2006年7月20日

一体何処へ…

昨日のことがあったので、やはり気になって目が覚めた(笑)。

で、早速河川情報で水位をチェック。
午前7時30分で福知山水位0.49m、大雲橋水位が1.78m。

しかし昨日の水がウソみたいな水位だ。
「どこへ消えたんだ水」と思ってしまう。

昨日の同じ時間帯には、大雲橋水位ではもう6mに迫ろうかと言う勢い。
それが、今日は…、何か減りすぎてて怖いな。

で、昨日の昼から今日の朝までの大雲橋水位の動きが↓コレ。
photo940.jpg
水位にして約6m分の水が、海に流れ込んだわけだ。

当たり前のことと言えば、当たり前やけどよく考えればスゴいことだとも思う。
そういえば、子どもの頃「あれだけ川の水が流れ込んでるのに、なんで海は溢れないんだろう?」って疑問に思ったことがあったな。

最近、溢れ出さない理由が分かってきた(笑)。

しかし自然からしたら、「軽い調節」かもしれないが、人間からしたらたまったもんじゃないわな。
で、僕らも「台風」には備えと、ある程度の覚悟は持っています。

ただ梅雨前線等の雨での水については、少し油断気味だったかもしれません。
特にこの辺りは、梅雨とは言えあんまり雨が降りませんでしたからね。

しかし過去のデータを見てみると、結構この時期に梅雨前線や豪雨で水の被害にあってるんですよね。
ただ一番近年のもので、平成11年6月29日だったんですよ。

つまり約7年ほどは、梅雨前線による今回のような河川増水はなかったわけです。
台風23号の教訓もあり、今回はどの組織もかなり早く行動できたと思います。

それでも、ちょっと「不意打ち」に感じられたのは、やはり梅雨前線に関する危機感の低下だったのかもしれませんね。
もちろん僕も寝る前には、「大丈夫やろ!」ってことで散々飲んでましたけどね(笑)。

で、またまた「大雨」に警戒、って予報が出てました。
ただ先に述べたように、昨日の水はかなり引きました。

だから、昨日以上の雨が降らなければ、そう大きな河川増水はないと思われます。
ただし、水が引いたと言ってもそれは「河川」の水であって、まだまだ水浸しのところもあります。

特に堤防がある程度できた関係か、水の引きが異様に遅く感じられる箇所も見られます。
こうなると、何度も言っているように田畑への影響が懸念されます。

後は、とにかく昨日は雨が「長い時間にわたって降った」ので、土砂災害に気をつける必要があると思います。
僕も、時間があれば、昨日から実際にどう変化したのか調べに行きたいと思っています。

以上「宮木気象台」から、お届けしました。

って、何で最後に、笑いを取ろうとするねん(笑)。

2006年7月19日

写真で見る今日の雨

って、ことでまだまだ「雨」物語は続きます(笑)。

いや、今でこそ「(笑)」なんて付けてますけど、朝はホンマにビビりましたからね〜。
自分の家がどうなるってのは、思ってなかったんですけど、やはり「知り合い」がね〜。

だって、大変なんですよ水害って。
もちろん他の災害も大変なんですけどね。

僕なんか2年前に、生まれて初めて水の被害にあったわけです。
いろんな貴重な体験もしましたけど、やっぱり「出来ることなら避けたい」ってのが本音です。

まあこれは誰も同じだと思うけど(笑)。

で、まず今日は朝起きて、ひたすら「河川情報」を更新していたのはみなさんの知るところです。

まず危機を感じだしたのは、午前6時30分を過ぎた頃でしたね。
先に書いた通り、「友達の飲食店」がヤバいんじゃないかと思ったわけです。

で、それを両親に伝え、とりあえず両親がそのお店を見に行きました。
僕は「福知山水位が5mで大体落ち着いた」のを確認して、そのお店に向かいました。

つーか、別に隠してもしゃーないので、どこに向かったか書いておきます(笑)。
向かったのは福知山市大江町北有路にある群(むれ)さんです。

ここの店主の息子が僕と同級生なんですよ。
ちなみに名字は「ムツゴロウ」さんと一緒(笑)。

で、ここは前の災害(台風23号)でもエラい目にあっているし、水の被害をたびたび受けているわけです。
前回はウチのお店も水浸しだったので、何も手助けできませんでしたが今回はせめて「何かできないか」と車で向かったわけです。

