(笑)。

で、他の候補者はこういう折り込みはしていません。
だから候補者ごとの政策比較はなかなかできないのが現状ですね。

で、この「大江民報」何故か、連絡先の電話番号が変わったりするんですよね。
あと、連絡先が書いていないときがありますね。

最新号にも連絡先が書いてなかったですね(笑)。

やっぱり僕としては、他陣営の政策がどういうものなのか気にはなります。
でも僕が手に入れられる、候補者の政策は「大江民報」だけなんですよね。

ただこうやって、週一で出せるんだったら「普段からもっと出せばいいのに」と思うのは「ワタシだけ?」。
と、ちょっと「だいたひかる風」にもなるわけですよ(笑)。

まあ僕自身、町議時代は折り込みは1回出しただけですし議会報告もほとんどできていませんでした。
だからこそ、今回のマニフェストに「徹底した情報公開」を書いているわけです。

で、僕がこのマニフェストを印刷せずに、ホームページのみで公開しているのには理由があります。

それは公職選挙法142条の2に次のような規定があるからです。
①使用できる「対象」の制限:衆議院総選挙における候補者(名簿)届出政党、参議院選挙における名簿届出政党(補欠選挙、首長選挙はNG)
②「記載内容」の制限:候補者氏名(政党代表は除く)・写真等の掲載は禁止
③頒布できる「場所」の制限:選挙事務所、個人演説会の会場、街頭演説の場所に限定
④頒布できる「期間」の限定:選挙運動期間のみ

ねっ、僕が自分のマニフェストを配ることは「無理」でしょ(笑)。
ただ首長選挙等でマニフェストが作成され配られている場合もあります。

ただその場合は「候補者名」ではなく「団体名」でマニフェストが作成されていると思います。
僕の場合そんな「組織」ありませんので、これも「無理」ですね(笑)。

しかし僕のマニフェストは、ホームページに来てもらえればいつでも見ることが可能です。

ですがこれも考え方によっては「違法じゃないの?」と思う人もいるでしょうね。
ようは上記の公職選挙法142条の2に、全てあてはまっているんじゃないかと言う人もいるでしょうね。

僕は「公職選挙法違反」だとは思っていませんけどね。
まあこれについてはまた、僕の考えを述べます。

ただ僕みたいにお金もかけず、政党や組織の力も借りずにやろうと思ったらネットを有効利用するしかないんですよ。
今回僕がマニフェストを、ホームページ上で現段階から公開しているのは「確信犯」です。

福知山市選挙管理委員会のみなさま、ワタクシ宮木猛いつでも「持論」を展開しますので電話なり直接来るなりしてください。
いつでもお待ちしております。

ただしワタクシ大した大学ではありませんが法学部出身であります。
それ相応の裏付けと理論を持って来て下さいね。

まあ現時点で何も言ってこないのに、今から来るわきゃないですよね(笑)。

看板のデザインができました!

選挙事務所前に掲示する看板のデザインができました。
基本的にポスターとハガキに使用したのと同じ写真を使うことにしました。

看板のデザインは、原案が僕で仕上げてくれたのは業者の方です。
photo284.jpg
ちなみに実際には「横1m、縦3m」の大きさになります。

僕の選挙事務所は中高生の通学路にもなっていますので、毎日学生が「キモッ」って言うのが目に浮かびます(笑)。
まあいいんすよ、「あれキモイやろ〜」って噂になるくらいで。

看板を見て「何じゃあのおっさん?」と思った、中高生諸君よ!
看板の名前をネットで検索してくれ!

そうすればここに辿り着くから(笑)。

で、今は両丹日日新聞に渡すアンケートの回答を書いています。

2006年1月30日

さあまもなくですな!

いよいよ今週の日曜日から「福知山市議会議員増員選挙」が始まる。
じいちゃんの四十九日も終わり、いよいよ(やっと?)宮木陣営も選挙モードに突入です!

と、言っても、これといって何をするわけじゃないんですけどね(笑)。
で、昨日お食事を頂いていた、真ん前で共産党候補の事務所開きがあったんですよ。
photo280.jpgphoto281.jpg
(写真にモザイクかけようかとも思いましたが、「まあエエか」っていことでそのまま載せます)
ま〜、なんて言いますか、車に候補者の名前は書いてあるし、宣伝カーは思いっきり本人の名前を言っているし…。
あの人達は、選挙のプロだから法には触れていないと思いますが結構微妙なところでしょうね(笑)。

また街中でも「子どもの医療費をもとにもどせ」みたいなビラが、貼りまくってあります。
もちろんビラの色は「赤」です、まあ「真っ赤」じゃなかったですけどね(笑)。

ハッキリ言って、同じようなことは僕の陣営では不可能です。
政党のバックアップがあって、初めて可能になるでしょうね。

しかしね〜、ハッキリって今回の共産党陣営の選挙スタイルは僕「大嫌い」です。
合併問題では動きを共にしましたし、住民運動も一緒に行ないました。

でも「今回の選挙スタイル」はどうしても好きになれません。
共産党候補の方とも、よく飲みに行きましたし個人的には好きなんですけどね〜。

大体あの事務所の位置だったら、車はどこに停めるんでしょうかね。
JAやAコープやナイン商店街の駐車場に停めるしかないんじゃないかな〜。
まっ、それか大江支所の駐車場ですかね。
それ以外と言ったら「路駐」しかないわけですからね。

まあ僕が彼女を駅に送った時も、明らかに「駐車場以外」の所に車が2台停まってましたけど(笑)。

あんまり他の陣営について、どーのこーの言いたくないけどちょっと「?」と思ったわけですよ。
大体あのキャッチフレーズも気にイラねえ(笑)。

「住民の立場でハッキリものをいいしっか働く」なんてことは、当たり前だっつーの。
これ考え方によっては「私以外の候補者では、無理です!」と言っているようなもんですよ。
なんか僕も候補者の一人ですから「カッチーン」とくるわけですよ(笑)。

また「大江の願いを私に届けさせて下さい!」というキャッチフレーズも貼ってありましたね。
こういうのも僕「大嫌い」です(笑)。

まあでもすでに街宣カーを走らせたり、折り込みを週一ペースで入れたり…、やっぱり政党の力はスゲーなと思います。
ただ最近入っている「大江民報」はちょっと的外れな内容だとも思っていますけど(笑)。

しかし他陣営を羨ましがってもしかたがないです。

僕は僕の思うがまま、進むだけです!

