2005年10月31日

沖縄旅行日記「初日」

朝7時に大江町を出発して伊丹空港に向かった。

はっきり言って僕は飛行機が大嫌いだ。
photo1526.jpg
空に浮かぶ理屈も十分わかっているのだが、やはりこんな「鉄のカタマリ」が空を飛ぶのはどうも納得できない。

しかし、沖縄までフェリーで行くわけにもいかないので、しかたなく飛行機に乗った。
また空港スタッフの「愛想」があまりになかったことも、僕のテンションを一気に下げた。

飛行機が「無事到着」してほっとした。
しかしホントによく揺れた。

特に着陸の瞬間は機長に「ホントに免許持ってるんですよね?」と言いたくなった。
で、飛行機を降りて国際通りで昼食を頂く。
photo1527.jpg
ちなみに今回の旅行はJTBの企画なので、基本的には「観光客向け」のメジャーなスポットが中心である。

だから食事も「観光客向け」のものが多く出たように思う。
ちなみに昼食で出たのは「ミミガー、豚の角煮(ラフティー)、もずく、ジーマーミ豆腐、沖縄そば」などなどだった。

この時点では「旨い」とみんな言ってたんだけどな〜。
 
もちろんこの時点で「ビール」飲んでます。
銘柄はもちろん「オリオン」でした。

昼食後は少し国際通りをうろうろした。
やはり沖縄だ「みんな半袖」である。

ちなみにこの時の僕の服装は「スーツ上下着用ネクタイあり」状態だった。
正直「頭がおかしい」人にしか見えないルックスだ。

まあ初日だからしかたがない。
で、その後、世界遺産である「首里城」に向かった。
ここでは「1時間歩いて下さい」コースだったので、沖縄の暑さが余計にこたえた。
photo1528.jpg
また昨日までの駅伝の練習により、両足が極度の筋肉痛だったのも痛かった。

城自体は「こんなもんかな〜」っていう感じでしたが、頂上から見える景色は「まさに沖縄!」って感じで良かった。
やっぱり空気が「南国」って感じで、写真の色合いも若干違うような気がした。

首里城を見学後は「琉球村」に向かった。
ここは「昔の沖縄」が再現されている場所らしい。
photo1529.jpg
昔は「ハブとマングース」の決闘が有名だったのだが、トリビアでもあったように「現在は中止」されている。

だから当初は「どうしたらいいのか…」という状態だったらしい。
しかしその後「沖縄の良さを前面に」ということで、現在のような施設になったらしい。

ここは昔の住宅を移築したもので、見るからに涼しそうだった。
photo1530.jpg
この雰囲気で酒呑んだら旨いだろうな〜、と気分はすでに夜に向かっていました。

琉球村で毎日行なわれているパレードの様子です。
photo1531.jpg
やっぱりこういう服装や三線の音を聴くと「沖縄だな〜」としみじみ感じました。
できたら、ゆっくり座ってビール飲みながら見たかったです。

これが「決闘しない」ハブとマングースの様子です。
photo1532.jpg
実際の決闘シーンは「スクリーン」で見ました。
おそらくCGで作成されていると思います。

で、ショーが終了後「ハブ粉」なるものを頂きました。
なんやら「お酒をたくさん飲む人にも効く」というので、すかさず飲みました。

ただ「焦げ臭」かったです。まあこれで、今日いくら飲んでも大丈夫だろうと思いましたね。

photo1533.jpg
これは水牛に「サトウキビ」をしぼらせている様子です。
今はこういった作業を行なっている所はなく、琉球村でした見られないそうです。

琉球村を夕方5時過ぎに出発したあとは国定公園に指定されている「万座毛」に向かいました。
ちなみにこの時は風がきつく少し「寒かった」のです。

間違いなく体調を崩す下準備が、ちゃくちゃくと進んでいますね。

で、写真は「象岩」と呼ばれている崖です。
photo1534.jpg
高さは東尋坊ほどはありませんが「十分にあの世に旅立てる」高さがあります。

ようやく初日の行程を終えホテルに向かうことになりました。
ちなみにホテルは物凄く大きく、詰め込めば大江町の全員が泊れそうなホテルでした。

荷物を置いて、少し休憩後「宴会」となりました。
photo1535.jpg
まずはビールで乾杯です。

料理はホテルの「洋食」がメインでした。
味は…、う〜んどれも「普通」でしたね。

まあ「刺身盛り合せ」とか「エビチリ」とか「チャーハン」とか「ホタテとサーモンのクリームソース」とか、沖縄とは関係ない料理が多かったような気がしました。
まあ僕は「酒」があったらいいんですけどね。

photo1556.jpg
一次会終了間際の様子です。

僕が飲んだのは「ビール・日本酒・泡盛・赤ワイン」ですね。
よくチャンポンで飲むとよく酔うとかいいますが、どんな酒でも「量」を飲めば酔いますよ。

さあ、これからさらに飲んできます!

僕たちが初日宿泊した恩納村のホテル周りには「飲み屋」がなかったので、タクシーで出かけることにしました。
で、初めて知ったんですが「沖縄はタクシー安い!」なんと初乗り440円です。

東京で痛い思いをしていたので、沖縄のタクシーに「人情の厚さ」を感じてしまいました。

到着したのは「泡盛と沖縄料理」の居酒屋でした。
photo1557.jpg
もちろん飲むのは「泡盛」、ただこのお店物凄い種類の泡盛を揃えているので、選ぶのに一苦労しました。

photo1558.jpg
写真は泡盛と一緒に注文した「グルクンの唐揚げ」です。

この魚は別名「タカサゴ」とも言われる魚で、味は淡白であっさりしていました。
ただ普通に食べると「あっさり」しすぎているらしく、それを補うために唐揚げにするそうです。

骨や尾ひれも香ばしく揚がっていたので、泡盛のつまみにはピッタリでした。
 
本日は飛行機の疲れもあったので、割合に早くホテルに帰りました。
まあ楽しみは那覇市内までとっておきましょう。

これにて「沖縄旅行初日日記」終了です。

沖縄日記その壱

今日から「沖縄旅行」だ。

はっきり言って「飛行機に乗るのがイヤ」な僕は前日「たくさん」ビールを飲みました。

まあ二日酔いになれば「飛行機に耐えられるんじゃないか」というわけのわからない理論を打ち出しました。
結果は「どんな状態でも怖いものは怖い」ことがよくわかりました(笑)。

で、沖縄旅行の様子を写真を交えて書こうと思ったんですが、「あまりに量が多くなる」ので細かいことはまた後で紹介します。
photo1525.jpg
ただ全て書き終わるのは「もう少し」先だと思います(笑)。