しかし大雲橋以外通行できないとあって、結構な混雑。
photo936.jpg
で、車で向かう途中に、親父から電話。
ホントは出たらいけないんだけど…、出ました(笑)。

どうやら、結構ギリギリらしい様子。
で、僕に「どういう状況(つまり河川情報ね)」と聞く。

この時点で、「多分大雲橋水位8mは無いと思うけど…」としか言いようがありませんでした。

で、現場について、家にお邪魔してみた景色が「!」モンでした。
photo937.jpg
もう結構迫っているわけですよ、水が。

で、ここは家の窓から、モロに由良川の様子が見えるんですよ。
photo938.jpg
またこの時(午前9時)は、福知山水位がピークを向かえ、大雲橋水位はドンドン上昇している時だったんですよ。

で、僕も失礼ながら、記録として写真を撮らせてもらいました。
ただ「もしも群さんが、浸水」していたら、この写真は掲載するつもりはありませんでした。

一応無事を確認に行って、息子(同級生)に許可は得ているんですよ。
「どうせ、blogに載せるんやろ」って言われたけどね(笑)。

で、「とりあえず福知山水位のピークは5mで収まった」と伝えたんですよ。
そしたらやはり手慣れたもの「1.72をかけて…」って計算を始めていました。

ただそれだと、群さんのところは「浸水」する計算になるわけです。
で、僕は「多分大丈夫(8mは超えない)と思います」と言いました。

でもさすがに「絶対大丈夫です!信じて下さい!」までは言えませんでした。
なので「大丈夫とは思いますが、荷物は上げておいた方がいいと思います」と伝えました。

水が来なくて「水来んかったやんけ!」って言われる方が、気が楽ですから(笑)。

しかし数字だけの水位を見ていた僕にとっては、「目に見える水」ってのは本当に怖いものでした。
よく考えたら、僕過去のどの災害でも「水が増えて行く瞬間」ってのは見たことがなかったんですよ。

で、僕もズッと留まるわけにはいかなかったので(道路が冠水して動けなくなる可能性があったから)、とりあえずお店に戻りました。
しかし帰り道でも、なかなかスゴい映像が飛び込んできました。

場所は大雲の里の前にある、船着き場(使ってないけど)。
photo939.jpg
もう道路キワキワです。
ちなみに撮影した時間は「午前9時4分」で、その時点での大雲橋水位は6.58mだったと思います。

まだ7mを超えていないのに、これだけ迫ってくるわけです。
こりゃ、本当に気が気じゃないだろうな…。

後、さらに帰り道「北有路阿良須」にて撮影。
IMG_5735.jpg
コレ、ホントに田畑の被害を考えたら、何とも言えませんね…。
しかしこの地域の人は、目の前でこの風景を見ているんだもんな〜。

「見えない水」も怖いですけど、「見える水」ってのは当たり前に怖いですね。
早急に対応されることを願っています。

有路出身の市議会議員、頑張って下さいよ(笑)。

で、まあお店にて、ひたすら「河川情報」を更新。
何度も書きますが「おそらく8mは超えない」と思っていたんですが、やはり気になるわけです。

掃除をしながら情報を見て、洗い物をしながら情報を見て、「いらっしゃい!」と言いながら情報を見て(笑)。

もうとにかく「早く、水位落ち着け!」って思っていたわけです。
で、午後1時前にようやく「大雲橋水位が下がって来た」のを確認。

お店も一段落したので、またまた「群」さんへ。
家の方に入って、呼んでみたら息子(同級生)が出て来た。

どうやら食事中だったみたいだ。
って、イイ度胸しているよ、さすがに(笑)。

で、午前中に家の中から写真を撮ったことを話すと、「もっとスゴいところがある」と案内を受けた。
もうここからは、僕の説明は必要ないと思うのでとにかく写真を並べます。
IMG_5748.jpgIMG_5751.jpg
IMG_5756.jpgIMG_5757.jpg
IMG_5760.jpgIMG_5761.jpg
もうとにかく、スゴいの一言!
ちなみに僕が今回何度も使用した「大雲橋」ってのは、写真に写っている橋です。