ちなみに僕の選挙事務所開きは「告示日当日」です!
それ以外に行なうのは不可能だからです(笑)。

2006年1月28日

写真撮っていました。

何気に写真が気に入っているような、気に入っていないような感じだったので撮り直しました。
↓フォトスタジオ大江山です(笑)。
photo278.jpg
で、まあ彼女と撮り続けたわけですよ、100枚以上…。
しかし「ピン」とくる写真がないんですよね〜。

大体「何もないのに」笑うのは、本当に難しいです(笑)。

どうもまた、夜に写真を撮影しなきゃならないようですね〜。

========追記(午後7時6分)========
先程まで再びフォトスタジオ大江山で写真を撮っていました(笑)。
結局今日だけで190枚くらい撮影しました。

でも一番いい表情は、2日前に撮影した写真だったんですよね〜(笑)。
いや〜、でもそんなもんですよね。

レコーディングでも、「気楽に演奏した」第一テイクが良かったりしますからね。
2日前は「とりあえず、撮るべ〜」くらいで、撮影したわけですよ。

僕も「まあこれを使うわけじゃないし」などと思っていたわけですよ。
ようは「かなりリラックス」していたわけです。

今日は違いました。
「なるべくカッコ良く」とかなり、意気込んでいました(笑)。

結果は惨敗(笑)。

しかしそう考えたら、芸能人やプロカメラマンは凄いです。

まあいいんです、僕らは「顔」で勝負するわけじゃありません。
だから、もう写真を撮るのは今日で終わりです。

また結構めんどくさいんだ、写真撮影するの(笑)。

今年のポスターの掲示責任者は母親ですが、来年は写真撮影と掲示責任者が彼女になればいいな〜と思っています。
やっぱり、僕の一番「カッコいい」顔を知っているのは、彼女だと思いますので(そうだよね?)。

でも今日は惨敗でした、僕が顔を作りすぎました(笑)。

後酒呑みすぎて、顔つきがここ2日で変わりました(笑)。

2006年1月27日

考える必要があるでしょ

今日は夜から、僕の彼女が泊まりに来た。
せっかくなので、僕の作った選挙ポスターと葉書の「デザイン」を見せた。

そしたら「頭と顔が不自然」と言われた(笑)。

言っておきますが、どこかの一級建築士と違い僕の髪は「地毛」ですよ!

でも写真見たら、「なんかかぶっている」みたいやね(笑)。

なので、写真は明日撮り直します。
ビックリするくらいに、変身しますよ〜(笑)。

で、色々な情報が入って、今すぐにでも書きまくりたいんですよ。
でも彼女も来ているし、今日はゆっくりと休みます!

明日は「書きまくったる」からな(笑)。

またまたデザイン中です!

今日は印刷会社の人が、来るので朝起きて慌てて選挙ハガキのデザインに取りかかりました。
なんとか1時間くらいで、↓のようなものができました。
photo274.jpg
モザイクかかっている部分は、「出しちゃダメな」部分です。
まあここまで出したら、一緒か(笑)。

しかし本当に今回は「好きなよう」にやっていますね、僕。
まあ両親自体が「ポスターくらいオモロいもんにせんと」とかいう陣営ですからね(笑)

普通に顔を出すポスターの原案を見せたら、「アカン、オモロない」ですからね。
吉本興業以上に「面白さ」にこだわっています、宮木陣営(笑)。

まあでもこういうハガキやポスターを作って、「オモロいやないか、これでいこ!」と言ってくれる両親と選挙ができるってのは幸せです。

まっ、普通の人では、ウチの両親と一緒に選挙なんかできませんからね(笑)。

========追記(午前10時43分)=========
ただいま印刷会社との打ち合わせが終了しました。
自分で言うのも何ですが、早いです(笑)。

まあ写真データやレイアウト等、全部CD-Rで渡しますから早いのは当たり前なんですけどね。
で、ハガキはこういう感じに変更しました。
photo275.jpg
うんこっちの方が、いいですねって、自分で褒めてる(笑)。

2006年1月26日

デザインしてみました〜

デジカメを購入したので、とりあえず写真を撮影しました。
カメラマンは「親父」で、ポーズの指示は「母」です。

またこの二人がウルサいんだ(笑)。
って、いうか、夜8時過ぎに何してんだ「宮木家」(笑)。

で、撮影した写真をもとに、お店のiMacでデザイン開始。
僕たち「宮木家」の共通点は、「普通じゃおもろない」ということ。

顔が「バーン」と出ているポスターは、他の陣営がやります。
やっぱり「宮木家」ならではの、ポスターを作りたいと思いました。

いろいろやるわけですよ、「お酒」飲みながら(笑)。

そしたら「コレや!」と「父・母・僕」が一致したんですよ。
それが↓これです。
photo273.jpg

こんなのが、貼られていたらビックリするでしょうね〜。
でも僕の陣営(と、いっても3人ですけど)は、「コレや!」となったわけです。

僕は「新しいまちづくり」と「従来型選挙からの脱却」を訴えるんですから、普通じゃないことをやりますよ〜!

ちなみに選挙事務所看板も、こんな感じで作ります!

僕の選挙事務所は国道175号線沿いにありますので、ドライバーのみなさま看板に気を取られないようにしてください(笑)。

幅1メータ、高さ3メータですよ〜。

さあ明日は、印刷会社と打ち合わせです。
多分「えっ?」って、なるだろうな〜(笑)。

お買い物に行ってきました!

今日は昼から、選挙に必要なものを購入しに行ってきました。
まずはスーツ類を何点か購入し、続いて「デジカメ」を探しに電気屋に向かいました。

向かったのは国道9号線にあるJoshinです。
photo269.jpg

何でデジカメが必要かと言えば、「ポスター」などの写真撮影のためです。
つまりそれほど宮木陣営には、スタッフがいないのです(笑)。

まあ「半分」は冗談ですが、やっぱり自分の選挙ですからできることは自分でやりたいんですよ。
看板のデザイン、ポスターのデザイン、選挙ハガキのデザイン、主導権は僕が握りたいわけですよ(笑)。

まあそのためには、投資も必要だと思い買っちゃったわけですよ。

「落ちたら無駄になる」なんてことは、「少し」しか考えていません(笑)。

で、僕が購入したのはCanon EOS Kiss Digital Nです。
そうです「一眼レフ」を買ってしまったのです!
photo270.jpgphoto271.jpg
値段?そんなのナイショですよ(笑)。

え〜と、冗談はやめて、レシートはどこやったかな…。
あっありました、デジカメとコンパクトフラッシュ(1GB)と三脚と耳掃除器具で「121.140円」でした。

つーか「耳掃除器具」ってなんだ?
オカンの買いもんやな(笑)。

町議時代に貯めた、お金が…。
絶対に当選してやる(笑)。

まあもともと一眼レフは欲しかったので、ちょうど良かったです。
ただデジカメを買いに行ったのに、ついついデジタルビデオに目がいってました(笑)。

欲しいな〜、でもさすがに今はな〜。

で、新しいカメラの画質ですが、「まだ使っていません」(笑)。
説明書を読んでいます。

デジカメ購入後は、靴を買いに行きました。
僕は普段もあまり革靴は履きません。
町議時代も、途中からナイキの靴を履き続けていました。

ちなみに前回の統一地方選挙では、あまりに歩き・走りすぎて「新品の革靴」を履き潰しました。
しかも最終日に(笑)。

それで慌てて電話して、運動靴を持ってきてもらいました。
その反省も含め、今回は初日から運動靴です。

どんな天候になっても、僕は歩き・走り続けるだけですから。

さあ〜、風呂入ってヒゲ剃って、男前の写真を撮ろうか!

