2005年11月30日

大江共同作業所が法人化へ

懸念されていた共同作業所の法人化がいよいよかなえられました。
今後は小規模通所授産施設として新たな一歩を踏み出します。

ただ「今後どう運営していくか?」
いうことを町全体で考えていかなくてはならないと思います。

確かに法人化は認可されました。そのことは喜ばしいことであります。しかし、今後の共同作業所を待ち構えているのは「合併の弊害」かもしれません。福知山市では作業所への補助金は出していません。しかもこれまで舞鶴市から出ていた補助金も合併後は「出るどうか」わからない状況です。このことについては共産党の大槻議員が総務文教常任委員会で保健福祉課長に「舞鶴市と協議をしたのか?」と質問されていました。

帰って来た答えは「まだです」とのことです。これは9月議会での話です。つまり町外の入居者に対しての補助金がこれまでは出ていたわけです。そのことに対する補助がどうなるのか、という質問を大槻議員はされたわけです。そのことに対し保健福祉課長は「まだ協議はしていないが、おそらく補助は貰えないであろう」と答えたわけです。

実際に聞いてもいないのに「貰えないと思う」というのはいかがなものでしょう?
また「合併を控えてるからこそ」素早い協議が必要であったのではないでしょうか?

僕は恥ずかしながら、まだ作業所についての認識が浅いです。だからこれまで質問ができませんでした。ただ思ったのは「前任者との引継がうまくいっているのか?」という点です。答弁が進歩していないんですよ、いや能力的なことではなくてね。状況が全く進んでいない答えだらけでした。

僕は共同作業所については、これまでの議員の方が圧倒的に僕よりよく勉強されています。言い換えれば、経験の差かもしれません。ただそうであっても今回の法人化を「喜んで」ばかりいれられないのは理解できます。

いかにして作業所と町民が協力して、共同作業所を「これまで以上」に発展させるかが大事なことだと思います。

そのためには、「いろんな壁を越えて」みんなが協力することが大事だと強く思いました。

まだまだ勉強不足です!

2005年11月20日

お店の仕事が合併と関係?

今日は朝から「大江山」の仕事が忙しいので、手伝うことになった。
もちろん毎週日曜日は手伝うのだが、いつもよりかなり早くお店に向かった。

まあとにかく「仕出し」と「座敷」が続いたので、かなり忙しかった。
飲食店としては「嬉しい」悲鳴なのだが、両親の体は本当の「悲鳴」が鳴っていたみたいだ(笑)。

夜は夜で「宿泊客」がたくさんいる。
でもこの人たちとの会話は本当に「面白い」。
いろんな年代の人達がいるので、本当に飽きずに話が続けられる。
ただ「お酒」も同時に進むので、僕の体も「悲鳴」をあげかけた(笑)。
まあ楽しい時間の代償だから「仕方ない」と考えて、飲んで話し続けた。

議員をやっている僕としては、今夜の話は「参考」になりすぎた。
参考になりすぎて「色々」考えることになった。

できたら「今夜の話」を実現したいものだ。

2005年11月 9日

いよいよ来年には…

平成18年1月1日には、1市3町が合併し「新福知山市」が誕生します。

今回の合併については、やはり今でも「賛成」とは言えないのが事実です。
しかし合併が決まったからには、よりよい合併を目指して頑張らなければならないと思っています。