つまり「大雲橋水位」ってのは、この附近の水位のことです。
で、この時点で大体「大雲橋水位7.15m」くらいでしたね。

ちなみに「台風23号の時はピークで10.96m」でした。

しかし7mを超えただけでも、本当に怖いもんです。
とにかく「ゴーっ」って言う音がスゴいんですよ、川の流れの音が。

「お前スゴいな」って同級生に言ったら、「コレに慣れなきゃ、有路には住めん」って言ってました(笑)。

いやホント、スゴいですよ。
まあとにかく、水が家屋に入らなくて良かったです。

でもさすがに、「今日は営業せん!」って言ってたな。
僕もそれがイイと思ったし(笑)。

で、この後、同級生のオススメで、少し進んだところからも写真を撮影しました。
コレもまた、スゴかった…。
IMG_5762.jpgIMG_5765.jpg
IMG_5769.jpgIMG_5772.jpg
この写真を撮っている時に、「農道を犬と散歩しているおじいちゃん」がいたんですよ。

散歩するにしても、距離が短いわけなんですけどね(笑)。

で、このおじいちゃんに「水は減って来てますよ」って言ったわけですよ。
そしたら「水は減ってもな…、畑が…」って言ってました。

そうだよな〜、僕からすりゃ「家屋が無事か」をまず考えてしまうけど、この人達にとったら田畑も同じく大事なんですよね。
でもおじいちゃんは、言葉こそ重たく話すもの、笑顔のままで話してくれました。

こういう部分が大江のいいところであり、強さじゃないかと思いましたね。
ただ一緒にいた犬が、ずっと僕に吠え続けていたのは参った(笑)。

ってなわけで、とりあえず北有路をある程度撮影して帰ることに。
で、「あそこはどうなっているのか?」と気になったので、またまた大雲の里の前にある、全く使用された形跡のない船着き場へ。

それがコレ↓で、ちなみに撮影時間は午後1時26分で大雲橋水位7.15m位の時です。
IMG_5779.jpg
やっぱり、午前中より水が迫ってますよね。

ホンマにギリギリだったんだな〜って思いました。

で、帰宅した後も、ちょっといろんなところを撮影してきました。
やはり「どれくらいの水位でどうなるのか」って記録は大事ですからね。

で、気になったのが商工会横にある道。
IMG_5782.jpgIMG_5783.jpg
大雲橋水位は順調に下がっているのに、この箇所は一向に水が減る気配がないんですよ。

そりゃそうですよね、「堤防」があるので水の逃げ道がないわけですよ。
やはり築堤を作るのなら、「内水処理」をどうするか考えなければいけないわけですよね。

僕は大江町内全部を見て回ったわけじゃないんですが、こういった箇所は結構あったんじゃないかと思います。

やはり「本当に水に強い町」を作るのなら、総合的に全体を見た計画を進めることが大事だと思いました。
で、そのためには、不満を持つ地域と「いかに話し合うか」も大事ですよね。

「ワシが堤防作るように言いますさかい」なんて、言う様な議員の言葉を鵜呑みにしていちゃダメってことですよ(笑)。

自分達で、「この地域には何が必要か」をまずは、真剣に議論するべきじゃないかと。

まっ、真面目な話は、最近長く続けられないのでこの辺りでお開きってことで…。

また「大雨」が懸念される場合は、「うっとおしいくらい」の河川情報を流します(笑)。

数字で見る今日の雨

って、ことで、なんとか「今日」は乗り切れたんじゃないかと思います。

まっ、昨日寝る前は、「まさかそんなに増えないだろう」と思っていたわけですよ。
それが、まあ朝起きたら「あれっ」ってなりましたよ(笑)。

しかしとにかく「午前3時から5時にかけての」福知山水位の上昇がスゴいんですよね。
19日午前3時:福知山水位 2.43m
19日午前4時:福知山水位 3.17m
19日午前5時:福知山水位 3.96m

つまり、「1時間に70〜80cm」も水位が上昇しているわけですよ。
この時間の急な水位上昇が、おそらく皆を慌てさせたんでしょうね。

まあ雨も、この時間帯にかなり降っていたみたいですからね。
でも考えてしまうわけですよ、「もしかしてこの時間帯にダム放流した?」ってね。

まあこればっかりは、分かりませんけど。
でも前にも書いたように、もうちょっと総合的な情報が皆に分かるようになればいいんじゃないかと思うわけです。

事実僕が町議時代にもらった、「大江町災害対策計画」いは「雨量水位受報用紙」ってのが付いてました。
で、そこには、「放流」って欄があって、それぞれ「大野ダム」「和知ダム」の放流量を書く欄があったんですよ。