まあもとが、大したことないので難しいとは思いますけどね(笑)。

2006年1月25日

看板と名前表記

僕が前回の統一地方選挙(平成15年)に立候補したときは、「宮木たけし」だった。
でも僕の名前は「宮木猛」なんですよね〜。

ネットで「宮木たけし」と検索しても、僕に関することなんかでてきません(笑)。

投票後の判断は全て「人間」が行ないます、
その点で、名前を平仮名表記することは否定しません。
難しい漢字を使う名前もありますからね〜。

むしろ、そうするべきなのでしょう。

でも僕は今回「両親に貰った名前を、変えたくなかった」のです。
選挙前と選挙後で名前が変わる様なことは、したくなかったのです。
選挙前と選挙後で「表記」が違う名刺を配る様なことはしたくなかったのです。
後援会は「名前が平仮名」なのに、本人の名刺の名前は「漢字」みたいなことはしたくなかったのです。

僕は名前の表記が3文字になりますから、結構不利らしいです。
でもそんなことで、落選するのならそれも仕方がありません。

周りがやっていないからこそ、僕はやりたいのです。

僕の名前は「宮木猛」で、選挙に出るのも「宮木猛」です!

たまにゃあ、こんな奴も必要でしょう!

興味がある方は、読んでみて下さい

一応昨日(日付は今日になっていたかな?)に「Manifesto」が完成しました。
本来のマニフェストは「数値」や「達成年度」を示すのですが、僕にはそれができませんでした。

大体マニフェスト自体、地方議員の候補者が作った例なんてないかもしれません。
だって僕が当選しても、一人ではできないことばかり書いていますからね(笑)。

普通は政党か国会議員か首長ですね、マニフェストを作るのは。
まあでも政党にも所属せず、組織もない僕ができることは自分の想いを書くことだけです。
photo265.jpg
↑そういった想いを書き記した、「宮木猛Manifesto」興味のある方は読んでください。
(写真をクリックすれば、ダウンロードできます)

しかしこれも公職選挙法にひっかかるのかな〜?

まあ選挙管理委員会は「ネット上のチェック体制も整えている」と言っていたからな〜。

結構こんなこと、これまでにも書いたりしてきたしな〜。
だってこのマニフェスト、すでに別のサイトでダウンロードできるようにしたしな〜(笑)。

で、今日になっても何も言ってこないんだから、「大丈夫」ってことだろうかな〜。

そもそも本当に「チェック体制」って、整っているのか?

それが一番の疑問だ(笑)。

昨日はよく飲んだ!

昨日は夜「宴会」が入っていて、僕ら家族も2次会(?)からは同席した。
なかなかに盛り上がり、意義のある話ができた。

言っておきますが、「僕に一票をお願いします」なんてことは言っていませんよ(笑)。

で、やっぱり思ったのは、どんな職業でも人と接することが大事ということですね。
自分の想いや考えを伝えるのには、直接会って話すのが一番です。

しかしどれだけ頑張っても、直接話のできる人数は限られてきます。
それでも頑張って、一軒一軒家を回って…、こりゃ公職選挙法違反です(笑)。
それじゃあ僕自身の想い考えを、文章化して配付したら…、はいこれも違反です(笑)。
じゃあ新聞折り込みに入れたら…、これも違反です(笑)。

結局どの政党にも所属していなく、組織もない僕が今できることは「自分を磨く」ことだけです。
僕自身の想いや考えをさらに追求して、選挙戦に備えるだけです。

直接会って「よろしゅう、お願いします」なんてことや「宮木猛後援会に入って下さい」なんてことなどはもちろん、「次は僕をお願いしますよ」なんて電話も僕はかけていません。
そもそも後援会組織を僕は持っていません(笑)。

僕が「宮木猛後援会」を作るのは、この選挙後です。

今度は大江選挙区にとって初めての「市議選」です。

だからまず「市議になれば、どういうまちづくりをしたいのか」をみんなに聞いてもらう必要があります。
で、その訴えは選挙期間中にしか行なえません。

町議や行政の経験が長い人でも、今回は初の市議選なのです。
まずは候補者の訴えを聞く、そして賛同するか後援会に入るかを決める。

それが本来の選挙のあるべき姿ではないでしょうか。
選挙管理委員会のみなさま、毎日のチェックを怠らないようにしてくださいね。

2006年1月24日

作ってはみたものの…

一応僕なりのマニフェストを作ってみた。
でもね〜…、まだまだ公開していいのか…。

まっ、手直しは、明日の朝に行おう!

どうせ、このマニフェストは、配付できないんだから(笑)。
photo264.jpg

基本的な内容は僕が一人で、作成しています。
おそらく、明日にはホームページ上で公開します。

まあすでに、猛の魂では公開しているんやけどね(笑)。

でも僕が作ったこの「マニフェスト」は、政党などが出すものとはちょっと違います。

僕が作ったものは、マニフェストとは言えないかもしれません。

しかしこの僕の想いはほとんど、詰め込んだつもりです。
とにかく、今から手直しをします!

ま〜、ちょっと眠たいけど、なんとかなるでしょう(笑)。

2006年1月22日

データで見る選挙戦その弐

僕が初当選を果たしたのが、平成15年度の統一地方選挙でした。
立候補したのは14名定数に対して、15名でした。

新人は僕を含めて5名立候補をしました。

来月にせまった福知山市議会議員増員選挙の参考資料として、当時の結果を掲載します。
「その壱」同様、文字と数字が並びます(笑)。

平成15年度大江町議会議員選挙(定数14)
 1.荒賀一実    66 無・新 396票①「有路下」/法政会
 2.井上義治    31 共・現 353票④「河東」/共産党議員団
 3.河田正志    69 無・現 338票②「河守上」/法政会
 4.大槻富美子   53 共・現 332票③「有路下」/共産党議員団
 5.宮木猛     28 無・新 318票①「河守」/新風の会
 6.高宮泰一    53 共・現 284票②「河守」/共産党議員団
 7.高津次郎    64 無・新 282票①「河守」/法政会
 8.高宮辰郎    57 無・新 277票①「河守」/法政会
 9.高橋進     67 無・現 269票③「有路上」/新風の会
10.真下裕充    68 無・新 255票①「有路上」/法政会
11.高橋宏嘉    76 無・現 248票⑥「河東」/法政会
12.新井太一郎   64 無・現 218票⑤「河守」/法政会
13.倉橋愿     71 無・現 200票③「有路下」/法政会
14.塩見季三郎   69 無・現 178票③「有路上」/法政会
-----
次点.荒賀栄     無・現  99票

こういう結果でした。
名前の後の数字が「当選当時」の年齢で、票数の後ろの数字が「当選回数」です。
そして当選回数の後ろに書いてあるのが「候補者の地元地区」です。
で、一番最後が、当選後所属した会派です。

大江町は昭和26年に河守上村、河東村、河西村、有路上村、有路下村の5村が河守町に編入して誕生しました。
だから大江町では「河守、河守上、河東、河西、有路上、有路下」と6地区に分けられているのです。

ちなみに自治会は46あります。
で、やはり地元から候補者が出た場合は、地元の人間が応援する場合がほとんどです。

僕は「村型選挙」や「利益誘導」をうたう選挙のやり方が大嫌いです。
でも平成15年の選挙はまさに典型的な「村型選挙」でしたね。

言っておきますが、僕は「村型選挙」はしてないですよ。
だって地元区から「3人」立候補していましたから(笑)。

で、各地区ごとの当選者数は…、
河守:5名
河守上:1名
河東:2名
河西:0名
有路上:3名
有路下:3名
となります。

こうやって考えると、僕一応「地元地区トップ」なんですよね(笑)。

でも実際の議会内での役職は、僕にはほとんど回ってきませんでしたけどね。
ちなみに主な役職は、ほとんど↓の人達でしたね。
3.河田正志    69 無・現 338票②:産業建設常任委員長
11.高橋宏嘉    76 無・現 248票⑥:議長/合併協議会委員(議会選出)
12.新井太一郎   64 無・現 218票⑤:副議長/合併協議会委員(議会選出)
13.倉橋愿     71 無・現 200票③:総務文教常任委員長/合併協議会委員(議会選出)
14.塩見季三郎   69 無・現 178票③:監査委員/合併協議会委員(学識経験者として選出)

で、またウチの母親が「住民説明会」で、言うわけですよ。
「なんで合併協議会には、選挙で下からの人ばっかり出てるんですか?選挙結果が反映されていない!」
これを「本人達」が居る前で、ぶちかましました。

ちなみに僕もこの説明会聞きに行ってました…。
ちょっと背筋凍ったの覚えています(イヤ本当に)。

まあこの時は会派構成が「法政会(9名)」「共産党議員団(3名)」「新風の会(2名)」でしたからね〜。
新人議員は僕を除いて全て、法政会に所属しました。
僕は法政会からは、全く誘われませんでした(笑)。

大江町議会では「議長・副議長・監査委員」は議員による投票で決まるわけです。
この会派構成だったら、結果は見えているわけですよ。

最初の臨時議会で、イヤになりましたもん。
「なんじゃそら」って言う感じでしたね。

キレーに票が別れて、淡々と役職が決まって行くわけですよ。
正直この臨時議会(平成15年5月)だけで、五月病になりましたよ(笑)。

議会に行くのマジでイヤになりかけてましたからね。
よくストレスで、夜中両親に当たり散らしていましたからね〜、あのころは若かった…。
まあ今でも「若いつもり」なんですけどね(笑)。

で、来月の選挙は、これらの会派が母体となって動くわけですよ。
ただ僕の場合、同じ会派を組んでいた方の地元から候補者が出ます。

だから僕から協力要請は、あえてしていません。
いろいろなしがらみや、地元での付き合いもあると思いますので仕方がないと思います。

しかし前町議が選挙で獲得した票を合計すると、明らかに僕が不利ですね(笑)。
法政会「2391」、共産党議員団「969」、新風の会「587」、計算しなきゃよかった…。

で、予定されている候補者の地元地区は…、
河守「3名立候補予定」
有路上「1名立候補予定」

ですね、なんか書けば書くほど「僕不利なこと」ばかりじゃないか(笑)。

しかしまあ〜、逆に燃えてきましたね。
こうやって目に見えるデータにすると、一層火がつきましたよ「やる気」に!

今回は「町議選」ではなく、この地区で初めての「市議選」です。
だからこそ、結果がどうなるかはわかりません!

何度も言っていますが、やったるで〜!

データで見る選挙選その壱

最近行なわれた、選挙結果を調べてみました(大江町関連のね)。

やはり過去にさかのぼって調べれば、なんとなく選挙区内ここ数年の動向が見えてきます。

ちょっと数字が文字・数字とも多いので興味がない人は見ない方がいいかもしれません(笑)。

●平成15年京都府議会議員選挙(大江町での結果)
(平成15年4月13日投票)
家元丈夫(自民党)/1,046
堀くに子(共産党)/967
大橋健(無所属)/1,555

●平成15年大江町長選挙
(平成15年4月22日告示 27日投票)
有権者数/4,735人 投票率/86.69%
伊藤堯夫/2,378 無所属・新
井上利徳/1,656 無所属・新

●平成17年大江町長選挙
(平成17年1月18日告示・23日投票)
有権者数/4703人 投票率/81.91% 
伊藤堯夫/2,386 無所属・前 (自民・公明・民主推薦)
由里義和/1,430 無所属・新

●第20回参議院選挙結果(大江町での結果)
(平成16年6月24日告示・7月11日投票)
有権者数/4,751人 投票率/74.64%  
福山哲郎(民主党)/998
二之湯 智 (自民党)/1,428
西山登紀子(共産党)/995

比例区投票結果(大江町での結果)
自民党/1,221
公明党/328
民主党/891
共産党/751
社民党/99

●第43回衆議院選挙結果(大江町での結果)
(平成16年11月9日投票)
谷垣貞一(自民党)/2,278
小林哲也(民主党)/468
吉田早由美(共産党)/821

比例区投票結果(大江町での結果)
自民党/1,563
公明党/272
民主党/778
共産党/770
社民党/107

●第44回衆議院選挙結果(大江町での結果)
(平成17年8月30日告示・9月11日投票)
有権者数/4,709人 投票率/78.90% 前回投票率/77.18%
谷垣貞一(自民党)/2,297
小林哲也(民主党)/640
吉田早由美(共産党)/741

比例区投票結果(大江町での結果)
自民党/1,553
公明党/294
民主党/800
共産党/728
社民党/122
新党日本/84

こうして一連の動きをみると、「自民党圧勝」だった選挙結果ですが大江町ではそうとも言えないかもしれません。
少なくともこの地域には「谷垣財務大臣」がいますので、誰が出馬しても自民党の票は動きません(笑)。
むしろ大江町で勢力を拡大したのは、民主党かもしれません。

まっあくまでも、選挙結果だけで見ているので実際はどうかわかりません。

どの政党の比例投票もあまり数字が大きくは変動していません。
昨年の衆議院選挙で公明党や社民党が大江町で票が伸びたのは、投票率が上昇したのが理由でしょう。

しかし共産党は、大江町では小選挙区でも比例投票でも徐々に票が落ちて来ていますね。

それでも「固定票700票」として、動けるのですから羨ましいものです。

ちなみに僕の固定票は「僕、祖母、両親」の4票です。
これはおそらく間違いないでしょう(笑)。

まっ、無所属・無党派の僕にしたら、こんな分析しても意味ない部分もあるんですけどね。
誰がどこの政党に応援してもらおうが、誰に推薦もらおうが関係ないですからね(笑)。