でもそんな情報、なかなか一般の人には流れないでしょ。
「今何t、放流した」なんて。

しかも「どれだけ放流したら、どうなるのか」なんて情報もあまり広まってないと思います。
僕も実際に知りませんしね。

で、今回僕が予測に使ったのが「2時間後に福知山水位の1.72倍に大雲橋水位が到達する」と言う公式。
これは実際過去の災害から打ち出された、平均値です。

でも実際の平均値は「3時間後に2時間後に福知山水位の1.72倍に大雲橋水位が到達する」と言うものです。
この「到達時間」の予測が難しいんですよね。

早い時では「2時間」、遅い時では「5時間」と言う例もあります。
まあしかしこの「福知山水位と大雲橋水位の関係を表した表」も以外とみんな持っていません。

ってことで、「平成17年度 大江町災害対策計画」から「福知山水位と大雲橋水位の相関表」を作成しました。
photo935.jpg
まあもちろん↑だけでは、「小さくてワカラン!」と言われると思うのでファイルも用意しておきました。
水位相関表◀「PDFファイル」
水位相関表◀「エクセルファイル」
まあこれだけでは、役に立つかどうかわかりませんがあれば水位予測を立てるのに役立つとは思います。
で、今回の梅雨前線は、数値的に見れば「平成11年6月29日」と良く似ています。
この時は「福知山水位4.57mで、2時間後に大雲橋水位が7.17m」となっています。
ちなみに「比率は平成11年が1.57で、今回が1.43」となっています。

で、さらに過去にさかのぼると「昭和42年7月9日」の「42.7豪雨」も今回と数値的には似ています。
この時は「福知山水位4.33mで、3時間後に大雲橋水位が7.17m」となっています。
ちなみにこの豪雨の時の比率は「1.66」です。

つまり今回の梅雨前線が「過去の平均比率(1.72)」か「平成11年か昭和42年の豪雨並(1.57と1.66)だったらもっとエラいことになっていたと思われます。

え〜と、計算してみると…。
「過去の平均値」:5.00m×1.72=8.60m
「平成11年6月29日」:5.00m×1.57=7.85m
「昭和42年7月9日」:5.00m×1.66=8.30m

あくまで計算上の話ですが、今回はラッキーだったかもしれません。
ただみんな「台風23号の教訓」や「過去の経験」を活かしていたので、対処は比較的早かったと思います。

しかしこうやって、計算をすると「ゾッと」する部分もあるんですよ。
過去に福知山水位が5mを超えた例は何度もあるんですが、そのどれもが「大雲橋水位8m超え」を記録しています。

また今回の比率「1.43」も、僕の持っている記録では過去最低の数字です。
何にせよ、被害が拡大しなくて良かったと思います。

ただやはり田畑には深刻なダメージを与えたかもしれません。
やはり自然の力と言うものは、怖いものです…。

で、僕が今日「散々」ウルサいほどに送り続けた「河川情報」ですが、まあまあだったんじゃないでしょうか。
まあ「当たり・ハズレ」を競うために、情報を書いていたわけではないんですけどね。

で、僕は午前7時7分に比率は「1.42もしくは1.4を計算に使えば」とは一応書きました。
「その通りになった!」って言いたいところですが…、結局自信を持って情報として打ち出すことは出来ませんでしたね。

もうちょっと確信が持てるように、研究しなきゃいけない部分があるかもしれません。
しかしあまり先走った情報だけを流してもしかたがないですからね〜。

今回は、一応僕なりに「各地の水位の変動」や「過去の例」や「各地の雨量」などを元に予測を立てたりしてみました。
また「1時間毎の変化」だけでなく、「数時間前の変化」や「10分毎の変化」なども参考にさせてもらいました。

結構早い時間に「おそらく福知山水位の1.4倍ほどの水位」とは自分の中では確信していました。
ただやはり安全を期すためには、「見込み多め」の予測がいいんじゃないかとは考えていました。

だから最終的には「大雲橋水位7.30mから7.50mじゃないか」と予測したわけです。
ただピークの予測時間は、ちょっと見誤りましたかね。

まあ午前11時30分の時点で、ほぼ増水は落ち着いてはいたんですけどね。

なんしても、自然を相手に予測をするのは難しい!ってことです。

ちょっと、今日は文字だらけになりましたね、すいません(笑)。

======追記(午後5時57分)======
って、わけで福知山市のホームページを散々けなしてきたわけだが、収穫もあった。

非常に「恥ずかしがりや」みたいに、見にくいリンクから「京都府河川防災情報」を発見した。
あのね、いくらトップページに「災害緊急情報」へのリンクを貼っているからと言って、それだけじゃだめでしょ。