選挙をするのは、候補者本人なんですから。

2006年1月21日

ボチボチですな〜

今日はお店を手伝いながら、「お知らせ生活情報」を作るために時間を費やしました。
選挙準備はこれと言って、何もしていません。

まあ車と看板の手配くらいはしましたけどね(笑)。

でもまだ「運転手」も確保できていないような状態ですね。
いざとなれば「母親」が運転しますから、大丈夫と言えば大丈夫ですけどね〜。

で、他の陣営が「挨拶回り」や「後援会(はげます会)への勧誘」をしているのは知っています。

まっ、「捕まらない」程度にやってください(笑)。

福知山市の選挙管理委員会のみなさま、僕がこういうことをサイトに書いているんですよ。
何も「根拠」なしには、書かないですよ〜。

僕は自分に与えられた選挙運動期間は「2/5~2/11まで」と認識しているので、今は何もしていません。
でもね〜、やっぱり選挙となれば動くんですよ、いろんな人が。

今回はあえて何も言いませんけどね、「もっとチェックする」必要もあるでしょう。

大体「立候補予定者説明会」で、選管が言った「チェック体制」が本当に確立できているんですか?
僕が今から「公職選挙法」に違反する様なことを、ネット上でしますよね〜。
そしたら、それらを「チェック」できているんですか?
本当にチェックしているんですか?
(もちろんそんなことは、しませんけどね)

なんなら今から「2/5~2/12」までの、記事を書いておきましょうか?
その場合「選管」はどう対応するのですか?
また「文書図画」だけで説明するんだったら、僕「切れます」よ(笑)。

で、今でも、「戸別訪問」などが行なわれているわけですよ。
それがあたかも「これが選挙や」と言わんばかりに。

それを見て選挙管理委員会はどう対応するのですか?

「公職選挙法」に縛られながらも、「違反」を見過ごして来たあなた達にも「村型選挙」を増長した責任はあるんですよ。

公然と「届け出」もしていない様な、組織の「署名集め」を見過ごしているのは「アナタ」達ですよ。

こんな選挙のやり方を続けて、本当に「新しい福知山市」ができると思っているのですか。

僕は「立候補予定者説明会」で、自分のホームページを持っていることを晒したつもりです。
説明会の名簿にも「宮木猛」と記入してきました。

その気になれば、すぐにこのサイトにたどり着けるでしょう。

僕は村型選挙が増長した責任は、「選挙管理委員会」にもあると思っています。
だからこそ、僕はそういう選挙から脱却したいと考えています。

と言っても、「公職選挙法」を守っているだけなんですけどね(笑)。

「毎回これくらいは、どこもやってるから…」と言う理由で、見過ごしているんですか。
それなら「議会改革」の前に「選挙管理委員会改革」を打ち出さなければいけませんね。

もしも僕のホームページを見ている選挙管理委員会の方がいるのなら、「意見・反論」をください!

「告示日までは選管の仕事はない」とか思っている人は「辞めろ!」としか言えないですね。

2006年1月19日

色々と耳に入ってきますよ〜

さすがに本番まで20日を切ったので、どの陣営も慌ただしく動いているようだ。
僕はいつもと、変わりません(笑)。

宿泊客は多いし、昼時は満員になるし…、なので普通に手伝っています。
なんたって職業「自営業」ですから(笑)。

でも色々と耳には入ってくるわけですよ、僕も候補者の一人ですから(一応)。
まず今回の増員選挙で、大江選挙区からは4名の立候補があると思います。

他の地域は、まだ流動的な部分もありますが大江選挙区はほぼ決定でしょう。
4陣営の中で、組織の支援を受けるのは「3陣営」でしょう。

つまり僕のところ以外「全部」ですね(笑)。

たまに地元の前町議をつれて、挨拶回りをしているという「噂」を耳にしますが「事前運動」です気をつけて下さい。
で、見かけたみなさん、僕の耳に入れなくてもいいですから「選挙管理委員会」に教えてあげて下さい(笑)。

今回の候補者で、サイトを運営しているのは僕だけだと思うんですがやはり調べてしまいます。
名前を検索したり、してみるわけですよ。

そしたら、たまに検索でヒットするわけです。
今回は「京都府公報」を見つけました。

まあこれは正式な公文書ですから、載せても問題はないでしょう。
僕が見つけたのは平成17年11月8日の京都府公報です。

9ページに僕の知っている人の名前が出ていました。

まっ、ようは「後援会」の届け出ですね。
正式な政治団体にしようと思えば、京都府選挙管理委員会に届出をしなけりゃいけないわけです。

で、どういう届け出があったのかを、こうやって公報で発表しているわけですね。
やはり政治家をめざそうとすると、プライバシーはなくなるわけですよ。

名前や住所や電話番号すべて、オープンにするわけですから。

しかし、この届出よく考えたら、市議選が行なわれる地域が多いですね。
で、また動きも早いですね〜。

僕がマイペースすぎるのかもしれませんが(笑)。

今日は昼から、車の手配に出かける予定です。
これは「事前に行なっていい」活動ですから、ご安心下さい(笑)。

2006年1月17日

不安…、そして…

今日は「立候補予定者説明会」に行って来たわけですが、お腹が痛くなりかけました。

今回の市議選について、僕は「余裕かましている」わけではありません。
ハッキリと言えば「不安」が、僕を支配しています。

そりゃあ、そうですよ今日の説明会見たら…。

大江選挙区からは「4陣営」が出馬表明をしています。

各陣営が今日の説明会に送り込んで来た、メンツを見たら…。
そりゃちょっとは不安になりますよ!

大江選挙区で言えば、説明会に本人が来たのは「2陣営」です。

僕はもちろん行きましたよ。
後は「言えません」(笑)。

しかしね〜、陣営によっては説明会に来た3人全員が「前町議」というところもあったんですよ。
政党支持を受けている陣営も、前町議が来ていましたよ。

僕の陣営は「父と僕」ですからね〜。

でもそういう選挙をできることが、僕にとっては嬉しいのです。
推薦人もなきゃ、組織もなく…、もちろん支持政党はありません。
それでも「できる!」ということを、みんなに知ってほしいのです。

たかが「選挙」とは言いません、でもそんなに深く考えなくてもいいんですよ。
志があるなら、「誰でも立候補できる」それが日本の選挙です。

僕は風車に向かっていった、ドンキホーテになるかもしれません。

ドンキホーテは後世に残ったけど、僕は忘れ去られるかもしれません。

でも僕は「自分の思うままに」突っ走りたいと思っています。

今日も僕がいない間に「何か手伝えることがあったら」という人が来てくれたそうです。
本当にありがたいことです。

僕は現時点で、イッパイイッパイですがもう少し頑張れそうです(笑)。
ちょっとした言葉で、人間って元気になるもんです。

「サルは木から落ちてもサル、だけど政治家は選挙に落ちたらタダの人」なんて言う人もいます。
でも「選挙で落ちても、市民は市民」ですよね。


さらに言えば「議員も市民」なんです。
議員だから「偉い」わけではないんですよね。

僕はやりますよ!
不安は「死ぬほど」ありますけど、それ以上に「やる気」と「自信」もあります!

目の下のクマは消えないけど…、やりますよ「宮木猛 31歳」は(笑)。

行ってきました「立候補予定者説明会」

今日は昼から「立候補予定者説明会」に行ってきました。
いつものくせで、始まる前に写真を撮ったのですが思いっきり「顔」が写っていたので載せれません(笑)。

だから「個人が特定できない」写真を載せておきます。
photo231.jpg
場所は福知山市民会館の31号室でした。

部屋に入って、奥から「三和町」「夜久野町」「大江町」の順でテーブルがセットしてありました。
僕の受付番号は「2」だったので、前から2列目の席に座ることになりました。

三和町からは「6陣営」、夜久野町からは「4陣営」、大江町からは「4陣営」が来ていました。
合計人数は「37〜38人」だったと思います。

さすがにきょろきょろして、人数を数えるのは「不審」すぎるのでできませんでした(笑)。

配付された使用は、次の11点です。
1.候補者のしおり「2部」
2.出納責任者のしおり「2部」
3.届出関係諸用紙「2部」
4.選挙運動用自動車の運行等について「2部」
5.立候補届出要領について「2部」
6.選挙郵便のご案内「1部」
7.公費負担のしおり「2部」
8.地方選挙早わかり「1部」
9.関係届出書等記載例「2部」
10.供託手続きについて「1部」
11.設備外積載 許可申請書(記載例)「1部」
以上です。

量にしたら結構あります。

で、説明を、淡々と聞いていたんですがあまり町議選と違いはありませんでした。
まあ選挙区が旧町単位なのも、あるでしょうが…。

しかし一番の違いが「選挙郵便」でしたね。
町議選の場合は「800枚」ハガキを出せるのですが、市議選は「2000枚」出せます。

福知山市全域で選挙をするのなら、少ないかもしれませんが今回は「旧3町での選挙」。
ハッキリ言って「全戸にハガキ出せます」(笑)。

後、福知山市の選挙は結構「公費負担」があります。
若い世代で、市会議員を目指そうとしている方がいるなら「安心」して立候補して下さい。

ちなみに前回の統一地方選挙で、僕の陣営が使ったのは…、幾らだったけな〜。
出納責任者は親父だったんですけど、おそらく「27万円」位だったと思います。

おそらくこんなに金使ってないのは、僕のところだけでしょう(笑)。
それでも当選できたんですから、組織やお金がなくても選挙は可能なのです。

できれば、今回もそれを実証したいですね。

で、最後に「その他」として、選管が質問を求めてきました。
僕は真っ先に手を挙げて、次のことを聞きました。

1.選挙期間中に禁止されているインターネット情報についての見解。
2.告示日までに、ホームページでどの程度のことを掲載してよいか。
3.選挙管理委員会にこういうことをチェックする体制は整っているか。
以上のことを聞きました。

質問を受けた、選管委員が少しアタフタしているように見えたのは僕だけでしょうか?

結局1については「文書図画の掲示に該当するので、選挙期間中は更新ができない」という答えでした。
2については「告示日まではこれまで通り、更新してもらってよい」というような答えでした。
3については「チェックできる体制を整えている」とのことでした。

まあ冷静に考えたらチェックされるのは「僕だけ」です(笑)。
選管の皆様「ご苦労さまです」。

問題があれば、すぐにご指摘下さい。

でもね〜、これだけネットが発達した時代なんだから「文書図画の掲示」だけで説明するのは無理がないですか?

掲示できない文書図画にはこう記載されています。
「選挙運動のため、アドバルーン、ネオン・サイン又は電光による表示スライド、その他の方法による映写等の類を掲示することは禁止されています。また、選挙運動のために使用する回覧板、その他の文書又は看板(プラカード含む。)の類を、多数の者に回覧することも禁止されています。」

選挙期間中のネット使用はこれにあてはまるそうです。
しかしこっちも「それくらいのこと」はわかっているんです。

ただ福知山市選挙管理委員会としての見解を伺いたかっただけですよ。
いくらなんでも「これにインターネット利用はあてはまる」じゃあ、説明が足りないんじゃないですか?

せめて
◆選挙期間中に禁じられているインターネット情報
・候補者名や政党名が入ったHPの新設・更新
・候補者名や政党名が入ったブログの新設・更新
・選挙情報が入ったメールマガジンの配信
・選挙情報が入った電子メールの配信
・HPへのマニフェストの新規掲載

これくらいのことは、説明するか文書として載せておくべきじゃないかなと思いました。

しかし「チェックする」と選管は言っていましたが、僕はサイト「6つ」運営していますので(笑)。
聞かれない限り「アドレス」その他、一切教えませんよ〜。

頑張って探して下さい。

まあ隠れて違法な行為を、こそこそする気は全くありませんので。
その点はご安心を。

2006年1月16日

徐々に更新

猛の魂を少しずつ、更新していっています。
選挙中は更新が禁じられているので、今のうちにできるだけ自分の想いを書いておこうと思います。
また見てやって下さい。
photo228.jpg

まあこうして「自分の選挙」について、今書いている事自体も「×」なのかな〜。
明日は立候補予定者説明会があるので、選挙管理委員会に聞いてみようかなとも考えている。

そもそも今回の増員選挙の候補予定者で、ホームページを運営しているのは僕だけだと思う。
他陣営は、「そんなもん作るヒマがあったら、挨拶回りじゃ!」と考えなのだろうか。

まあ気持ちはわからんでもないが、合併後の福知山市は広大だ。とにかく広いのだ。
京都市・京丹後市に次いで、府下で3番目の面積を持つ自治体となった。

この広大な土地に住む、市民に対し情報公開をどう行なうかが僕は大事だと考えている。

その手段として、インターネットは欠かせないと思うのだ。
やはり議員たるものは、市民全員に情報を提示し、意見を集める必要性があると思う。

大江選挙区から当選しても、肩書きは「市議会議員」なのだ。
決して「福知山市議会議員(大江地区)」みたいな肩書きにはならないのだ(笑)。

福知山市議会議員である以上、「市全体がどうすれば良くなるか」を考えるのが最優先事項だ。

だから何度でも言うが、僕は市全体への情報開示と意見集約の方法としてネットは欠かせないと考えている。
「ワシャ、○●選挙区から当選したんやから、そこの意見だけ聞いとったらええんじゃ!」と言う人もいるかもしれない。

もちろんそんな候補者は「いない」と信じているが、↑のような考え方の人には負けたくない。

しかし選管は選挙中僕のサイトをずっとチェックするのだろうか?
「コイツ更新しとらんやろな〜」と毎日チェックが入るのだろうか?

そうならばご苦労様だ(笑)。

しかし今の時点で、2/5〜2/12までの記事を書いて今アップしたらやっぱり違反なのだろうか?
明日聞こうか、聞くまいか…、それが難点だ(笑)。

まあ心配しなくても、そこまでして更新しようとは考えていませんから。
ご安心を、選挙管理委員会の皆様!

2006年1月14日

だいたい出そろったのかな?