せめてトピックスの「お知らせ」の部分にもリンクを貼らなきゃ。
ちなみに何度も言うけど、ココだけですよそんなこともできていないのは。

まあ何度言っても、イイ言葉は出てこないのでヤメておきます(笑)。

で、先ほど挙げた「京都府河川防災情報」なんですが、大野ダムの情報も見れるんですよね。
僕が疑問に思っていた「いつどのくらい放流するのか」ってデータも見れます。

つーか、こんな情報サイトがあるの知らなかったっての!
そりゃ、これだけ見ても「なんじゃこりゃ?」ってなりますけど、総合的に使えばいいデータでっせ、マジで。

てなことで、早速昨日から今日にかけてのデータを見てみる。
どうやら、各地域の累加雨量がピークに差し掛かろうという時点から、放流量を増やしたようだ。

後は、時間雨量が減ったことと、貯水位がギリギリだったため放流量は増えっぱなしだったみたいだ。
つまりこういうことは、今回に限ったことでなく、「雨量が多い時には」行われている作業だと思う。

だとすると「どれくらい放流したら、水位がどれくらい上がるのか?」ってのが気になる。
だって「朝7時過ぎには、ほとんど雨が降ってなかった」はずなのに、何故か水位はどんどん上がって行くし、なかなか水位が下がらないし…。

やはり「ダムの放流量が関係しているのか」って思うわけですよ。
福知山市もそこらへんの関係をもっと詳しく調べるべきじゃないかと思うんですけどね。

そして、いつか来る災害に備えて「総合的」に、ある程度の予測ができるようになっておいた方がいいと思うんですけどね。
合併して「未曾有の水害地」である大江町と一緒になったんだから。

後、僕らももっとある程度の「予測能力」を磨く必要があるとも思いました。
まあもちろん、そればっかりに構ってもいられないんですけどね。

やっぱり、避難はしなきゃいけないし、荷物は運ばなきゃいけないしとやることは一杯ありますからね。
でも「各防災支部」に、ネットで河川情報くらい見れる設備は必要じゃないかな、って思うわけですよ。

もちろん一斉放送による、情報伝達も必要です。
ただもうちょっと「聞こえやすく」してほしいと思う(笑)。

まっ、しかしだ、きたる「出水期」に向け、僕なりにもっと研究していきたいと思います。

って、今日はホンマにマジメな、ワタクシ(笑)。

なんとかピークは過ぎたか

多分現時点(午後12時40分)での大雲橋水位7.17mがピークだとは思います。

ただまだ水位が下がるところまでは、来ていませんね。
まあ綾部水位や福知山水位は下がり続けているので、時間の問題だとは思いますが…。

しかしまあ予測はちょっとハズレましたが、「低め」にハズレるのは問題はないと思います。
だって、「予測しているより、水位が上がったら…」あ〜、ゾッとする(笑)。

まだ土砂災害の恐れもありますし、朝方にまた雨が降るそうです。
引き続き、注意が必要かもしれませんね。

まあとりあえず、目の前の危険は回避できたようでホッとしています。

=====追記(午後12時57分)======
午後12時50分で大雲橋水位が7.16m!
やっとのことで、下がり始めましたね。

あ〜、ちょっとホッとしました。

======追記(午後1時4分)======
午後1時で大雲橋水位が7.15m!
これで、ホントに安全だ〜。

あ〜、マジでホッとした。

======追記(午後2時57分)======
しかし天気予報見てたら「また大雨」みたいなことを、言っているな〜。
これだけ、全体に水が貯まっている状態で大雨は結構キツいな〜。

早いとこ、今の水が引いてくれたらいいんだけどね。

で、午後2時50分で福知山水位3.96m、警戒水位を下回りました。
大雲橋水位も順調に下がって来ています。

ただ、どうしても築堤があるせいか、内水のせいか「水の引きが遅い」場所もあるみたいです。
僕もちょっと見て来たけど、確かに水が引くのは時間がかかりそうですね…。

う〜ん、ホントに田畑が心配ですね…。

農家の方からしたら、たまらないでしょうね。

とにかく、今日は雨が降らない事を祈るのみです!