本日の両丹日日新聞にも、出馬表明が載っていましたね。
大江選挙区から2名と、三和選挙区から1名でしたね。

これで、大江選挙区は合計4名が出馬表明をしたことになります。
参考までに、今日までの大江選挙区の出馬表明者を紹介しましょう。

ちなみに共産党の高宮泰一さんは昨年の10月に出馬表明をしたので、手元に新聞がありません(笑)。

それではご覧下さい。

photo217.jpg
photo218.jpg
photo219.jpg

上から順番に紹介しましょう。
奈良井敏弘氏(62)「前町収入役、元町総務企画課長」
高宮辰郎氏(60)「前町議、町観光協会理事」
宮木猛氏(31)「前町議・議会広報特別委員会副委員長、自営業」

これに加えて
高宮泰一氏(56)「前町議」

高宮辰朗氏の写真に折れ目が入っているのは最初からです。
わざとではないですよ(笑)。


今の所この4人の争いですね。
僕は今回は、とにかく有権者のみなさんに「選挙に行ってほしい」という思いがあります。

投票率が90%になるくらい(いつも平均で80%〜85%くらいかな)が理想ですね。
投票率が高くなると、僕が有利になるとかじゃなくて、新しいまちの議員をみんなで考え選んでほしいのです。

だからあえて、他の候補者の紹介も載せました。
(まあ他陣営から「消してくれ」と言われたら消しますけど)

僕は合併後5年間が非常に重要だと考えています。
つまり今回の選挙は非常に重要なのです。

まちの未来を誰に託すのか?
一緒にまちづくりをできる人間は誰なのか?
全ての候補者に目を向けてみてください。

みなさん正々堂々と戦いましょう!
さあ〜、やるぞ〜!

2006年1月13日

見てくれました?

本日の両丹日日新聞に、僕の「出馬表明」が載っていました。
「いよいよ」って感じがしますね〜。

昨日は三和選挙区の出馬表明が載っていましたし、今日は夜久野選挙区も載ってましたね。
photo212.jpg

しかし昨日両丹日日新聞で出馬表明をした三和選挙区の方は、今日の新聞には載っていませんでしたね。
って、ことは、両丹日日新聞にだけ出馬表明をしたってことか?

普通はそうなんだろうか?
でも僕そんなこと知らんから、思いっきり「記者会見」ってFAX流してたんですけどね(笑)。

そろそろどの選挙区でも候補者が絞れてきたようですね。
明らかに今回も「最年少候補者」になりそうですね、僕。

しかし帰郷してから、気がつけば約3年…。
まさか市議会にチャレンジするとはな〜。

で、今日は結局合計して5新聞社に顔を撮影されました。
その中で「顔が固いですよ」と言われた記者がいたが、「リラックスしろ」ってのが無理な注文だ(笑)。

だって新聞社に個人でFAX送ったのも初めてなら、記者会見も初めて…。

記者の皆様はどう受け取ったか知りませんが、結構緊張してたんですよ。

「えっ、あんなにベラベラ喋ってて!」と今日来られた記者は思うかもしれませんが、緊張してましたよ。
まあそれ以上に「楽しかった」ですけどね(笑)。

さあ明日も新聞チェックしよ。

記者会見終了しました!

僕が昨日FAXを送ったのは6社でした。
「両丹日日新聞」「京都新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」「産經新聞」「読売新聞」ですね。

で、資料も必要だろうと思って、次のようなものを作っておきました。
photo210.jpg
僕の「プロフィール」と「やりたいこと」をまとめたものを用意しました。
やりたいことを直接見たい方は猛の魂コチラ(PDFファイル)をご利用下さい。

しかし、不安だったんですよ。
本当に来てくれるか…。

え〜、意外とそわそわしていたら、10時15分頃に一番乗りの記者が来られました。
トップバッターは「両丹日日新聞」でした。

少し話をして、写真を撮影して帰られました。

「良かった〜、来てくれた」と心から思ったのは、言うまでもありません(笑)。

で、僕は「もう来ないだろう」と勝手に思い込み、部屋の暖房を消し電気を消しました。
そしてお店に戻り、「あ〜良かった、一社でも来てくれたで〜」と両親にゆったり喋りかけていました。

実は親父が「スーツ・ネクタイ」着用で準備をしていたのです。
しかも僕が「明日ちゃんとした服着といてや」と言って準備させておいたのです(笑)。

で、親父に「悪いな〜、もう終ったわ〜」と言っていると…。

お店の前に数台の車が…、そうです「他の新聞社も来られたのです」

あわてて、座敷の電気をつけ、暖房を入れ直しました。
すいません記者の皆様方、あの部屋が寒かったのは僕のせいです(笑)。

まずは「京都新聞」「産經新聞」「毎日新聞」の記者が来られました。

そして少し遅れて「朝日新聞」の記者も来られました。
正直ビックリしました。

で、まずは親父がお礼と僕の紹介をしました。
その後、僕が出馬動機や基本理念などの話をしました。

僕は基本的に「猛烈な早口」です(笑)。
しかも話せば話すほど「スピードアップ」します。

記者の皆様方、ご苦労をおかけしました。

写真撮影を入れて30分ほどで、記者会見は終了しました。
自分の言いたいことは言ったつもりですが、よく考えたら「出馬表明」なので沢山は載らないと思います。

さあ新聞にも載るし、もういいでしょう!

宮木猛31歳は本日、2月5日告示の市議会議員増員選挙に


出馬表明いたしました!。

推薦人「自薦」で「無所属」、選挙事務局長「母親」で会計「父親」です。
新たなチャレンジです!

2006年1月12日

初めての体験

さてさて↓出してはみたものの…。
photo209.jpg

実はこれまでに、何度か団体としては報道機関にFAXを出してきた。
しかし個人名で出すのは初めてだ。

本当に明日、どこか来てくれるんだろうか?
まあこなけりゃ、こないでしゃあないですね(笑)。

そういえば、前回の統一地方選挙の時は僕の事務所は実家の旅館でした。
で、その真ん前が、前伊藤町長の事務所でしたね。

いや〜、選挙当日、人が来る来る、僕の事務所の前に(笑)。
おかげで、たくさんの人の前で声を聞いてもらえましたよ、僕も。

また、町長候補の事務所が目の前にあるから、結構新聞記者も来てましたね〜。
その帰りに、たまに僕の所にも来てました。

その時によくされた質問が「宮木さんはどれくらいの票を読んでいます?」でしたね。
答えないのも悪いので「僕と両親と祖母で4票は固いです」と答えたら、それから来なくなりました(笑)。

今回もどうなるか、僕自身わかりません。

夕方からは共産党候補者が、立会演説会をするらしいですし、他の候補者の動きも活発になっているようです。
僕と会派を組んでいた議員の地元地区から、候補者が出るらしいです。
これで無理に協力を要請できなくなりました。
まあこれはしょうがないですね、地元の付き合いも大事ですから。

と、いうことで、やはり僕は単独で波に挑むことになりそうです。
不安がないと言えばウソになります、でも不安以上に自信もありますし楽しみです。
まあ本当に一人で、挑むわけじゃあないですからね(笑)。

さあ〜、やったるで〜。

今日はあんまり飲まんとこ(笑)。

制作してはみたものの

猛の魂をもうちょっと充実させようと思って改良に取り組んだ。
もっとわかりやすい言葉を使用したいのだが、結構難しい。

ある程度、自分のやりたいことは載せたがいかんせん「言葉が固い」気がする。
まあくだけた説明は、じょじょに増やしていこうと思う。

で、少し項目を増やし、こんなものを作ってみた。
photo208.jpg
自分で作っておいてなんだが、「心臓に悪い」悪すぎる(笑)。
なんだ?このプレッシャーは!

しかし身が引き締まる気がするので、やはりこのまま置いておこう。
あ〜、目が痛い…。

2006年1月10日

必要性を感じたので

僕の基本理念やこれまでの活動を表すためのページを作りました。
photo200.jpg

その名も猛の魂です!
まだまだできたばかりで不十分ですが、随時充実させていきます。

僕が作成した資料等も、ダウンロードできるようにしていきたいと思っています。
あ〜、目の下のクマが消えね〜(笑)。

=======追記=======
一応僕が現時点でやりたいことはほぼ載せれました。
しかしまだまだ不十分な点が多いので、改善を続けます。

でも最近かなり寝不足だったので、今日は勘弁して下さい(笑)。
とりあえず、布団に飛び込みます!

いわゆる「大人の事情」なんでしょうか?

どうも最近僕の耳に入って来る情報は「二転三転」する。
大江町議会には「法政会(9人)」「共産党議員団(3人)」「新風の会(2人)」という3会派が存在した。

ちなみに僕は新風の会所属でした。

で、どうも今回の市議会議員増員選挙は、各会派から1名ないし2名の候補者を擁立するとみられていた。
しかしどうも「法政会」の様子がおかしいのだ。

実は1月当初、もう法政会つまり保守系会派の候補者は決定したと聞いていた。
ただ実際は水面下でまだ調整が続いていたようで、また動きがあったようだ。

しかし、どちらにしても住民から遠い所で、決めごとをしているような感じがしますね。
まあ前町長推薦をもらおうとか、前町会議員の支援をもらおうとか色々あるんでしょうね〜。

僕よく考えたら、前回の統一地方選挙の推薦人欄に「自薦」て書いてましたね(笑)。
よく考えたら、そんな書き方してるの僕だけだったと思います。
まあ、よく当選したものだ…。

あっ、ちなみにおそらく、今回も「自薦」です(笑)。

結果はどうあれ、今回は自分という人間がどう評価されるかを試したいんで。
で、何度か書いたかもしれませんが、僕は「政党には所属していません」これは本当です。

たま〜に、僕が政党に所属していると思っている人がいますが、調べてみて下さい。
どの政党の党員名簿にも載ってませんから。

まあ調べてみて下さいたって、本当に「簡単に党員名簿」見せる政党がいたら問題でしょうね(笑)。

僕は決して政党を否定する人間ではありません。
むしろ必要だとも思っています。

ただ僕が現在「政党に入りたい」と思っていないだけです。
大阪にいる時や、帰郷してからもお誘いはありました。

何故か「両極端」な政党からのお誘いでしたけどね。
一方のお誘いは政党ではなく宗教法人のお誘いでした。

3〜4時間ほど説得を受けましたが、キッパリと断りました。
確か断り文句は「僕は僕自身の力で、世界中に僕の音楽を届ける」だったかな〜。
まあようは「自分の道は、自分の力で切り開きます」みたいなことを言ったような気がします。

そういえばこの時は、5〜6人くらいに囲まれてたよな〜(笑)。

帰郷してからは政党からのお誘いもありました。
「お茶碗を持つ方の手 」と言えば察しがつくでしょう。
ちなみに僕は右利きです(笑)。

ここは「別に入党しても公表しなくていい」とも言ってくれました。
しかし志をもって入党するのに、何故隠さなきゃいけないのか?と思ったのは事実です。

僕がもしもどこかの政党に入党したなら、絶対に公表します。
信念と志を持って入党するのだから、当たり前だと思います。

と、いうことで僕は今、政党には所属していません。長い前置きでしたね(笑)。

しかし僕にはわからない、大人の事情があるんでしょうね〜。
僕が所属する日本大江山党では考えられないことですね(笑)。

2006年1月 6日

決定しましたね

本日「市議会議員増員選挙」の日程が決定しました。
2月5日告示、12日投票の日程です。

まあ知ってたんですけどね(笑)。

いよいよって感じですね!
おそらくどの選挙エリアも「3〜5名」が立候補するのではないでしょうか。

僕がこの場をかりて言いたいことは「まず選挙に行って下さい」ということです。
今回そして次回の統一地方選挙は、新市の未来を左右する選挙です。

特に僕より下の世代(悲しくも30代になったので)の若い人達!
不満を言うだけじゃ、何も変わらない!

まず投票所に行くことから始めましょう。
そして「投票したいような人がいない」と思い、白票入れてもイイじゃないですか。

「誰に入れても一緒だから」と投票所にもいかないより、ずっとイイ。
(まあ入れたい人がいない選挙ってのも問題だけど…)

今回の選挙で大江選挙区で「入れたい人がいない」なんて


僕が言わせません!

「政」は「まつりごと」とも読みます。
どうせなら祭に参加しましょうよ!

久々に「大文字」使ったな〜(笑)。

もう少し先か〜

昨日こういう記事を見つけました。
「インターネットを利用した選挙運動を認める公職選挙法改正案が今年の通常国会に提出される見通しになった」というものです。

どうせならすぐに解禁してくれよ〜、というのが本音です(笑)。

昨年の衆院選後に設置された自民党の「インターネットを使った選挙運動に関するワーキングチーム」(世耕弘成座長)は
「(1)候補者情報の充実(2)若者の政治参加の促進(3)金のかからない選挙の実現」の効果が期待できるとしています。

確かにこの点は期待できるでしょうね。
それに住民に広く情報を届けなければいけない立場の議員こそ、ネットをもっと活用しなけりゃだめでしょうね。

ちなみに僕はこのサイトを含め、計4つのサイトを運営・更新しています。
何故かこのサイトは立ち上げるのが、一番遅かったんですけどね…。

実は僕も「議員のHPなんて見る人は少ない、だから作っても無駄!」とか
「毎日の更新が大変だから」などとんでもない考えを持っていました。

さらに「周りに誰も作っている人がいないから…」などという、ケシカラン理由でHP(あくまで議員個人の)を作成してきませんでした。
ちなみにそれまで、作成していたサイトは「自分のレーベル・実家の食堂・イベント」に関するものでした。

当初このサイトを立ち上げるにあたり、「どういったものにしようか」と結構悩みました。
Flashをふんだんに使ったサイトにして、写真も画像もバンバン張ろうか、とも考えました。

結局ブログ形式のこのサイトを母屋とし、写真等をたくさん掲載したい時は違うサイトを立ち上げることにしました。
逆にしても良かったんですけどね、それは多くの議員がやっている方式だったのでちょっとだけ天の邪鬼になってみました(笑)。

なんにせよ選挙にネットが利用できるようになるのは、僕個人は賛成です。
ただいろんな問題点もあると思うので、それらの調整・解決は避けられませんね〜。

まあ早くても平成19年の参院選あたりからみたいですね。
やっぱり今すぐのほうが…、僕には良かったかも(笑)。
(ちなみに旧3町の議員でHPを立ち上げていたのは僕だけです、多分ですけどね)